中学〜高校ソフトテニス 応援記 (高3女子と中3男子!)

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

練習試合その1

12月に入り、だいぶ寒くなってきました。

 

寒さのせいか、少し雨予報になると公営のテニスコートに空きが出たりします。

息子を含めた部員の一部の愛すべきテニスバカたちは雨が降っても寒くても

止めようとは言いません。絶対にやる!と言い切るのでキャンセルも当然しないのですが、ある日の自主練などは雨予報でしたが結局雨が降らず、でも他はキャンセルしてるのでプレーしているのは我々だけという事もありました。

 

そんな彼らに都大会では初戦負けという厳しい現実が突きつけられた訳ですが

本当にウチは弱いのか?強いのは地区だけでの事なのか?不完全燃焼の状態から

何か指標になるものは無いのかと思っていた矢先に舞い込んだのが練習試合のお話。

 

秋の新人都大会で団体ベスト16に入ったチームとやれる事になったのです。

しかもそのチームは私の中ではベスト8に残れなかったベスト16のチームの中で

1番か2番の強さではないかと思っていたチームなのです。

 

これは嬉しい!!

 

更に翌週には別の強豪校、ベスト8と16のチームとの練習試合も入りました。

 

ベスト8に入ったチームとは都大会直前に練習試合した事があるのですが

その時は息子ペアも含め、互角の戦いをしました。

実際に結果を出し、自信をつけた彼らとどういう戦いになるのか、、、

楽しみで仕方ないイベントが続く訳です。

 

 

都心で行われた練習試合その1はいつもの事ながら午前中しか見学出来ない私でしたが

3試合ほど見る事が出来ました。

 

実はその練習試合その1には会場校であるチームがもう一つ参加していました。

先の新人戦では都大会団体戦出場を逃していたので実力は未知数です。

 

息子ペア初戦。ベスト16校の2番手と5ゲームマッチ開始です。

 

立ち上がり良い攻めを見せるもイマイチ連続ポイントが出来ず結局2ゲームを失う

息子たち。

 

しかし内容的にはまったく負けていない事に少し安心しました。

ダブルゲームだったのでウチの1番手と都16の1番手も同時進行。

 

彼らのプレーを見ていてもやはり引けを取っていません!

相手の1番手は後衛君のメンタルが弱いのか調子の悪さを立て直せない感じです。

結局ファイナル7-2でウチが勝利しました。

 

肝心の息子ペアですがこちらは巻き返したもののファイナル3-7で敗北。

でも前述したように内容的にも技術的にも負けている感じはしませんでした。

 

親ばかと思われる事は承知の上ですが、息子はフォーム、打点のフラットさ、それに

伴うボールの回転、ミスを恐れないメンタル、全体的な動き、色々光っていました!!

 

最近の課題はサーブかな、、、全くキレがないのでレシーブで攻め込まれるのが

ゲームを支配出来ない要因でしょう。

 

続く2試合目は会場校の2番手と。こちらは3-0の瞬殺となりました。

 

最後に見たのは会場校の3番手。

 

しかし彼のプレーはその前から見ていたのですが、1人センスも能力もけた違いで

息子などとも『なんで彼が3番手なんだ!?』と話をしていたのです。

 

後に判明したのですが、この会場校の3番手として出ていた子は3年生。

しかも夏の都大会で個人ベスト16に入った後衛だったのです!

 

どうりで、、全く弾まないカットサーブ、ショット力。1年生と組んでいましたが

そのハンデを跳ね返してほとんどの対戦相手を蹴散らしていたのです。

 

そんな事は知らずに彼らとの試合を観ていましたが、彼のサーブは会場校が

ハードコートと言う事もあり、全く弾みません。

あれは初見では、なんなら次回もちょっと取れるとは思えないレベル、、、

それが高確率で入るのでたまったものではありません。

 

それでも1年生前衛の隙をつきつつプレーしましたがゲームカウント1-3で敗戦。

流石に相手が悪すぎました。

 

ここで午前の部の試合は終了のアナウンスも流れたので私は仕事へ。妻も用事が

あったので会場を後にしました。

 

息子から聞いた情報によるとこの後、ベスト16チームは帰宅。

 

午後は会場校と練習をしたそうです。

 

しかし最後には例の3年生も交えて会場校と団体戦をしたそうです。

 

結果はチームスコア3-0で快勝!!

しかもこの日絶好調だったウチの3番手がこの時にはサーブ不調となった

個人16の3年生から勝利をもぎ取っての3-0勝利だったのでした。

 

3番手君達は後衛の子が曲者で、シュートボールは強い・速いのが打てないのですが

とにかくよく走るしロブが上手い!コートを広く使う達人です。

どんな相手にも粘れるし、逆に格下相手に決定力不足で負ける事があります。

しかし前衛君が勝負強いタイプなのでホントに良いコンビなのです。

 

まさに2人で1本が取れる典型です。

 

1番手ペアもこの日はベスト16の1・2・4番手とやって全勝。

団体戦をやったら10回やって半分は勝てるのではないかと言う手応えを得る事が

出来ました!

 

ちなみに息子チームを都大会で倒してベスト16に進んだチームの1・2番手よりも

強いペアは居ませんでした。

 

やはりクジ運的には良かったとは言えなかったんだなぁと再確認した

練習試合となったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

定期テスト

都大会やらインドア予選やらが終わり

ひと段落。


そうなると学生に待ってるのは、、

定期テスト


息子が終わったら翌週は娘の番。


部活をやる学生は本当に忙しいですね。


息子などは1〜2日テニス出来ないだけで

『(ストレスで)死ぬー!!』と叫ぶほどの

テニス狂い。


そこに勉強が加わるのでイライラしてるなー

と言う感じです。


娘はクソがつくほどの真面目なタイプなので

言われなくても勉強してます。

※もちろん異常な量の練習がありますから

成績は決して良くはないですがその条件の

割にはそれなりの結果を出してます。


問題は息子。

お尻を叩き続けないと一切やらないし

言えば不機嫌になるしでこの期間は

家庭内がギスギスします、、😅


しかも試験終了日が部活休みの水曜日。


私がまぁ私が休みなので2時間枠2コマ

押さえて4時間テニスやらしたるから

頑張れ!と叱咤激励しましたよ。


2人とも試験お疲れ様!


よーしテニスやるか!←自分がやりたい。

19年ソフトテニス高校インドア要項発表!

女子要項がアップされたので載せておきます。

↓  ↓  ↓

http://www.tokyo-hswstc.com/record/20191228/2019t_indoor01.pdf


男子の試合進行もイメージ出来るので

便利ですね。


試合までいよいよ2週間を切りました。


例によって同日は午後から仕事ですが

娘のチームの1回戦は何とか見れそうです。


もし1回勝てたらメチャ嬉しいけど

2回戦を観る時間はないなぁ、、


でも楽しみ!!


ケガの無いように頑張って欲しい!!

高校19年インドア予選団体戦

今年度は12月28日に八王子のエスフォルタアリーナで開催される東京都のインドアソフトテニス大会。


男女同日、同会場で開催される唯一の大会です。


参加出来るのは予算を勝ち抜いたベスト16以上の

高校のみ。


そしてここでの最終決戦を勝ち抜いた

上位2校が関東選抜インドア大会に駒を

進めます。


男女ともに都内にソフトテニス部を持つ高校は

約100。


そこから16チームに絞られる訳ですから

なかなか出場するのも大変です。


その予選ですが組合せは個人戦である

新進大会の成績、そのポイントにより

決定されるそうです。


例えば個人戦でベスト4に2組、ベスト16に

1組とか入るとそのポイントの合計が高くなるのであなたのチームは第2シードですよ、とか

そんな感じになります。


男子などは上位に多く入ると予選が

免除されいきなりインドア本大会に出れます。

今年度で言うと豊南・青陵・明法・日大豊山

4校です。


その他の12校を決めるのは予選リーグです。

これも新進大会のポイントでブロック分けされますのでベスト64以上に1ペアでも残れば

組合せが有利になります。


大体4校でリーグ戦を行います。

そこを1位で抜けた後に別ブロックを

勝ち抜いたチームとインドア決定戦を

行うと言う流れです。


予選リーグは実質1回でも負けると厳しいので

予選3回、決定戦1回を勝たないとインドア進出は

出来ないのでかなり大変です。


娘の高校の男子チームは新進大会でベスト64

以上に残ったのは1ペアだけでしたが

予選リーグ、決定戦を1年生の活躍で

勝ち抜ける事が出来ました。

※ホントに凄い!!おめでとう!


男子の結果はこちら!

↓  ↓  ↓

http://thsbst.web.fc2.com/result/19sindan.pdf


女子は1発トーナメントです。

約100校ですから3回、シードがついた場合で

2回勝ち抜けばベスト16となります。

こちらも新進大会の成績により組合せが

決定します。娘チームは娘も含めて2ペア

64以上に残りましたのでシードが付きました。


3回戦がまずまず強いチームでしたが

3番勝負(娘ペア)を制し、こちらも見事

インドア進出となりました。


私は仕事があり観に行く事が出来ませんでしたが

妻がしっかりと見届けてくれました。


娘の試合は4-1でしたが、娘曰く内容的には

結構危なかったとの事。


それでも少ない部員で16に残ったのですから

立派です。


中学の都大会ではベスト32で終了しましたから

自分達の代で16に入れた事は本当に凄いと

思います。


おめでとう!娘ちゃん!予選の前から

やってたインドア練習が無駄にならなかったね!


・・・そうなんです。


娘の学校はそれなりに強いと言われてる高校

なので、インドアに出れる事を想定して

10月くらいから通常練習の後にインドアが

出来る体育館を借りて更に2〜3時間練習するのです。帰りが遅くなるので妻も迎えに行ったりするので本当に大変なのです。


協力出来なくて心苦しい父ですが

稼ぐ方で貢献するしかありません。

※たくさん稼いでる訳でも無いけど、、


インドア大会の前には地方遠征もして

最後の仕上げをする予定です。


色々部長と大変な娘。

あまり無理しないでね。


最初で最後のインドア大会を楽しめると良いね。


女子の結果はこちら!

↓  ↓  ↓

http://www.tokyo-hswstc.com/record/20191123/result.pdf







19年秋新人戦都大会団体戦②

ついに始まった団体戦

 

こちらは1番手・3番手・2番手の順番でカードを切りました。

 

あちらは3番手・1番手・2番手の順番です。

 

こちらの思惑通りに行けば息子ペアが勝負を決する試合をする事になります。

 

相手の3番手の後衛は小柄な1年生ですがジュニア出身である事は明らか。

 

強いボールは打てませんが、技術はしっかりとしているし、前衛の2年生はしっかり上手いと来ています。

しかしウチの1番手がそれを圧倒。

 

コースを突き、振り回し、チャンスボールを前衛がしっかり決める!

まさに2人で1本。

4-0で文句の付けようのない勝利を挙げたのでした。

 

続く2戦目。

 

相手はエース。ボールのスピードと前衛の反応・守備範囲が半端ない、、、

 

こちらの3番手ペアは粘りが身上で技も多彩なのですが、それを封殺されるスピードショットで善戦むなしく1-4で敗れたのでした。

 

そしていよいよ息子ペア。

 

相手の2番手の戦力は先ほどの1番手と遜色ありません。

明らかに相手に分がありそうです。

 

立ちあがり早々に2ポイント取って勢いづいたかに見えた息子ペア。

しかし落ち着き払った相手はしっかりとしかし着実にポイントを重ねてこのゲームを逆に奪取します。

 

ゲームカウント0-1。

 

その後も良いポイントもありながらことごとく前衛の好反応に阻まれます。

 

0-2、、、0-3、、、

 

後がありません。

 

4ゲーム目は粘りに粘ってなんとか奪取。

これで1-3です。

 

続く5ゲーム目。相手の強さにだいぶ慣れてきた息子。

 

良いショットを放ちますが運にも見放され相手のネットインでマッチポイントを握られます。

 

ゲーム内ポイント3-1で余裕があった相手はラストポイントに前衛アタックをチョイス。これが見事にペアの脇をすり抜けゲームセット。

 

運が悪い内容だったのは確かですが、実力通りでもありました、、、

 

息子チームには都大会ベスト16~32の力はあると信じていましたが2回戦負け(シードの為初戦負け。)。

 

非常に残念な結果となったのでした。

 

もうちょっと彼らの活躍を観たかったですが仕方ありません。

 

我々に勝利した相手チームはその次も勝ち上がり、見事2日目にコマを進めたのでした。(ベスト16)

 

正直この山のチーム、全6チームを見ましたが総合的に客観的に冷静に判断して

息子チームとこの初戦の相手チームとの試合が事実上の(2日目に残るための)決勝戦

でした。

 

組み合わせの悪さを呪いたくなりますが、清明学園や砧南、稲城3の山ではなかっただけ運が良かったとも言えます。

 

これで残すは夏の都大会のみ。

今度はもっとたくさん勝ち上がれるように一緒に頑張ろうぜ!!

 

(この後仕事に向かう必要があったので車で先に会場を後に。1人で泣いた。)

 

19年秋新人戦都大会団体戦①

いよいよ団体戦

息子としても都大会デビューです。

 

昨年秋のこの大会、今年の夏の都大会と4番手としてチームにエントリーしていたものの、レギュラーとして参加するのはこれが初です。

実に楽しみな試合です。

 

しかし相手はかなりの強豪。都大会個人戦にも3ペア輩出しているし、レギュラーのほとんどがジュニア出身です。

 

ハッキリ言って10会団体戦をやったら8~9回負けます。

 

しかしもちろん親としては子供たちの頑張りを信じて応援する事だけ。

息子やレギュラー陣には個人戦で撮ったビデオを見せ、イメージトレーニングも

しました。

 

後は信じて見守るだけです。

 

しかし不利な事がもう一つ。相手はかなり強くて実績もあるのにウチがシードになっているので1試合こなしてから我々と試合に臨めるのです。

 

その初戦を3-0であっさりと勝ち上がってきた彼らと息子チームの試合が始まったのは

朝9時に会場入りして実に4時間半後の午後1時30分!!!

 

アップしながら、相手チームの試合を観ながらかなり待たされてメンタルも疲弊してのスタートです。

 

それでも始まってみれば集中力や闘志は皆マックスに。

 

いよいよ決戦です!!

 

19年秋新人戦都大会個人戦

秋都大会新人戦が行われてからだいぶ日にちが経過してしまいましたが

個人戦団体戦の結果が出ましたので貼っておきます。

↓ ↓ ↓

http://park14.wakwak.com/~soft-tennis/2019shinjinkekka.pdf

 

息子チームからは地区優勝の1番手ペアのみ。

(ウチの地区は上位2ペアまで。息子は3位タイ)

 

しかし1回戦の当たりがあまりにも悪い!

相手の前衛はかなり上手い子で夏の都大会も2年生ながら(3年生と組んで)かなり上位に顔を出していた子です。

 

実はこの試合、観に行ってたのですが団体戦に当たるチームの個人戦の試合を偵察したくて私は彼らの試合をビデオに撮りながら1番手君達の試合をかなり遠くからチラチラと観る事しか出来なかったのです。

 

これも団体戦で強敵に勝つため!と思い相手チームの撮影をしていました。

 

結果的にはまずまずの内容だったものの2-4で敗北!しかしその後そのペアはベスト16まで勝ち上がりましたし、勝ち上がるまでは4-0とか4-1で勝っていましたのでスコア的には1番手ペアが1番苦しめた事になった訳です。

 

こうしてあっという間に終わってしまった個人戦

 

次はいよいよ団体戦です!