中学〜高校ソフトテニス 応援記 (高3女子と中3男子!)

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

19年地区団体都大会予選【中学男子】

個人戦から1週間。

 

今度は団体戦の都大会進出をかけた

試合が行われました。

 

この地区では9校がエントリー。

それに対して都大会進出枠は4。

 

事、出場に関しては息子チームは

まず問題はありません。

 

また9校中8位までに入ると近隣3地区が

集まる研修大会に出場出来ます。

 

息子達の狙いはもちろん優勝。

 

さて、どうなるか!

 

当日私は午前中のみの観戦となりますが

妻が決勝トーナメントから観戦してくれる

予定です。

 

しかしこの日は尋常ではない強風が

吹き荒れた日でした。

 

ご存知の様にソフトテニスのボールは軽いので

風の影響をモロに受けます。

 

風上・風下で戦い方も変わるし勝敗も

どう転ぶがわかりません。

 

そんな中始まった予選リーグ。

 

3校で争い、1位抜けするとベスト4確定。

つまり都大会進出です。

 

私はこの予選リーグ2試合は何とか見届ける事が出来ました。

 

結果は2試合とも3戦全勝で1位抜け!

あっさりと都大会行きを決めたのでした。

 

しかし本当に試合やるの??と言うくらいの強風。

 

選手全員がやりづらそうにプレーしていた事は間違いありません。

 

さて私はここで妻と入れ替わりで仕事へ。

勝戦の息子の試合だけはビデオを撮って欲しい!と依頼して

会場を後にしたのでした。

 

その後、妻からのLINEでは3番勝負に持ち込まれたが息子ペアが

ファイナルを制し優勝したとの報告がありました!

 

いやー凄い!おめでとう!!

 

そして帰宅後ビデオを視ると、、やはり強風でやりづらそう!

 

そして肝心のゲームですが、、先に2ゲーム先取されしかもマッチポイントを

握られる展開!!え!?そんなだったの?LINEの情報少なすぎるよ、、

妻ちゃん、、と思いながら見続けました。

 

マッチポイント、、風上から息子がフォアを振り切りコートの奥ギリギリに

ウィナーを決めてそれを逃れると、勢いを増した息子ペアがそのゲームを

奪取。

 

次のゲームは1ポイントも与えずにファイナルに持ち込む事に

成功したのでした。

 

しかし相変わらずの強風。

 

良いショットが失点に繋がるケースも見受けられました。

 

ファイナルも2-4で進み、劣勢。しかしジワリと詰め寄り5-5。

 

次のポイントも獲ってついにマッチポイントです。

 

そしてラストポイントも風上からバックハンドをまたも躊躇なく

振り切った息子!!

 

ボールは相手のセンター奥深くに決まり、相手は触るのが精いっぱい。

ここで勝敗は決着したのでした。

 

いや、メンタル強い!!

開き直れる性格というか、どうせ負けるなら積極的に攻めて負けたいと

常々言っているだけあります。

 

本当によく攻め切って勝ちました。

 

勝敗が決まった瞬間。

 

仲間全員がガッツポーズをし、2人くらいが息子ペアに抱きつきに

言っていました。

 

それを照れくさそうな笑顔で応える息子。

 

ビデオではありますが感動的なシーンでした。

 

 おめでとう!

 

3地区が集まる研修大会・都大会と戦いは続きます!!

 

まだまだ頑張ろうな!

 

父も出来る事は手伝うぞー!!