中学〜高校ソフトテニス 応援記 (高3女子と中3男子!)

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

再始動

7月に入り、部活も段階的に再開されました。


それと同時に地域のテニスコートも開放され

始めました。


抽選なのでなかなか取れないのですが、

前日キャンセル可能なので、逆に言うと

やりたい日の前日にチェックすると

空きが出てたりします。


今までの練習不足解消の為に、私の時間と

息子の時間のタイミングが合う時は

なるべくコートを取りました。

※主に部活休みの水曜日。


少数の仲間も練習に誘い、とりあえずはテニスを

楽しめる環境が増えた時期でもあります。


それでもその成果を確認出来る練習試合も

試合も一向に再開される気配はありません。


このまま引退。


本当に現実味を帯びて来ました、、


そんな中、ある考えがあったので

ソフトテニスに詳しいとある

メーカーの方やショップの知り合いに

話しをうかがう機会を作りました。


ある考えとは、、、


報酬をお支払いして

大会を開催する事は可能か、と言う事です。


もちろん自分で開催する事も考えていましたが

個人だとコートがまず用意出来ない。


そう言った環境で働く人なら何かルートなど

お持ちなのではないか、そう考えて打診しましたが残念ながらNGでした。


しかしそう言った方々と話すうちに

個人で開催するイメージやヒントを

得ることが出来ました。


コートの確保や運営のお手伝い募集など

やる事はたくさんありますが、私が最初に

行ったのは当然の事ですが息子に

出場の意思があるかどうかの確認です。


私が観たいだけで暴走しても意味がありません。


息子が試合をやるなら出たいのか、これが

何より重要でした。


結果は予想通りでしたがOK。


やってくれるなら出たいとの事でした。


ここで私は腹をくくりました。


やる。


小規模だけど個人で大会を開催する。

それも8月の夏休み期間中に。


後は行動あるのみですっ!




学校再開、そして、、

6月に入り、緊急事態宣言が解除され

ついに学校が再開されました。


娘の高校も息子の中学もです。


ただし最初の2週間は1日おき登校。

登校しても半日授業、、と日常とは

程遠い状況でした。


当然部活も無し。


娘に関しては代替大会を行う通知は

この時期には出ていた様に思います。


しかし娘は練習不足もあるし、受験に専念

したいと言う事で早々に出場辞退。引退を

決意してしまいました。


むしろ、『これで先生にも怒られないで済む。』

とサバサバした調子。親としてはそこまでして

やんなくても、、と思っていたのでこの言葉は

ショックでしたが娘が納得し、気持ちを

切り替えているのならと整理をつける事が

出来ました。


ちなみに娘は先生の事は尊敬していますし、普段はいじったりいじられたりと上手く付き合える様になっていましたので色々ありましたが本人が

良いならそれで良いとしました。


問題は息子です。


代替大会はあるのか、あったとしてどの様な

規模になるのか、、

全く不明です。


この頃からです。


私が不完全燃焼の中学生の為に代替大会を

個人開催出来ないだろうかと具体的に考え始めたのは、、


実は漠然と、という事なら4月頃から考えては

いました。


大会は十中八九無くなる。


そんな事になった時、何か大会を開催して

あげられないだろうかと。


当初は受験が終わって、卒業を待つ3月中旬〜

下旬をイメージしていました。


我ながら無謀な事を考えるなぁと思っていましたが想像するのは凄く楽しかったです。


まぁ現実にしちゃったんですけどね。


この話しはまた後日。





テニスコート

ぶっちゃけますと少し高い私営のテニスコート

空いてさえいれば予約出来るので、自粛期間中でも娘や息子のみ連れてテニスに行ってましたね。


普段からずっと一緒に居る家族が屋外で

テニスして誰かと話す訳でもないし良いかなと。


ただ予約はなかなか取れなかったですけどね。


週1回出来れば良い方、って状況がしばらく

続きました。


全くやれない人も多かったと思います。


壁打ちの出来る公園もありましたが

そこも競争率高いし、しかもその公園も

その後封鎖されましたしね、、


期間中、ソフテニに限らず、あらゆる子供達が我慢させられたのではないかと思います。


ウィルスは常にあるので、緊急事態宣言されて

ようと、していまいと我々が出来ることは

手洗い・うがい・外出時のマスクetc、、


出来る事だけを注意していくしかありませんよね。



ちなみに子供達には4月の時点で、今年の試合は

全て無くなると覚悟しておいた方が良いと

伝えていました。


実際にそうなってしまったのは本当に

悲しくて残念でしたね。


仕方ないと頭でわかっても心はなかなか

追いつかないものです。


はぁ、、



緊急事態宣言後の日常

いまだコロナとは何なのか見えない部分も

多い状況ですね。


緊急事態宣言が出された頃は今以上に

恐怖感があった時期だと思います。


とは言えその頃も仕事をしていました。


時間短縮したり1日おきの出勤をしたり、、


普段の生活より時間が出来たのでジョキングを

したり本を読んだり家族全員揃って食事を

したり、以前より充実した部分もあり

比較的穏やかに過ごしていました。


休みの日のお昼はほぼ毎日パスタ作ってました。

手軽だし、、、


ただ受験生2人を抱える身としては

学習はどうなるんだ、という不安は常に

ありました。


塾のオンライン授業などもありましたが

通信装備が不十分のご家庭もあるわけで、、


とにかく先が見えない不安、ずーっと

モヤモヤが続くストレスみたいなのは

ありました。


幸い、我が家は夫婦円満、家族全体の

雰囲気も悪くなる事なく過ごせたので

良かったです。


むしろ普段不規則な生活を送ってるので

家族が揃う事の有り難みを感じました。


2人とも受験生ですし、娘が大学生になれば

全員揃っての食事も減るでしょう。


それが理由はともあれ、全員が揃った。

これだけは良かったなぁと思いました。


・・・


ソフテニの大会が無くなった事は

許せんがなっ!!!

自粛警察

コロナによる休校から1ヶ月。


時間はあるのにコートは空いてないから

テニスが全く出来ない状況が続いていました。


そこで私が手に入れたのは簡易のソフテニ用

ネットです。(ヨネックスの)


これなら空いてる時間を見計らって息子と

打ち合う事が出来ます。


実際、以前からコートが取れない時は

公園で打ち合って感覚が鈍らない様に

していましたが、これだけでもあると

だいぶ違います。


簡易ネットにはメチャクチャ楽しませて

貰いました。

乱打もボレーボレーも出来て最強グッズです。


しかし誰も居ない公園、早朝のとある日。


息子と乱打してたら、市から来たと言う

2人組が『すみませんが市役所に通報が

入ったので遠慮して下さい。』と言うでは

ありませんか。


まぁその方々を困らせるのもアレなんで

すぐに帰宅しましたが、モヤモヤしましたね。


こちらだって公園に人が来たらすぐに

帰るつもりで行動してるのに、わざわざ

通報までするとは、、


ちょっと自粛警察さん、行き過ぎじゃね?


と言うか本当にいるんだ、自粛警察、、


コロナより同調圧力で迫る人間の方が

怖いな、と感じたお話しでした。






姉弟ペア

3月1日。


娘と息子、妻も同行しとある練習会に

参加する事にしました。


ツイッターでこの情報を知ったのは2月頭。


その時点ではコロナ騒動は無かったですが

3月の予定が決まっていなかったので

行く事は難しいだろうなと考えていました。


ところがここに来て練習すらままならない

状況。不要不急でなければ外出は控えてと言う

アナウンスは出ていたものの、エントリーする

事にしたのでした。


申込みしたいんだけど、と妻に伝えると

娘ちゃんも練習禁止で暇みたいだよ、との事で

2人揃ってエントリーする事に。


という訳で家族4人で会場に向かいました。


講師として某強豪高校卒業の大学生がおり、

また高校生や中学生も練習に参加してる模様。


私は仕事があったので練習が始まる前には

会場を後に。


妻も1日見てるのはシンドいからと買い物に行ったりランチを取ったりしていたそうです。


子供達はと言うと、色んな指導を事細かく

受けるのかな?と思っていたら1日のほとんどを

練習試合で過ごしていたそう。


しかも初の姉弟ミックスペア!


相手は高校生・大学生・指導者。


そしてなんと千葉県の中学生とも!


しかもその中学生は秋の県大会新人戦で

ベスト8に入ったそう。


妻がiPadで撮った彼らとの1試合はなかなか

見応えがありました。

5ゲームでファイナル7-2の勝利。

※最初対戦した時は負けた。つまり1勝1敗


他県とは言えベスト8ペア相手に互角の戦いを

するとは、、


あちらのコーチさんにも『ウチのより打ててますねー。都大会どうだったんですか?』と聞かれ、、


妻『出れてません、、』

コーチ『は!?』・・・なんて一幕も

あったそう。


まぁソフトテニスの基本的な戦術を理解し、

強い球は打てないものの守備力の高い

姉のサポートがあったからこその今回の

結果ではあるので何とも言えない部分も

多いかなと。


実際都大会のベスト16の方が強いな、とも

感じましたし、、


とは言え2人にとっては収穫の多い1日となった

事は間違いありません。








コロナ

2月下旬。


コロナの影響が出始めたのは

この時期ではないだろうか。


期末テストも終わり、練習試合の予定も増えて

いた矢先の事だった。


2月28日。


この日は試験明けだった。

みんなテニス我慢してたのにこの日1日だけ練習して、翌日の練習試合は中止になりその後の

練習も白紙になった。


当然の如く3月8日の地区団体戦シード決め大会も

無くなった。


全てがあっという間の出来事。


そのまま学校も休校になった。


結局これ以降全ての大会は無くなるわけだが、

なんだろう。この学年は呪われ過ぎている。


ついこの前雨でせっかくの大会が流れた。


でもそれは序章だった。


全てが流れた。


仕方のない事。頭では理解出来る。


でも心がそれを拒否する。


息子チームは強いんだ!

今度こそ!夏の大会でそれを証明するんだと

勝手ながら勢い込んでいた。


喪失感は半端なかった。恐らく子供達以上の

喪失感だったと思う。


この事が後の個人での大会開催の原動力になる訳だがそれはまた後日お話しします。



東京インドア全日本ソフトテニス大会観戦

高校生・社会人の動画をよく視聴

している仲間2人とインドア大会観戦に

向かった息子。


私もモヤモヤしていたので、急遽車で

彼らを追いかけて観戦しに行く事にしたのでした。


会場に着くと、小雨混じりの中なかなかの

人数がチケットを求めて並んでいます。


マイナー競技に分類される?ソフトテニス

ですが、好きな人の熱量は高いよなぁと

感心してしまいました。


それにしてもこの9時少し前の時点で雨は

ほとんど止んでいました。

研修大会もオムニコート会場なので、全く問題なくやれたはず、、と未練タラタラの私です。


チケットを買い、自分の席と息子達の姿を

探そうと体育館の2階席に入ると、丁度参加選手

達がサインボールを観客席に打ち込んでいる

所でした。


へー、こんな事やってるんだと思いながら

ウロウロしていたらなんと私の目の前に

ボールが飛んでくるではありませんか!


しかもスッと右手を上げた位置にドンピシャ!


いきなりサインボールをゲットしてしまったの

です!!

↓ ↓ ↓


f:id:gze03237:20200814095320j:plain


誰が打ったかまでは確認出来ていなかったの

ですが、後で調べたらなんと上松選手のボール!


前衛ならずとも憧れるソフテニ界のスーパースターのサインボールをゲットする事になったのです!


この運があるなら、息子達の大会観れる事の

方に運を使いたかった、、と未練が吹っ切れない

私。


しかし息子に良いプレゼントが出来る事は

間違いありません。


その後息子を見つけてプレゼントしたら

流石に驚いてましたし、息子の友人達にも

羨ましがられてしまいました。


ちなみに息子もこの後、他選手のサインボールを

ゲットしていました。(強運親子?)


その後はトッププレイヤー達をじっくりと

観戦しました。


生で観戦するのは初めてでしたが、私が学生の頃とは全く違うスポーツをやっているように感じられました。


インドアだからプレースタイルが違うという事も

あるとは思いますが、この四半世紀で用具・フィジカル・テクニック・戦術の全てが進化して

いると感じました。


ブランクが長い自分だから余計にそう感じたの

かも知れません。


仕事があったのでインドア大会は

途中で抜けましたが前回のお話しで少し触れた

高校女子シングルス戦が近くで行われているのを知っていたので覗きに行きました。


コートに着くと丁度文台杉並同士の決勝でした。


その決勝で敗れた五十嵐選手は娘が

2年の秋の都大会個人戦出場した時に

娘の隣のコートで試合しているのを

観て私が驚愕した子です。


その時のお話しはこちら!

↓  ↓  ↓

https://ymmsk2000.hatenablog.com/entry/2016/12/15/084816


順調に成長してるなぁ、凄いなぁと思いながら

少しはスッキリとして会場を後にした私なのでした。





3地区合同研修大会〜団体戦〜

久々の更新です。

ずーっとログイン出来なくて新規でアカウントを

作ったら、このアカウントが新規アカウントの上に並んでいて、入る事が出来ました。


半年以上前の事ですが、思い出せる範囲で

少しずつまとめて行きたいと思います。


・ ・ ・


本来なら秋の都大会直前に行われるはずだった

この団体戦研修大会。


雨で流れてしまっていたこの大会が1月26日に

開催される事を聞き、私はかなりの興奮状態に

なりました。


秋の都大会団体戦は不完全燃焼。


ジュニア出身揃いの強豪校に当たり、

2回戦(1試合目)で敗退していましたが

息子達のチームはもっとやれると

信じていたからです。


この3つのブロックにも強豪校は多いものの

※24チーム参加

ベスト8、いやベスト4だって充分狙えると

信じていました。


それなのに、あぁそれなのに!


この日も朝からしっかりと雨が降ってしまい

中止の連絡が来てしまったのです。


ショックです。


今思い出しても余計に辛い、、


コロナにより大会の全てが無くなった子供達。

せめてこの大会だけはやらせてあげたかった。


しかも9時頃から小降りになり、、

駒沢公園テニスコートでの東京の高校女子の

シングルス戦は結局、開催されたのですから。


昨年から今年の前半まで土日のほとんどが

雨だった気がします。


この学年全体が雨男なんだろうか、、


失意が襲う中、子供達は切り替えて

なんと東京インドア大会を観戦に行く!

と言い出したのでした。

↓  ↓  ↓

https://lucent-sports.com/cup2020/tokyo-info/


練習試合

秋の新人都大会、団体戦で2回戦(こちらは初戦)に当たり、敗北を

喫した都ベスト16のチームとまた練習・練習試合が出来る事になりました。

 

参加するのは男女レギュラー8名ずつです。

 

当日は12時頃から練習開始と言う事で、私は会場の途中まで引率。

そこからは他の父兄にお任せしました。

 

ここのチームは見ておきたかったのですが、仕事があるので致し方ありません。

 

妻も娘の方の行事が入っていたので見学に行けませんでした。

 

結局後から見学に行った父兄からの情報しか得られませんでしたが、

向こうの1番手ペアにこちらはボコボコにされたみたいです。

 

しかも向こうはOB・OGも練習に来ていてとにかく部員全員の気合の

入り方が違っていたそうです。

 

どちらかと言うと楽しくホンワカとやって来たとも言える息子たちは

完全に雰囲気に圧倒されたみたいです。

 

やはり強いチームは違う、、、

 

まぁ私も息子たちに強くなって欲しいとは思いますが、本人達がどう考えるのかも

重要です。

 

こちらがいくら焚きつけたって本人たちが自主性を持って行動しなければ結局強く

なる事は出来ません。

 

我々父兄はあくまでサポートするだけですから、、、

 

帰宅後の息子もショックだったのか、口数も少なく語りたがりません、、

 

まぁ仕方ありません。

 

元々向こうが格上。

 

こちらも出来る範囲でちょっとずつ積み上げて行くしかありません。

 

でも翌々日、この練習試合に参加した1人が水曜日に行っている私と息子の自主練に

参加したい!と言って来たのは嬉しかったです。

 

そのやる気が継続するか中学生は微妙な所がありますが、それでも

前を向いているのは頼もしい。

 

引退まで5か月ほどしかありません、、

 

一緒に頑張って行こうな!!

19~20家族旅行その2

空港から送迎の車で走る事約30分。

 

3泊するホテルに到着しました。

 

ここまで家からなんだかんだ12時間。

ちょっと疲れましたね、、

 

時間があったので、少し休憩した後は周囲を散策。

ガイドブックを見ながら夕飯を食べる所も探しました。

 

ちなみに夜にでもテニスをしようと息子と画策しましたが

残念ながら空きがありませんでした。

 

その代わり、2日目のテニスを朝1番と夜に1時間ずつ入れました。

 

話を戻します。

 

気温は20度前後でしょうか。

日が落ちてくると少し肌寒い程度で、散歩には快適です。

 

街を散策して名物料理などが出て来るレストランに無事到着しました。

 

まぁレストランと言っても日本で言う昔ながらのラーメン屋や食堂といった

雰囲気の所です。

 

食事はおいしかったですね。

物価も少し安いので4人でたらふく食べても5,000円ほどでした。

 

帰りのタクシーではいわゆるボッタくりに遭いました。

通常のタクシーとは値段の上がり方のペースが全く違います。

 

通常市内を5~10㎞移動しても500~1,000円程度なのですが

このタクシーは5,000円以上かかりました、、、

 

まぁこれも社会勉強です。

 

2日目。

 

朝はホテルのビュッフェです。

バリエーションも多く、毎日朝食は楽しめました。

 

その後は息子と1時間テニスをし、いよいよ4人で市内観光です。

 

遺跡巡りを中心に結構歩き回りましたのでかなり疲れました。

発展途上と言う事もあり、快適な感じではありません。

 

特に道路はバイクや車でごった返しています。

横断歩道がなかなか無い為、道のど真ん中を歩行者が車を止めながら

渡っていたりします。

 

我々もドキドキしながら無理やり渡りました。

 

また車線をしっかり守るバイク・車が少ないので、自分の存在を知らせるための

ラクションがひっきりなしに鳴っていて、街はかなり騒がしいです。

 

まぁそれも大人になると楽しいのですが、子供たちは日本の安全な環境に

慣れているので特に娘は怖がっていました。

 

こうして新年を海外で迎えた我が家。

自身にとっても日本以外の国で年越しをしたのは2度目ですので

なんとなく感慨深い物がありました。

 

次にこんな事があるとしても、妻と2人でかな、、とか考えちゃいましたね。

 

そうこうしている内に4日間の海外旅行はあっという間に過ぎ去りました。

 

アトラクションやレジャーを楽しむ感じの国ではありませんが、それなりに

記憶に残る旅行となりました。

 

子供たちには次回は自分のお金で自分自身が行きたいと思った国に

行ってもらいたいと思います。

 

冬休みなんてあっと言う間ですネ。

 

 

 

19〜20家族旅行その1

娘のインドア大会が年内に終わった関係で

年末年始が休みとなった娘。

 

来年は娘が大学受験。息子は高校受験です。

 

もしかして家族揃って旅行に行くと言うのは

最後かもしれないと思い、妻と相談して

海外に行こう!と言う流れになりました。

 

寒い日本から脱出して暖かいトコロ、、

 

まずはハワイやグァムを思い浮かべましたが

10月初旬頃から調べ始めたにも関わらず

飛行機は満席、満席、、

 

日本、不景気ちゃうんか、、

 

あ、空いてる!と思って、でも他のも!と見てたら

埋まっちゃうと言う事も何度もありました。

 

結局人気のスポットは諦め、アジア系の暖かい所で飛行時間が比較的短い国に決定しました。

 

それでも日程は12月30日から1月2日ですから

そこそこ高かったですねー。

 

ちなみにレジャーが充実してる国と言う訳では

ないので、保険の為テニスコートを併設してる

ホテルを予約しました!

 

海外でもソフトテニス

 

妻からは呆れられました。

 

目的は他国の生活を垣間見る事とノンビリする

事ですが、飽きっぽい息子にはこれくらい無いと

ホテルでYouTubeでも見てると言われる心配も

あったので正解だったと思います。

 

準備も色々面倒ですよね。

 

子供2人は初海外。パスポートを作る必要が

あります。

 

書類作成に写真撮影、最後の受け取りは必ず

本人、、

 

部活部活の子供達はそんな時間を作るのすら

難しかったです。

 

ちなみに妻はパスポート期限切れてなかったの

ですが私が切れてたので私も再発行。

 

スーツケースは義両親から借りて、、と言う

感じで着々と準備を進めいよいよフライト当日。

 

朝4時半起きでリムジンバスを利用して

羽田空港へ向かいました。

 

到着後軽い朝食を取っていたら何だかんだ

時間が無くなり慌てて乗り場へ、、

なんて状態です。子供達の前でなかなか

スマートに行かなかったですね。

 

到着まで約6時間。

 

機内サービスの映画やゲーム、睡眠で各々

過ごし到着!

 

空港を出るとクラクションが頻繁に鳴り響き、空気も若干淀んでいる感じです。

また独特の匂いも感じました。

 

送迎付きでお願いしたのでホテルまではその車で。

 

長くなってきたのでその2に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19年ソフトテニス インドア大会【高校】

東京都のベスト16以上に参加資格のある

インドア大会。


団体戦です。


会場はエスフォルタアリーナ八王子。


ここに男女ともに集結、開催される運びです。


決勝に残る上位2チームには関東選抜インドア

大会への参加資格が与えられます。


大会早朝。


最後の仕上げで娘らは学校の体育館に集合して

練習です。

電車が動いていないので4時半起きで

学校へ送ってあげます。


それにしても大変です。

チームは少人数な上にケガ人も出ています。

娘もキャプテンとしてここまで

チームをまとめるのに心身共に相当

削られて来ました。


これだけ頑張って来たので1回くらいは

勝たせて上げたいけど勝負は時の運。


どうなる事やら、、


その後我々夫婦は9時に会場入り。

ちなみに息子は部活最終日です。


午前練習と聞いていたのですが、午後からは

年内練習最終日と言う事でコートの念入りな

整備と部室の掃除があったそうです。

※息子聞きそびれ、、


従ってお弁当も必要だったのですが

妻に申告しそびれたので弁当無し、、

息子は仲間にちょっとずつ分けて貰い

空腹を凌いだそうです。

副部長として情け無い、、


、、、話を娘のインドアに戻します。


娘チームはケガをしていて1週間程

練習が出来ていない2番手後衛を2戦目に配置。

娘は3番手後衛と組んで3戦目に控えました。

※相手の1番手とケガ人を当てる作戦。


しかし結果的には次の様な対戦となりました。


相手チーム 1・2・3番手の順番。

娘チーム  1・3・2番手の順番。


第1試合が鍵を握る事は間違いない状況です。

ここが負けると相当厳しい状況なのです。


いよいよ試合開始!


相手の後衛はかなり打てそうですが

前衛が硬く、ミスにも助けられて幸先良く

4-0で1ゲーム目を奪取。


しかしここからは接戦!

お互いに粘り、ポイントを分け合うカタチで

ゲームが進行して行きます。

また所々後衛の鋭いトップ打ちで

攻め込まれ防戦一方になる場面も。


しかし耐えて耐えてポイントを取る場面も

ありました。


ゲームカウント2-2後の5ゲーム目は

正に死闘。両ペアとも集中力を切らさずに

デュースも6度目を迎えました。


しかしここを取り切ったエースペア。


6ゲーム目をその勢いのまま取り

勝ち切ったのでした!


やった!!


これで少なくとも娘の出番無しで負ける事は無い!最初で最後のインドアの試合に参加

出来るゾなどと私は考えていました。


続く2戦目。普段娘とペアを組む2番手後衛は

ケガでこの数日を完全に休養に充てていました。

テーピングでガチガチのその姿は痛々しかったです。

3番手前衛と組んでどこまでやれるのか、、


試合前乱打で痛そうな、足を引きずるような

素振りはありません。


アドレナリンが出てるのか、痛み止めを

飲んでいるのかはわかりませんが

試合は出来そうです。


そんな状態で試合をやらせるなんて、と言う

批判もあるかも知れませんが、これは彼女自身が

決断した事でもあります。また娘も含めてメンバー全員がこの日の為に頑張って来たのです。

つまり本人達の気持ちを尊重したカタチとなりました。


1戦目を勝ったのに重苦しい雰囲気の

漂う応援席。父兄の皆さんはこれ以上

ケガが悪化しない様にと祈るばかりです。


そして試合開始。


とにかくケガの状態が心配でしたが

ラリーも打ち合えるしロブで振られたり

前に落とされても走れています。

また急造コンビながら前衛も要所要所

ドロップショットを駆使して相手を

翻弄します。


互角、、いやそれ以上の内容で格上の

相手と1ゲームずつを分け合う健闘ぶり!


え!?これは、まさか、、と思っていたら

その後も2人は絶好調!


2人の息はまるでこの1年間ずーっとペアを

組んでいた様にピッタリです。


なんとなんとその後ゲームを落とす事なく

4-1で完勝!!


チーム勝利確定。いや、なんならこれで試合終了

なので、娘ペアまさかの出番無し!


これには本当に驚きました。


ケガを抱えてボコボコにされる心配を

していたのにまさかの圧倒!

嬉しい誤算です。


次の試合までだいぶ開くので私は娘の試合が

観れないことを承知で会社に向かいました。

仕事があるのでこのタイミングで帰るしか

無いのです。


ビデオ撮影を妻に頼み会場を後に。


会社に着いてしばらくして妻からLINEが。


男子は1回戦負け。

娘達はボコボコにされてベスト8で終了。


、、と言う内容でした。


いや、それでも立派です。

中学の時は都大会団体ベスト32が最高でした。


それを大きく上回るこの結果は見事です。

※娘、試合では働いてないですが、、


本当に少ないメンバーで満身創痍の中

メンバー全員よく頑張りました。


お疲れ様でした!


年末年始はゆっくりしようね!!






遠征

息子チームは1日のみですが

とある私立高校の練習に参加させて

貰いました。


そのチームは現在女子が少ない様で

そこの顧問の先生は息子チームの

女子を懇切丁寧に指導していたとのこと。


男子チームは一緒に練習しただけと言う感じで

あまり個別にアドバイスなどは受けられ

なかったそうですが、まぁ良い刺激には

なったのかな。


続いて娘。


終業式が終わったら飛行機で四国へ。


強豪チームの練習に混ぜてもらえる

らしく、インドア大会に向けて仕上げの

練習となりそうです。


学業の方も成績上がってたし、本当に

何事も全力で真面目に取り組む娘を

私は尊敬してます。


でもまずは怪我のない様に試合を迎えて

欲しい。


応援してるでー。

練習試合【番外編】

少し時系列が前後しますが、秋の都大会新人戦が

行われる前に行った2回の練習試合のお話しを

書いていなかったので、自身の備忘録の為に簡単にまとめておきたいと思います。


その1

実はこのチーム、その後都大会団体戦1回戦で

当たる事になります。

練習試合に行く時点で団体戦の会場割は

発表されており、当たる可能性があるのは

わかっていましたが本当に当たるとは、、


このチームは昔から強く、監督がしっかり

指導するので夏までに必ず良いチームを

作って来ます。加えて団体戦メンバーが

全員(多分)ジュニア出身。

相当強そうだったので、今回大会前に

相手の実力が見れるのは願ってもない

事だったのです。


しかしこの日は雨模様。

結局練習はある程度出来ましたが

午後から始めた試合は始まった途端に

雨が強くなりそのまま中止となったのでした。


私も短い時間、練習の様子を見ましたが

このチームは相当強い、、

普通にやれば組合せ次第でベスト4にも

行くのでは無いかと感じました。


結局、都大会ではこのチームにチームスコア

1-2で負けました。

このチームはその後ベスト16へ。

私の予想ではベスト8までは硬いと思ってましたがやはり本番は何があるかわかりません。


また1・2番手は相当強いですが3番手の

後衛がジュニア出身ですがボールの威力、

守備範囲に難がありました。


息子チームもそうですがここには少し打てる子が

居れば勝つ可能性があります。

つまり1・2番手にも必ず勝たなければならない

と言うプレッシャーがあったと想像出来ます。


実際8決めで敗れなければベスト4に

行っていた事でしょう。

このチームにとっても悔しいベスト16

だったと思います。


そんなジュニアだらけの強豪相手に

ウチも4-0、1-4、1-4と粘りましたので

焦らす事くらいは出来たのかなと

思っています。


その2

前述もしましたが都大会後にも練習試合を

した新人戦団体戦ベスト8校との練習試合。

相手の学校での試合でした。


私は1試合しか観れませんでしたが

相手のペアは都大会個人戦にも出る予定の

チーム2番手の子達です。


しかしこの日の息子は当時身に付けたばかりの

中ロブにシュートボールを組合せ、相手を

圧倒しました。


スコアは4-1。


都大会に向け良い感触だなと会場を

後にしたのを覚えています。


その後、息子ペアは相手の1・2・3番手

全てと2試合ずつ行い、すべてのペアと

1勝1敗だったそうです。


ウチの1番手ペアはほとんど

負けなかったみたいです。

また3番手ペアも勝率は悪くなく、決して

内容的には負けていなかったそうです。


しかし実際の結果は相手はベスト8で、

こちらは1回戦負け、、


しかし夏の最後の都大会は組合せが悪かろうが

この結果を受けて戦うしかありません。


実際1回戦負けですから組合せも悪くなる事が

予想されます。


それを跳ね返す程強くなって欲しいなぁ、、


鍵はまだペアとして伸び代がある

息子ペアが握ってると思っています。


応援してるぞー!