中学〜高校ソフトテニス 応援記 (高2女子と中2男子!)

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

練習試合

秋の新人都大会、団体戦で2回戦(こちらは初戦)に当たり、敗北を

喫した都ベスト16のチームとまた練習・練習試合が出来る事になりました。

 

参加するのは男女レギュラー8名ずつです。

 

当日は12時頃から練習開始と言う事で、私は会場の途中まで引率。

そこからは他の父兄にお任せしました。

 

ここのチームは見ておきたかったのですが、仕事があるので致し方ありません。

 

妻も娘の方の行事が入っていたので見学に行けませんでした。

 

結局後から見学に行った父兄からの情報しか得られませんでしたが、

向こうの1番手ペアにこちらはボコボコにされたみたいです。

 

しかも向こうはOB・OGも練習に来ていてとにかく部員全員の気合の

入り方が違っていたそうです。

 

どちらかと言うと楽しくホンワカとやって来たとも言える息子たちは

完全に雰囲気に圧倒されたみたいです。

 

やはり強いチームは違う、、、

 

まぁ私も息子たちに強くなって欲しいとは思いますが、本人達がどう考えるのかも

重要です。

 

こちらがいくら焚きつけたって本人たちが自主性を持って行動しなければ結局強く

なる事は出来ません。

 

我々父兄はあくまでサポートするだけですから、、、

 

帰宅後の息子もショックだったのか、口数も少なく語りたがりません、、

 

まぁ仕方ありません。

 

元々向こうが格上。

 

こちらも出来る範囲でちょっとずつ積み上げて行くしかありません。

 

でも翌々日、この練習試合に参加した1人が水曜日に行っている私と息子の自主練に

参加したい!と言って来たのは嬉しかったです。

 

そのやる気が継続するか中学生は微妙な所がありますが、それでも

前を向いているのは頼もしい。

 

引退まで5か月ほどしかありません、、

 

一緒に頑張って行こうな!!

19~20家族旅行その2

空港から送迎の車で走る事約30分。

 

3泊するホテルに到着しました。

 

ここまで家からなんだかんだ12時間。

ちょっと疲れましたね、、

 

時間があったので、少し休憩した後は周囲を散策。

ガイドブックを見ながら夕飯を食べる所も探しました。

 

ちなみに夜にでもテニスをしようと息子と画策しましたが

残念ながら空きがありませんでした。

 

その代わり、2日目のテニスを朝1番と夜に1時間ずつ入れました。

 

話を戻します。

 

気温は20度前後でしょうか。

日が落ちてくると少し肌寒い程度で、散歩には快適です。

 

街を散策して名物料理などが出て来るレストランに無事到着しました。

 

まぁレストランと言っても日本で言う昔ながらのラーメン屋や食堂といった

雰囲気の所です。

 

食事はおいしかったですね。

物価も少し安いので4人でたらふく食べても5,000円ほどでした。

 

帰りのタクシーではいわゆるボッタくりに遭いました。

通常のタクシーとは値段の上がり方のペースが全く違います。

 

通常市内を5~10㎞移動しても500~1,000円程度なのですが

このタクシーは5,000円以上かかりました、、、

 

まぁこれも社会勉強です。

 

2日目。

 

朝はホテルのビュッフェです。

バリエーションも多く、毎日朝食は楽しめました。

 

その後は息子と1時間テニスをし、いよいよ4人で市内観光です。

 

遺跡巡りを中心に結構歩き回りましたのでかなり疲れました。

発展途上と言う事もあり、快適な感じではありません。

 

特に道路はバイクや車でごった返しています。

横断歩道がなかなか無い為、道のど真ん中を歩行者が車を止めながら

渡っていたりします。

 

我々もドキドキしながら無理やり渡りました。

 

また車線をしっかり守るバイク・車が少ないので、自分の存在を知らせるための

ラクションがひっきりなしに鳴っていて、街はかなり騒がしいです。

 

まぁそれも大人になると楽しいのですが、子供たちは日本の安全な環境に

慣れているので特に娘は怖がっていました。

 

こうして新年を海外で迎えた我が家。

自身にとっても日本以外の国で年越しをしたのは2度目ですので

なんとなく感慨深い物がありました。

 

次にこんな事があるとしても、妻と2人でかな、、とか考えちゃいましたね。

 

そうこうしている内に4日間の海外旅行はあっという間に過ぎ去りました。

 

アトラクションやレジャーを楽しむ感じの国ではありませんが、それなりに

記憶に残る旅行となりました。

 

子供たちには次回は自分のお金で自分自身が行きたいと思った国に

行ってもらいたいと思います。

 

冬休みなんてあっと言う間ですネ。

 

 

 

19〜20家族旅行その1

娘のインドア大会が年内に終わった関係で

年末年始が休みとなった娘。

 

来年は娘が大学受験。息子は高校受験です。

 

もしかして家族揃って旅行に行くと言うのは

最後かもしれないと思い、妻と相談して

海外に行こう!と言う流れになりました。

 

寒い日本から脱出して暖かいトコロ、、

 

まずはハワイやグァムを思い浮かべましたが

10月初旬頃から調べ始めたにも関わらず

飛行機は満席、満席、、

 

日本、不景気ちゃうんか、、

 

あ、空いてる!と思って、でも他のも!と見てたら

埋まっちゃうと言う事も何度もありました。

 

結局人気のスポットは諦め、アジア系の暖かい所で飛行時間が比較的短い国に決定しました。

 

それでも日程は12月30日から1月2日ですから

そこそこ高かったですねー。

 

ちなみにレジャーが充実してる国と言う訳では

ないので、保険の為テニスコートを併設してる

ホテルを予約しました!

 

海外でもソフトテニス

 

妻からは呆れられました。

 

目的は他国の生活を垣間見る事とノンビリする

事ですが、飽きっぽい息子にはこれくらい無いと

ホテルでYouTubeでも見てると言われる心配も

あったので正解だったと思います。

 

準備も色々面倒ですよね。

 

子供2人は初海外。パスポートを作る必要が

あります。

 

書類作成に写真撮影、最後の受け取りは必ず

本人、、

 

部活部活の子供達はそんな時間を作るのすら

難しかったです。

 

ちなみに妻はパスポート期限切れてなかったの

ですが私が切れてたので私も再発行。

 

スーツケースは義両親から借りて、、と言う

感じで着々と準備を進めいよいよフライト当日。

 

朝4時半起きでリムジンバスを利用して

羽田空港へ向かいました。

 

到着後軽い朝食を取っていたら何だかんだ

時間が無くなり慌てて乗り場へ、、

なんて状態です。子供達の前でなかなか

スマートに行かなかったですね。

 

到着まで約6時間。

 

機内サービスの映画やゲーム、睡眠で各々

過ごし到着!

 

空港を出るとクラクションが頻繁に鳴り響き、空気も若干淀んでいる感じです。

また独特の匂いも感じました。

 

送迎付きでお願いしたのでホテルまではその車で。

 

長くなってきたのでその2に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19年ソフトテニス インドア大会【高校】

東京都のベスト16以上に参加資格のある

インドア大会。


団体戦です。


会場はエスフォルタアリーナ八王子。


ここに男女ともに集結、開催される運びです。


決勝に残る上位2チームには関東選抜インドア

大会への参加資格が与えられます。


大会早朝。


最後の仕上げで娘らは学校の体育館に集合して

練習です。

電車が動いていないので4時半起きで

学校へ送ってあげます。


それにしても大変です。

チームは少人数な上にケガ人も出ています。

娘もキャプテンとしてここまで

チームをまとめるのに心身共に相当

削られて来ました。


これだけ頑張って来たので1回くらいは

勝たせて上げたいけど勝負は時の運。


どうなる事やら、、


その後我々夫婦は9時に会場入り。

ちなみに息子は部活最終日です。


午前練習と聞いていたのですが、午後からは

年内練習最終日と言う事でコートの念入りな

整備と部室の掃除があったそうです。

※息子聞きそびれ、、


従ってお弁当も必要だったのですが

妻に申告しそびれたので弁当無し、、

息子は仲間にちょっとずつ分けて貰い

空腹を凌いだそうです。

副部長として情け無い、、


、、、話を娘のインドアに戻します。


娘チームはケガをしていて1週間程

練習が出来ていない2番手後衛を2戦目に配置。

娘は3番手後衛と組んで3戦目に控えました。

※相手の1番手とケガ人を当てる作戦。


しかし結果的には次の様な対戦となりました。


相手チーム 1・2・3番手の順番。

娘チーム  1・3・2番手の順番。


第1試合が鍵を握る事は間違いない状況です。

ここが負けると相当厳しい状況なのです。


いよいよ試合開始!


相手の後衛はかなり打てそうですが

前衛が硬く、ミスにも助けられて幸先良く

4-0で1ゲーム目を奪取。


しかしここからは接戦!

お互いに粘り、ポイントを分け合うカタチで

ゲームが進行して行きます。

また所々後衛の鋭いトップ打ちで

攻め込まれ防戦一方になる場面も。


しかし耐えて耐えてポイントを取る場面も

ありました。


ゲームカウント2-2後の5ゲーム目は

正に死闘。両ペアとも集中力を切らさずに

デュースも6度目を迎えました。


しかしここを取り切ったエースペア。


6ゲーム目をその勢いのまま取り

勝ち切ったのでした!


やった!!


これで少なくとも娘の出番無しで負ける事は無い!最初で最後のインドアの試合に参加

出来るゾなどと私は考えていました。


続く2戦目。普段娘とペアを組む2番手後衛は

ケガでこの数日を完全に休養に充てていました。

テーピングでガチガチのその姿は痛々しかったです。

3番手前衛と組んでどこまでやれるのか、、


試合前乱打で痛そうな、足を引きずるような

素振りはありません。


アドレナリンが出てるのか、痛み止めを

飲んでいるのかはわかりませんが

試合は出来そうです。


そんな状態で試合をやらせるなんて、と言う

批判もあるかも知れませんが、これは彼女自身が

決断した事でもあります。また娘も含めてメンバー全員がこの日の為に頑張って来たのです。

つまり本人達の気持ちを尊重したカタチとなりました。


1戦目を勝ったのに重苦しい雰囲気の

漂う応援席。父兄の皆さんはこれ以上

ケガが悪化しない様にと祈るばかりです。


そして試合開始。


とにかくケガの状態が心配でしたが

ラリーも打ち合えるしロブで振られたり

前に落とされても走れています。

また急造コンビながら前衛も要所要所

ドロップショットを駆使して相手を

翻弄します。


互角、、いやそれ以上の内容で格上の

相手と1ゲームずつを分け合う健闘ぶり!


え!?これは、まさか、、と思っていたら

その後も2人は絶好調!


2人の息はまるでこの1年間ずーっとペアを

組んでいた様にピッタリです。


なんとなんとその後ゲームを落とす事なく

4-1で完勝!!


チーム勝利確定。いや、なんならこれで試合終了

なので、娘ペアまさかの出番無し!


これには本当に驚きました。


ケガを抱えてボコボコにされる心配を

していたのにまさかの圧倒!

嬉しい誤算です。


次の試合までだいぶ開くので私は娘の試合が

観れないことを承知で会社に向かいました。

仕事があるのでこのタイミングで帰るしか

無いのです。


ビデオ撮影を妻に頼み会場を後に。


会社に着いてしばらくして妻からLINEが。


男子は1回戦負け。

娘達はボコボコにされてベスト8で終了。


、、と言う内容でした。


いや、それでも立派です。

中学の時は都大会団体ベスト32が最高でした。


それを大きく上回るこの結果は見事です。

※娘、試合では働いてないですが、、


本当に少ないメンバーで満身創痍の中

メンバー全員よく頑張りました。


お疲れ様でした!


年末年始はゆっくりしようね!!






遠征

息子チームは1日のみですが

とある私立高校の練習に参加させて

貰いました。


そのチームは現在女子が少ない様で

そこの顧問の先生は息子チームの

女子を懇切丁寧に指導していたとのこと。


男子チームは一緒に練習しただけと言う感じで

あまり個別にアドバイスなどは受けられ

なかったそうですが、まぁ良い刺激には

なったのかな。


続いて娘。


終業式が終わったら飛行機で四国へ。


強豪チームの練習に混ぜてもらえる

らしく、インドア大会に向けて仕上げの

練習となりそうです。


学業の方も成績上がってたし、本当に

何事も全力で真面目に取り組む娘を

私は尊敬してます。


でもまずは怪我のない様に試合を迎えて

欲しい。


応援してるでー。

練習試合【番外編】

少し時系列が前後しますが、秋の都大会新人戦が

行われる前に行った2回の練習試合のお話しを

書いていなかったので、自身の備忘録の為に簡単にまとめておきたいと思います。


その1

実はこのチーム、その後都大会団体戦1回戦で

当たる事になります。

練習試合に行く時点で団体戦の会場割は

発表されており、当たる可能性があるのは

わかっていましたが本当に当たるとは、、


このチームは昔から強く、監督がしっかり

指導するので夏までに必ず良いチームを

作って来ます。加えて団体戦メンバーが

全員(多分)ジュニア出身。

相当強そうだったので、今回大会前に

相手の実力が見れるのは願ってもない

事だったのです。


しかしこの日は雨模様。

結局練習はある程度出来ましたが

午後から始めた試合は始まった途端に

雨が強くなりそのまま中止となったのでした。


私も短い時間、練習の様子を見ましたが

このチームは相当強い、、

普通にやれば組合せ次第でベスト4にも

行くのでは無いかと感じました。


結局、都大会ではこのチームにチームスコア

1-2で負けました。

このチームはその後ベスト16へ。

私の予想ではベスト8までは硬いと思ってましたがやはり本番は何があるかわかりません。


また1・2番手は相当強いですが3番手の

後衛がジュニア出身ですがボールの威力、

守備範囲に難がありました。


息子チームもそうですがここには少し打てる子が

居れば勝つ可能性があります。

つまり1・2番手にも必ず勝たなければならない

と言うプレッシャーがあったと想像出来ます。


実際8決めで敗れなければベスト4に

行っていた事でしょう。

このチームにとっても悔しいベスト16

だったと思います。


そんなジュニアだらけの強豪相手に

ウチも4-0、1-4、1-4と粘りましたので

焦らす事くらいは出来たのかなと

思っています。


その2

前述もしましたが都大会後にも練習試合を

した新人戦団体戦ベスト8校との練習試合。

相手の学校での試合でした。


私は1試合しか観れませんでしたが

相手のペアは都大会個人戦にも出る予定の

チーム2番手の子達です。


しかしこの日の息子は当時身に付けたばかりの

中ロブにシュートボールを組合せ、相手を

圧倒しました。


スコアは4-1。


都大会に向け良い感触だなと会場を

後にしたのを覚えています。


その後、息子ペアは相手の1・2・3番手

全てと2試合ずつ行い、すべてのペアと

1勝1敗だったそうです。


ウチの1番手ペアはほとんど

負けなかったみたいです。

また3番手ペアも勝率は悪くなく、決して

内容的には負けていなかったそうです。


しかし実際の結果は相手はベスト8で、

こちらは1回戦負け、、


しかし夏の最後の都大会は組合せが悪かろうが

この結果を受けて戦うしかありません。


実際1回戦負けですから組合せも悪くなる事が

予想されます。


それを跳ね返す程強くなって欲しいなぁ、、


鍵はまだペアとして伸び代がある

息子ペアが握ってると思っています。


応援してるぞー!



練習試合その2

1週間前に行われた練習試合でそれなりの

成果と自信を得た息子チーム。

 

やはり息子チームは決して弱くはないと思えました。

 

ベスト16~32の力は充分にある。しかし夏にはどこのチームもレベルを1個も2個も

時には3個くらい上げて来ます。


息子チームも同じ様にレベルアップしていかないとまた1回戦負けする可能性が高くなります。

 

しかし現時点ではジュニア出身が揃っている一部の強豪校を除けばかなり戦えるレベルに居るゾと思えました。

 

夏までにチームがどれだけ強くなれるか、、チームのメンバーの中で強くなりたいと願っている

子は数人かもしれませんが、ソフトテニスが大好きでいくらでも練習したいという子が

多いので期待しちゃいます。

※正直強くなれなくてもソフテニが好きで高校でも続けたいと思って卒業してくれた

方が私は嬉しいかもしれません。


そんな中、2週続けての練習試合です。


しかも都大会前にも練習試合をしたチーム

(結局新人戦ではベスト8)とベスト16に

入ったチームとで行われます。


会場は息子中学のコートですので

仕事前に見学です。


ところがベスト8チームが駅からの道を

間違えてしまったそうで、なかなか到着しません。


先に練習を開始し、更に練習試合も

開始する運びとなりました。


息子ペア、まずは16のチーム2番手と試合です。

※この日は5ゲームマッチ。


試合前のチーム練習の時も思いましたが

このチーム、バリバリに打てる感じの子が

見当たりません。

今日はベストメンバーではないのでしょうか、、


試合開始。威力のあるフラットな

シュートボールで試合の主導権を

握る息子。


逆にペアの子は左打ちから繰り出す

少し回転のかかったシュートボールを

打つので初見だと相手は威力のあるボールを

打ち返す事が出来ません。


またこの日はホームでのプレーと言う事もあり

相手ペアもコートのボールの跳ね具合、

走った時の滑り具合など慣れない感じも見受けられました。


ただそれを差し引いてもフォームや身体の

動かし方を見ていればどの程度のレベルかは

私でもわかります。


結局3-0であっさりと勝利。

ダブルゲームで行われていた1番手同士の

戦いも3-1で勝利していました。


相手の1番手後衛君はさすがにそれなりに

打てていましたが、やはり私から見て

フォームが固まってる印象ではない、、

荒削りと言うか雑な感じが否めませんでした。


そうこうしている内にベスト8チームも合流。

少しアップして練習試合に合流となりました。


ここで息子ペアは1度ペア解消。

コーチからの指示で5番手前衛君と

組む事になりました。


この5番手君、実はU14のステップ2に息子と

出た子です。

その時のお話しはこちら!

↓  ↓  ↓

http://ymmsk2000.hatenablog.com/entry/2019/08/27/210929


身体能力・センスはチーム1ですが

集中力がなく、飽きっぽい。

スーパープレーもするが凡ミスも多いタイプ

なのです。


2人が組むと攻撃力がかなり高くなるのですが

守備力の高いベスト8のペアとの試合で

一体どうなるのか、、


序盤、まだ身体が万全ではないのか

アッサリと相手から1ゲームを奪った息子ペア。


しかしゲームを進める内に、相手のテニス

偏差値の高さが窺える展開になりました。


繋ぎ方が上手く、大きなミスなどしてくれません。カッコ良さ、派手さはないがポイントを

重ねて行く、そんな印象です。


逆に息子ペアはスーパープレーはあるものの

イージーミスを連発。なんだかミスを

させられてる、、と思わされる程の

相手の落ち着き振りです。


結局このゲームは1-3で敗北。

プレーの内容的には負けていないだけに

残念な結果となりましたが、相手が

勝率の高いプレースタイルであるため

順当と言えば順当です。


ペア変更があった事もありますが

普段組んでいる2番手君もメンタルが

やや弱く、ミスを引きずるタイプです。

試合になると慎重になり過ぎる傾向が

あるので彼と組んでいても同じ結果だった

可能性も高いなと言う感じでした。


そんな中、1番手ペアは技術的に完成度が

上がっている、3番手ペアはペアとして

最近噛み合いが凄く良くなっていて

2人で1本が取れる。

こんな感じでかなり勝率が高い1日と

なった様です。


息子は結局終日5番手君と組んで試合を

したそうです。16のチームには1回も

負けなかったそうですが逆に8のチームには

ほとんど勝てなかったそうです。

※試合が多すぎて結果を完全には覚えていない。

私も仕事で3試合しか観れなかった。


もしかしたら16のチームはベストメンバーでは

なかったのかもしれませんが正直このチームの

山であれば息子チームはベスト16、いや

他で聞いた情報から総合するとこの後の

チームにも勝ってベスト8に行けた可能性すら

あります。


終わってしまった事なので何を言っても

どうにもなりませんが夏は絶対に

反撃したいと思います!!


そう言えば都大会前に練習試合を

2回、それぞれ別の場所でやっていたのですが

そのお話しを書いていませんでした。


その時の話しは練習試合【番外編】で

書いて行きたいと思います。