中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

引退試合

都大会で男子チームが敗退して4日後の

土曜日。


この日は2年生が引退する3年生を

もてなす企画、『引退試合』が

行なわれました。


これは2・3年生が色んな組合せで

試合を行うイベントです。

つまり、前衛・後衛を入れ替えたり、

組んだ事のない人と組んで試合をする事で

最後の交流を楽しくやろう!という

企画なのです。


私は午前中、少しだけ時間があったので

観に行きました。


まだアップの時間でしたが、普段よりは

皆リラックスして和気あいあいの

雰囲気です。


公式戦から引退して数日。

身体的な疲れも取れた事もあるのでしょう。


アップが終わると早速色んな組合せで

試合開始です。


前述の通り2・3年で組んだり、前衛・後衛を

入れ替えたり、ダブル前衛をトライしたり

本当に楽しそうにプレーしていました。


本来テニスは楽しいもの。


勝ち負けにこだわってこの2年間を

過ごして来たムスメ達ですが

こういったイベントはテニスの

楽しさを再認識出来て良かったのでは

ないかと思います。


時間が無くなった私は途中で会社に

向かいましたが、入れ替わりで

妻とムスコが見学に。


その後も楽しく、最後は1人1人の挨拶で

少ししんみり、、。


終了後も3年生達はコート内で記念撮影を

して解散。


その様子は妻の写真や、パパ友の写真で

沢山うかがう事が出来ました。


本当に充実した2年半。


この体験はきっとキミの宝物。


今後も充実した人生を歩む為に

まずは現実的な『高校受験』も

頑張ってね。


〇〇中、ソフトテニス部のメンバー全員!

お疲れ様でした!