中学〜高校ソフトテニス 応援記 (高3女子と中3男子!)

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

18年ソフトテニス新人戦 午前中

4月の高校入学から怒涛の試合・練習・

試合・練習・合宿・遠征etc・・を経て、

恐らくこれが一区切りとなる試合。


それが新人戦。


ただしこの試合でベスト64に残れず、翌日の

決勝大会に進めなければ、今まで

ベスト64に残った事のないメンバー

行われる普及大会に参加する事が

出来ます。


これはこれでチャンスが与えられる

良い試合だと思いますが、上を目指している

選手には不名誉なことでもあります。


まぁムスメの現在の実力からすれば

普及大会行きの確率の方が高い訳で、、

どうなる事やら。


試合前に朝練があるムスメを5時起きで

送ってあげるのは毎度の事ですが

シンドイ時があります。


しかしこの日は私はお休みだったので

それほど苦にならず。むしろ次の様なプランを計画していたので朝からワクワク気分です。


ムスメを学校へ6時着で送り届ける。

→部活休みのムスコと8〜10時でテニス。

→妻とムスメの応援へ。私は久々に最後まで

試合を観戦。


と言う流れです。


ただし妻はムスコと彼の夏休みの課題

の為の展覧会に行く予定があるので

時間制限ありです。


という訳でムスメを送り届けた後、

朝食を取りムスコと彼の部活仲間を

1人加えて、3人で一緒に練習をしました。


この日は朝から猛暑。

たまに軽い筋トレをする程度で運動不足の

私には堪える暑さです。


しかしまだまだフォームも固まっていない

初心者の中学1年生。


練習するにも試合をするにも体力を

温存しながらお相手させて貰う事で

なんとか乗り切りました。


サーブ練習、レシーブ練習、ストローク練習

試合、と2時間タップリ汗を流しました。


ムスコらもほんの少しずつですが

上手くなってます。


前回よりもラケット捌きなどか少しでも

良くなっているのを見て取れるのは

幸せな事です。


人の成長を感じられるって面白い!


たまに家族そっちのけで子供達の指導を

している顧問や指導者を見かけますが、

こういう所に、言い方悪いけど、中毒になって指導してるのかなぁと感じました。


ま、とにかく現時点では2人とも

楽しそうにテニスをしています。


それだけであたしゃ、満足ですわ。