中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

16年秋の新人戦 個人戦③

いよいよ始まる準々決勝。


勝てば都大会。


大事な大事な試合です。


キャプテンペアも順当に勝ち上がって

います。


彼女らと試合するには決勝まで行かないと

いけません。


準々決勝の隣のコートでは私が

注目しているKMさんも戦っていました。

彼女の調子も気になる所ですが、

ムスメの応援に集中です。


準々決勝からは7ゲームです。


いつもより頑張れ〜!の念を強く

送りました。?

祈りに近い感じです。


そしてついに試合が始まりました。


通常トーナメントは勝ち上がるにつれ

相手が強くなります。


今回もそれは間違いなくそうなのですが、

2試合接戦を経験したムスメらは

良い意味で吹っ切れた様です。


またレベルが高くなる事で

打ち合いのテンポが上がります。


しかしそれが逆にSRさんのテンポに

どハマりしたのでした。


速いストロークがビシビシ決まりました。


メンタルというのは本当に大事です。


これまでの2試合はメンタルにより

苦戦しましたが、この試合は

好循環の波に乗る事が出来たのです。


結果・・・。


4-2の快勝!


なんと都大会の出場権を獲得したのでした!


彼女らにとって初の都大会。

これで団体・個人両方で参加資格を

手に入れたのでした。


私にとっては、今後の楽しみが増えて

テンションも最高潮。


勝ち上がりペアが減っていくのですぐに

KMさんペアとの準決勝が始まります。


実力的には厳しいかな、とは思いましたが

前衛には隙がありますからノーチャンス

ではないと思っていました。



都大会出場のプレッシャーから開放

されたからか、SRさんが伸び伸びして

いる様に見えます。


1ゲーム目。


KMさんの強烈なストローク

続けざまにポイントを失い、

あっと言う間に1-3。


しかしここからムスメらの反撃が

始まりました。


驚いた事に、SRさんはプレースタイルを

変えたのです!


今までは強打には強打で返す、

ガチンコの打ち合いのみ、ってスタイル

だったのに、コースの打ち分けを

行い、左右にKMさんを振り続けたのです。


厳しく、絶妙なコースに打つ事で

前衛も取れない、更にはKMさんの強打も

封じたのでした。


デュースに持ち込み、何度も

アドバンテージを取られながらも

新しいプレースタイルで

やはり強打オンリーのKMさんを徐々に

追い込んで行ったのです。


そしてついに1ゲーム目を奪取!


おー!あんな状況から1ゲーム獲った!

もう父は満足だ!

なんて考えていたこの瞬間の事を

私は謝罪しないといけません。


完全にリズムに乗り、相手のリズムを

狂わし.終始ゲームをコントロール

したムスメペアはその後もKMさんペアを

圧倒。


なんとこの日初のラブゲーム、

4-0で快勝したのでした!


信じられません。


別ペアだったとは言え、1週間前の

団体戦で当たった時は何も出来ずに

完敗したのに・・。


本当にわからないものです。


ムスメペア、特にSRさんのショットが

ことごとく決まったから、というのは

ありましたが、まさかストレートで

勝つとは。


あまりにもSRさんの内容が良かったのは

確かですが、要所でポイントを

ソツなく獲ったムスメも貢献度は

高かったという事だけは付け加えて

おきます。?


隣のコートでは同時に始まった

もう一つの準決勝がまだ行われています。


同じチームのキャプテンペア達です。

彼女らが勝てばムスメペアと決勝で

対決です。


このもう一つの準決勝は

ファイナルゲームまでもつれました。


両ペアとも動きが硬く、どちらに

勝利が転んでもおかしくない展開でした。


しかし最後はキャプテンペアの粘り勝ち!


なんと決勝戦は同校対決になったのでした。


この頃私には仕事の時間が近づいて

いましたが、決勝戦は最後まで観る

つもりでした。


準決勝のそれぞれの内容から見て、

今日に限ってはムスメペアの勝つ

確率は高いと考えました。


ついに始まる決勝戦。


準決勝でハマった戦略でコーナーを

狙うSRさん。しかし今度はそれが

狙い過ぎてことごとくアウトになります。


ほぼ自滅の様なカタチであっと言う間に

2ゲームを失ってしまいました。


その後ペースを掴んでゲームカウント

1-2に。しかし流れは変わらず1-3。


途中前衛同士のボレー反応対決も

あり、見所はありました。


追い上げてゲームカウント2-3。


しかし、最後は押し切られて2-4の決着。


結論から言うとこれは作戦ミスだったと

思います。


準決勝のプランがあまりにハマったので

コースの打ち分けにこだわり過ぎた様に

感じます。


今日のSRさんの出来なら、普段通りの

ストロークの打ち合いで圧倒出来た筈です。


しかし、ムスメらは準決勝の出来に

満足感があったのか、同校対決だったからか

清々しい笑顔で大会を終えたのでした。


その瞬間、私は会社に向けてダッシュ

したのは言うまでもありません。?