中学〜高校ソフトテニス 応援記 (高3女子と中3男子!)

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

19年中学新人戦都大会地区予選①

いよいよこの日がやってきました。

 

泣いても笑ってもの1発勝負。

 

この日のトーナメントで決勝まで進まなければ都大会には進めないのです。

 

シード決めの研修大会の時に、暑さと緊張で会場へ行く途中に体調を崩した1年生が

居たので、今回は私も会場までの道のりを引率をする事にしました。

 

顧問の先生ともう一人の父兄の方と3人で引率。

 

妻は後からの会場入りです。

 

いち早く会場入りする事でトーナメント表も早く見れます。とにかく組み合わせを見たいのは事前に予想をしていたからです。

 

第1シードから第8シードまでの予想でしたが1か所予想と違うペアが入っていましたので計2か所違ってましたがほぼ予想通り。

 

息子ペアの準々決勝の相手はドンピシャ正解でした。

 

息子は結構アタマを使うタイプなので、事前に組み合わせをイメージさせておいた方が

良いだろうと思い、予想表を見せていましたが、当たっていて良かったです。

 

開会式も終わり、試合が開始されました。

 

息子はシードなので、まずは審判からです。

 

第1試合まで1時間半以上待たされようやく1回戦(実質2回戦)スタートです。

 

この辺りは問題ありません。3-0で危なげなく勝利。続く3回戦もストレート勝ちでした。

 

4回戦。ここは少し打てる子達でした。相手のラッキーもあり、1ゲームを失いましたが

3-1で無事勝利。

 

次はいよいよ準決勝です。

相手は予想通りの同校4番手ペア。

 

しかし後衛のショットは息子より速いボールだし、前衛は素質だけなら

ナンバー1。練習をまじめにやらない傾向があるのでもう一伸びが来ないし

ポカミスもやります。※後衛の子は真面目に練習します。

 

油断はならない相手なのです。

 

ちなみにこのペア、悪い方が4回戦で出ました。

相手が良かったというのもありますが、結構押されてファイナルまでもつれたのです。

 

ファイナルは7-3で退けましたが、ゲームカウント1-2からの逆転だったので

危なかったです。

 

それにしても研修大会から3週間ですが、この前には存在感が無かったペアが

いくつか上位進出を果たしていました。

 

短期間でも伸びる子は伸びるのだなあと感じました。

 

準々決勝以降は②で!!