中学〜高校ソフトテニス 応援記 (高3女子と中3男子!)

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

練習見学

とある父兄の提案・ご尽力のおかげで

息子の中学ソフトテニス部が

高校の練習に参加させて貰える事に

なりました。

 

お相手の高校は娘の高校。

 

そのとある父兄も以前長男さんを

その学校に通わせていたので

(娘も口実にされた?)監督さんに

お願いして実現したと言う訳です。

 

娘が中学の頃は土曜日の午前中にでも

もしくは休みの平日の午後からでも

娘の練習を見学に行く事が出来ました。

 

実際現在もたまーに息子の練習の様子を

覗いています。

 

しかし高校にもなると、まず場所が遠いし

親が練習見に行くなんて、さすがに

娘にも引かれるし、、、

 

今回息子が行けるとなれば大手を振って

見学に行ける訳です。笑

 

メンバーは2年生全員と1年男女3ペアほど。

 

2年男子は4名ですが、2年女子、1年男女は

10名以上在籍しているので大人数過ぎるので

少し絞った訳です。

 

それでも30名を超える人数。集合駅から

50分かけて行くのに顧問の先生は都合が

悪く、引率はなんと無関係の先生1名。

 

トラブルがあってもいけないので

私は午後出勤に。妻と引率役を担いました。

 

他に引率はもう1人。その方は現在の

女子キャプテンのお母様。

 

その女子キャプテンのお姉さんも同中学で

キャプテンをしていて、娘も2年間お世話に

なりましたので、よく知った仲です。

 

無事に高校に到着。

 

早速子供達は高校生とアップを始めます。

 

寒い時期だからか入念なアップ。

40分くらいかけていました。

 

私ならもうそれだけで1日動けなくなる

だろう運動量です。

 

そしてボレーボレー・ショート乱打。

 

技術が未熟な中学生ではなかなか

続きません。

 

そこで高校の監督さんが技術的な解説を 

デモンストレーションを交えながら

行います。

 

今習った事をキチンと素直にやろうとして

いる子が多く、少し良くなっている様に

見えました。

 

更に高校生の方々が

出来てない子には個別にアドバイス

する事で補完しています。

 

どうやら充実した練習になりそうです。

 

私は仕事の時間が迫ってきていたのですが、ここで監督さんから

『お父さん方も是非打って行ってください、さぁ。』とグイグイ

来られた上に、『おい!〇〇!お父さんの相手して!』と乱打

相手も決めてしまうものですから、ついついラケットをお借りして

打たせてもらう事に。

 

アップもなしに打ちましたが、ガットが柔らかかった事、さっき

聞いた事をイメージしながら打った事で思ったよりもスムーズに

打つことが出来ました。

 

もちろん相手をしてくれた方のコントロールあっての事ですが。

 

それにしてもガットのテンションには驚きました。

柔らかい方が自分には圧倒的に打ちやすい!

 

自分のガットがいかに硬いか思い知らされました。


元々学生の頃からガットの数値など

気にした事がなかったのですが

少なくとも、今の私のスイングスピードなど

を考え、フィーリングとも照らし合わせる

ともう少し柔らかくした方が良いのは

間違いなさそうです。


問題は今のガット数値がわからない事。


これはショップに行って相談する事に

して、仕事の時間になった私は挨拶を

してその場を離れたのでした。


帰った後、息子に聞いたら充実した

練習が出来たそうです。


ちなみに娘は15時まで中学生達と練習した

後、インドア練習の為に別の市の

体育館に行き18〜21時まで練習しました。


信じられない練習量です。  


ここまで行くとやはりなかなか

楽しいだけで練習してられないな

という印象です。


やり過ぎてまたケガすんなよ、娘!!