中学〜高校ソフトテニス 応援記 (高1女子と中1男子!)

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

疲労骨折

足の痛みを訴え、レントゲンを

撮ったムスメ。2つの病院で確認して

貰いましたが、折れてはいませんでした。


しかし、疲労骨折の可能性があったので

MRI検査をする事に。


検査の結果、やはりと言うか疲労骨折の診断が下りました。


これまでケガとは無縁でしたし、

高校の練習も体力的についていけて

いましたが、やはりハードワークである

事は間違いありません。


練習はしばらく見学。球拾いは

ドクターストップ。足に負担が

かからない筋トレならOK。

という感じでリハビリ生活に

入ることになりました。


2週間後に控える、高田商業(18年男子インターハイ優勝、女子インターハイ出場。)への

遠征は参加は不可能と思われました。


しかし、ムスメは参加する事に決定。


プレー・練習はしませんが見学して

全国レベルを肌で感じるだけでも

勉強になるから、という判断です。


しかもムスメの監督が言うには

高田商業の監督さんの1番側に居ろと。


監督さんは選手への指導を大声で

しますし、選手のプレー一つ一つに

独り言とも言える呟きをするそうで、

それが実に為になるそうです。

※しかも先輩方からはその事を非常に

  羨ましがられたそう。


今までムスメは自分の事しか

見ずに練習を重ねて来ましたが、

コレは逆にチャンスかもしれません。


ソフトテニスと言うものを深く知る

チャンス。


活かせるかどうかはムスメ次第。


気持ち一つです。


ケガを後退と取るのか、飛躍の為の

助走と取るのか。


繰り返しますが本人次第。


ケガしちゃったし、あまり頑張れよ

とは言えませんがイチファンとして

応援してるぞー!