中学〜高校ソフトテニス 応援記 (高1女子と中1男子!)

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

18年多摩地区大会

本日8月10日は多摩地区大会が開催され

ます。


組合せはこちら!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://www.tokyo-hswstc.com/record/2018chiku/tamapro.pdf 


ムスメも参加する訳ですが、組数は

約160。


ベスト16に残ると明日の決勝へと

進めます。


ムスメの出番は12時半以降。

よって私は観られません。


9時からだったら観に行けたのですが、、


なので空いた午前中はムスコの練習見学へ。


今年は例年より暑いため、ムスコの学校も

対策を取っており、体調が悪くなったら

すぐ休憩を取り、それでも回復しなければ

親付き添いの元帰宅しないと

いけません。


体力がまだまだの1年生は途中帰宅が

相次いでいます。


ムスコも1度途中帰宅した事があります。


まぁ、体力があるから熱中症にならない

と言う訳ではありません。


この対策は賢明です。


命をかけてまで部活をやる必要は

ないですから。


話しを戻します。

前回のムスコとのコソ練から約10日。


ちょっとずつ上手くなってるのが

見学しててもわかります。


この時期は1週間経つだけで打つ球の勢いや

フォームが安定してくる様子がわかる

ので、観てて楽しいです。


ムスコも決して運動神経が良い方では

ありません。手先は器用なのですが

運動の、、反射神経と言うか咄嗟の時の

動きにセンスがある方ではないと言うか。


まぁでも硬式経験者を除く、同級生よりは

今のところ打てています。


来週もムスコとのコソ練を予定しています。


ヤル気が続いているウチは付き合って

やりたいし、それが1年後2年後まで

続いていたら負けるかもしれないので

最近は私がコソコソ筋トレしている

次第です。


こっちは何もしないと落ちて行くだけ

ですからね。


少なくとも中学の間は、彼に立ちはだかる

壁になりたいワタシなのでした。