中学〜高校ソフトテニス 応援記 (高1女子と中1男子!)

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

関東大会への道〜個人戦〜

その後、女子ソフトテニス部は

ムスメを含めて5人入部。


関東大会予選ももう1組エントリーが

間に合ったそうで、1年生は2組出場

する事に。


4月22日にまず予選が色んな会場で

消化。※前回のお話しで会場は家政大付属

と書きましたが、実際は現時点では不明

との事でした。


そこでベスト64まで絞り込み、29日に

家政大付属にて関東大会への

切符をかけて最終決戦に

臨むと言う流れです。


参考にしたのは以下のサイトです。

http://www.tokyo-hswstc.com/


このサイトの昨年の結果を見ると

ベスト64以降の結果のみアップされて

います。


中学の時の感覚的で言うと、22日が

地区予選。29日のベスト64以降が

都大会と言った感じでしょうか。


つまりベスト64に残らないとサイトに

名前が残りません。


相変わらずこの辺り、ソフトテニス界は

遅れています、、


それはさておき、そのトーナメント表を

チェックすると合計20ペアに黄色いマーク

が付いています。


どうやらこれが関東大会に進んだペアの

様です。しかしそのほとんどが全国1、2を

争う強さを誇る文大杉並のコ達。


それ以外も都内屈指の強豪、千代田女学園

国本の選手ばかりが関東大会へ

進んでいます。


さて関東大会ですが、2回勝ってベスト16に

入ると進出出来る様です。


残りの4ペアはベスト32で敗れた

16ペアでトーナメントを行い、

4ペアに絞ります。


つまりそこで2回勝つ必要があります。


中学の時より関東大会へ進めるペアが

多いものの、中学から高校に進学する

段階で強い子ばかりがソフトテニス

続けている傾向にありますので

むしろかなり厳しい条件なのです。


3年間の間にベスト32まで残り、

敗者復活戦まで行けるくらいに

成長してくれたら、応援も熱が入る

だろうなと勝手な妄想をする父なのでした。