中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

17年 選手権都大会団体戦 番外編②

男子チームは先に会場入り。


ムスメ達は私と、ほんの1時間位の

差ですが後から向かいます。


電車で約1時間。


彼女達の普段の様子が垣間見れて

こちらも楽しくなってきます。


どうやらもう敗戦からの引退の

ショックも和らいだ様です。


若くて切り替えが早いのか、まだ

実感が湧かないのか、、。


受験勉強も本格的に開始ですから

ショックに浸る暇も無いだけかも

しれません。


男子の活躍もショックを和らげた

要因かな?


会場に着いて、普段あまり顔を

合わせない男子チームの父兄にも

ご挨拶。


ただし、先日の女子チームの応援にも

わざわざ来てくれた方もいたので

顔馴染みの方も何人か。


またこの日は女子の勝ち残りチームも

試合をやっているので、タイミングが

合えばムスメ達を負かしたトコが

どこまで行けるのか観たいなー、とも

思っていました。


この日は残った学校にとっては関東大会へ

行けるかがかかった大事な試合です。


関東大会のリンクはこちら!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://www.kai.ed.jp/st-kanto/


関東大会に進むにはまずベスト8に

入る必要があります。


決勝に進んだ2チームが無条件で関東へ。


準々決勝で敗れた4チームが1試合消化して

2チームへ絞ります。


その勝ち上がった2チームが準決勝で

負けた2チームとそれぞれ対戦し、

そこで勝った2チームが関東へ行ける

様です。


都大会参加160校強。その内わずか

4チームが関東大会です。


ハッキリ言ってここまで勝ち進めるのは

私立でソフトテニスに力を入れている

トコと、公立でも地域柄ジュニアチームが

盛んな学校ばかりです。


男子チームがこの日で当たる初戦も

そんな私立中学の一つなのです。


2面展開で試合開始。


男子団体戦はエースペアを分け、

別のペアを作ります。


そうすると団体戦ではその2ペアで

勝ち星が拾いやすくなるからです。


1番手の片割れ、左右スイッチヒッター

相手は敵の1番手。

※以前の記事で少し触れた事がありますが

  基本、左右のフォアで打つんです。

  もちろんバックが下手な訳では

  ありません。


もう一人の1番手の相手は敵の3番手の

様です。


それにしても男子のベスト16以上は

レベルが高い。


前衛の動きがとにかくスゴい。


少しでも甘くなろうものなら、その

瞬発力でバンバン飛び出して打って来ます。


自分が現役の時、それも高校の時に

こんな動き出来たか?ってくらい

スゴいプレイヤーが揃っています。


最初に決まったのはスイッチヒッターペア。

なんと0-4での敗北。


後で調べたら、相手は個人戦ベスト8。


でもそこまでの差は無い様に感じましたが

、、、わからないものです。


空いたコートには3番手ペアがすぐに

試合開始です。


、、と思った矢先に今度はこちらが

4-1で勝利を決めました。


したがって3試合目にチームの

勝敗が委ねられた訳です。


しかし、相手はチーム2番手。


ハッキリ言って強い!


明らかな格上相手に防戦一方。


あっという間に0-3に追い込まれました。


しかしそこから驚異の粘りで2ゲーム奪取。


これは大逆転なるか!?と思わせて

くれましたが、最後は地力の差が出て

押し切られました。


スコアは2-4。


チームスコアは1-2。


残念ですが、総合的に相手の方が

強かった。


負けはしましたが、内容的には悪く

なかったと思います。


男子チームもエースペアが小学生の頃から

硬式をやっていたものの、ソフトテニス

全員中学から。


そんなメンバーでベスト16は立派な

成績です。


それに高レベルな男子の試合は

ホントには面白い!


長男君が来年中学に入ったら、

また観に来れるなぁ、テニス部

入んないかなぁとか考えてしまった

ワタシなのでした。