中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

17年 選手権都大会団体戦 3回戦②

3回戦の組み合わせは以下の通り


①ムスメペアvsベスト16ペア

②キャプテンペアvs3番手ペア

③ルーキーちゃん・OAさんペアvs2番手ペア


相手は順番を入れ替えて来ました。


②の試合に3番手を入れて1番手に

ぶつけ、言い方は悪いですが、その試合を

捨てた訳です。


こちらの変更も1点。


③のペア編成をまたまた変更したのです。


ルーキーちゃんとOAさんという、

公式戦では初の組み合わせです。


吉と出るか凶と出るか、、


ムスメペアが勝てば、チームとして

ほぼ勝ちが決まる。


それがわかっているから相手も

先鋒に自信のあるペアを持って来る訳です。


試合が始まると相手の怒涛の攻めが

展開されました。

前衛アタックもして来るし、狭いサイドでも

ガンガン打ち込んで来ます。


ストロークが強く、技術レベルも高い

正統派で、全ての分野で

ムスメペアの上を行くプレーヤーです。


こちらは相手のミスかスーパープレーが

出ないとポイントが取れないと

言いましょうか、、。


結果残念ながら0-4の完敗となりました。


個人戦3回戦の時の相手よりは絶望的では

なく、何度かゲームも取れそうでしたが

ダメでした。


続く2戦目。


前衛に弱みがあるとは言え、後衛の

技術レベルはムスメチームの誰よりも

高い可能性がある、グッドプレーヤーです。


その真価が1ゲーム目から発揮されました。


また、ここまで後衛と前衛でレベルの

違うペアと試合をした事がないせいか

キャプテンペアはなんだか攻めづらそう

です。


デュースにつぐデュースでなかなか

ゲームを取らせてくれません。


しかしここを落とすと負けが決まるだけに

1ゲーム目から主導権を握らせる訳には 

行かないのです。


それにしても相手チームながら尊敬に

値する粘りを披露する後衛さん。


しかしポイントを重ねるごとに、この相手

との戦い方がわかって来たのか、ポイント

奪取率が上がって来ました。


結果ファーストゲームこそもつれたものの

そこを押し切ったキャプテンペアが

4-0の勝利


勝負の行方は3番手ペアに移ったのでした!


チームの勝利がかかる大事な3戦目。


そこに初の組合せとなるペアで

大丈夫なのだろうか?

 

しかも相手はチーム2番手ではっきり言って

強い。


チームの勝ち負けを1年生に委ねる

状態です。


彼女にそれがプレッシャーにならない

だろうか。


しかしルーキーちゃん、プレッシャーなど

まるで感じさせない伸び伸びとした

プレーをします。


妻が『ルーキーちゃん、良いね。普段

前衛サイドを守ってるけど、後衛サイド

の方が本来のイメージが出てやりやすい

んじゃない?』と言ったのが当たりかも

しれません。


普段はMSさんと組んで前衛サイドで

打っていますが、本来の後衛サイドに

入る事で自分の打ちたいコースへ

打ちたいスピードで打てている様に

見えます。


それでも序盤は互角の展開。


1-0  1-1 1-2  2-2とゲームが進んで行きます。


胃が痛くなるほどの緊張感、、。


5ゲーム目。


先に王手をかける為にも大事なゲーム。


そこでルーキーちゃん、ギアを上げたの

です。(そう見えただけでホントのトコは

わかりませんが。)


まるで、相手のプレーを全て見切ったかの

様なショットの連発でゲームを支配

して行きます。


周りの応援も益々ヒートアップ。


こうなると勢いが更に加速。


それまで苦戦していたのがウソの様です。


結果4-2で勝利!!


当然チーム勝利も確定です。


信じられません。


ほんの数ヶ月前まで小学生だった

ルーキーちゃんの大活躍でチームが

救われたのです!


前回の秋の都大会ベスト16のチームを

破り、これでベスト32に進出です。


後1回勝てば翌々日のベスト16以上の

試合に進出出来るのです。


引退が2日伸びてしまうのです!


ムスメ達も我々父兄も大興奮です。


相手チームが秋も同じメンバーで

戦ったのかは不明です。


そうでないとしたら、、もし相手が

ベストメンバーだったら、、そんな事も

考えてしまいますが、今日!勝ったのは

ムスメチームです!


しかし、この大活躍がきっかけで

4回戦を前にちょっとした事件が

起きたのでした、、。