中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

17年 選手権都大会団体戦 3回戦①

ベスト16が決定されるその時まで、

基本的には同じコートで試合が続きます。


ウチの山には10チームが存在し、そこで

勝ち残る事がベスト16になるという事

に繋がります。


なので、ムスメチームが3回戦進出を

決めた直後、件のベスト16チームの

試合が始まったのでした。


その1ペア目・2ペア目の試合を観て

愕然としました。


強い、、。


特に1番目に出て来たペア。


調べたら2日前の個人戦も前回の都大会

個人戦もベスト16に入っているペア

なのでした。


これは正直ムスメチームの誰が当たっても

キツいな、と感じました。


2番手も強い。


しかし3番手ペア。


後衛のコは非常に上手いのですが、

前衛のコは小柄で体も白い。


動きも良くありません。


明らかに実力不足の1年生と思われます。


これはどういう事なのか。


正選手がケガでもしてしまったのか、

何か部員が集まらない、例えば事件

などがあったのか、、。


案の定1・2番手の勝利で試合を決めた

ものの、3番手ペアは敗戦してしまいました。


徹底的にその前衛が狙われたからです。


しかし驚いた事に、負けたとは言え

3番手の後衛のコは相当粘りました。


自分のサーブ・レシーブの時にポイントを

稼ぎ、それ以外の時は前衛をカバー・ケア

しながら走る事、拾う事。


ほとんど1人でやっているにも

関わらず、試合にしてしまっているのです。


しかし弱点を攻めない余裕など

ムスメチームにはありません。


誰がこのペアに当たろうとも

前衛を狙い、勝ちにいかなくては

チーム勝利はあり得ないでしょう。


勝てる可能性は見いだせたものの、

1・2番手のどちらかに勝たないと、

とか相手チームにもう一人メンバーが

居たらどうなるのかなど色々

考えてしまいました、、。