中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

17年 選手権都大会団体戦 試合開始前

2017年7月23日 日曜日。


この日都大会団体戦でベスト16に

残れなければムスメは(もちろん

メンバー全員)引退です。


会場は小金井公園


参加校168。


ムスメチームはブロック推薦という

通常の地区予選を勝ち抜くルートよりも

価値の高いと思われる参加資格で

都大会に臨んでいるのにも関わらず

トーナメント最下層からのスタート。


ここからのスタートだと1回勝って

ベスト128。ようやく普通の学校と

肩を並べられる訳です。


つまりベスト16に入り、25日火曜日に

有明へ行くには4回勝つ必要があるのです。


ムスメチームの居る山は10校。

この中には前回の秋の都大会において

ベスト16に入ったチームが2校あります。


ムスメ達が順当に勝ち上がった場合

それぞれ3回戦、4回戦で当たる事に

なります。


他の山では当然ながらベスト16以上が

2校重なっているトコはありません。


しかしベスト8以上の実績を残している

山に入るよりはよっぽどチャンスが

あるのではないかと私は考えていました。


1・2回戦の相手は秋の都大会には

参加出来ていないチームです。


もちろんその2校のそれぞれの地区は

元々強豪揃いの地区。


秋に出ていないからといって強くない

とは限りません。



当日早朝。


この日は息子が臨海学校へ出かける日

だったので、妻はお見送りへ。


お見送り終了次第、急ぎ車で会場へ向かう

という流れです。


私は一足先に会場入り。


何しろ最下層からスタートするムスメ

チームは各コートの第1試合になるのです。

※実際都大会プログラムで第1試合に

  なる事は決まっていました。


お見送りをしていると試合開始に

間に合わない可能性があります。


そして1回戦で負けてしまえば

引退の瞬間を見逃す可能性があるのです。


念には念を入れ、受付開始8時30分よりも

更に早い8時に会場入り。


なんと先に出発したムスメ達がバスの

降り場所を間違えた事もあり、彼女達より

早く到着してしまいました。


到着後、受付を済ませムスメ達は

アップ開始。


試合を行うコートのある場所に入る為の

ゲートが開くまで私の様な父兄は待機です。


9時過ぎにようやくゲートが開くと

並んでいた選手達が順々に会場入り。


同時に妻が到着。


これで夫婦揃って応援出来そうです。


いよいよです。


自分の試合でもないのに、興奮度が

上がって行くのがわかります。


ムスメ達!ブロック推薦なのに

最下層に入れた連中(←失礼)を

見返してやれ!などと考えていたら

1回戦が始まりました!