中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

17年 選手権都大会個人戦④

3回戦辺りから試合と試合の間隔が短く

なって来ます。


トーナメントは1・2回戦を消化するのが

非常に時間がかかりますから、、。


従ってこちらではキャプテンペアが

向こうでは男子の1番手ペアがコール

されるなんて状況になっています。


取り急ぎキャプテンペアの試合を観に

行きましたが、ムスメペアもいつ

呼ばれるか、、。


はたしてキャプテンペアがなかなかに

強そうなペアに1-2とリードされている

タイミングでムスメペアがコールされた

のでした。


そちらへ急ぐ私と妻。


ムスメペアの相手は前回都大会で

ベスト8に入った2年生。


恐らくジュニアの頃からやっている

選手なのでしょう。


普通にやってムスメペアが勝てる相手

ではなさそうです。


試合開始を待っているとキャプテンペアが

1-4で敗れたとの情報が。


3ゲームを観た限り、最終スコア程の差は

感じませんでしたがちょっとした流れで

一気に試合が進んでしまうのが

ソフトテニス


残念ですが、団体戦に気持ちを

切り替えて貰いましょう!


そしてムスメペアの試合。


ハッキリ言って実力の差は歴然。


特に驚いたのは後衛のコのカットサーブ。

うなりを上げる様な回転数で

ネットギリギリから入って来て

ほとんど弾まないのです。


しかも高確率で入るのですからたまりません。


低すぎるバウンドで当てる事さえ

難しいのです。


なんとか返しても体勢は崩れてるし、

チャンスボールになるしで次のショットで

決められます。


前衛のコのサーブの時にチャンスが

あるかと思っても元々のストローク

技術の差と後衛サーブのプレッシャーで

アセりが生まれているのでミスも多発。


完全にゲームが崩壊したかと思いました。


しかしそんな状況でもムスメペアは

入念に打ち合わせを繰り返し、打開策を

探している様です。


それでもゲームは0-2、0-3と進みます。


最後まで対策を模索しながら

特にこちらのサーブゲームでは

集中力を上げて挑み続けました。


しかし2ゲーム程デュースに持ち込むのが

やっと。


結局0-4の完敗でした。


私的には少し後悔です。

ムスメの試合前に相手ペアの試合を

1ゲーム(レシーブゲーム)だけ観戦していたからです。


せめてサーブゲームも確認していれば

ムスメペアに心の準備をさせて

上げられたのに、、。


だとしても勝つ事はもちろん出来なかった

でしょうが、もう少し試合になった

のではないかと思います。


その間行なわれていた男子1番手ペアは

順当に勝利を上げ、これでベスト32。


ベスト16に入れば翌日に進めます。

そしてそこで敗れても、敗者復活戦を

勝ち上がれば関東大会へ行けるチャンスが

ある様です。


女子チーム最後のMSさん、OAさんの

試合前に、男子キャプテンペアの試合を

少しだけ観戦する事が出来ました。


やや押されているものの、技術的に

遅れを取っている感じはありません。


はたから観ていても良いゲームを

していました。


しかし最終的には1-4で敗れたそうです。

相手は団体戦ベスト4常連の学校のコ。


やはり地力の差が出た様です。


そして始まったMSさんペアの相手は

前回都大会個人ベスト16。

そしてその都大会団体戦1回戦で

当たって敗れた因縁のチームのコ達です。

※もちろん格上の彼女達は因縁など

  感じていないでしょうが。


トータル力はやはり相手が上。


しかしこの日のMSさんはキレてます。


お互いに良いショットの応酬で

ポイントが決まります。


なかなかの好ゲームなのですが

重要なポイントは相手が確実に

取っていきます。


試合の流れをよくわかっています。


強豪チームは強いトコと練習したり

対戦する事で更に強くなって行きます。


勝敗を分けたのは正にそこだと思います。


内容が競っていても自信を持ち、積極的な

プレーをして来ます。


結果1-4の敗北!


悪い内容ではありませんでしたが

やはり強かった。


団体も個人も上から20番目までは

やはり強い。


単純にレベルの違いを感じさせられました。


意識の差もあると思います。


つまりベスト16を目標にしているムスメ達と

それは通過点で関東大会を本気で

狙っているチームとの意識の差です。


それはきっと普段の練習から現れる

ものなのでしょう。


ムスメ達が本気で練習していなかった

訳ではありませんが、やはり上位チームは

その上を行く努力をしているのだと

感じさせられた1日となりました。


ちなみに試合の進行が遅れ、男子1番手ペア

の試合は翌日に持ち越されました。


そこで強豪チームに敗れ、ムスメチームは

全滅。


終結果は以下の通りです。

男子1番手ペア  ベスト32

男子キャプテンペア ベスト64


女子3ペアともベスト64。


次はいよいよ団体戦


ホントのホントに負けたら引退です。


最後まで頑張れー!