中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

17年選手権都大会 個人戦②

初陣を切ったキャプテンペア。


舞台は都大会。


レベルの差こそあれ、各地区から

代表権を勝ち取って来たコ達が

集まっている訳ですから甘いペア

なんてなかなか居ません。


キャプテンペアの相手も

試合前乱打を見る限り、基礎がしっかり

してそうです。


しかしここの所、ストロークの安定感

アップが著しいキャプテン。


こ気味の良いショットでポイントを

重ねます。


しかし実はペアのSAさんは手首を少し

痛めていて、本調子ではありませんでした。


たまに手首を振りながら試合をしています。


ケガの影響からかボレーミスも少し

ありました。


しかし、要所要所はポイントを決めて

結局4-1の快勝!

2回戦へ駒を進めたのでした。


次に順番が回って来たのはムスメペア。

MSさん、OAさんペアの試合予定コート

は進行が遅く、まだ順番が廻って来ません。


上手くいけば、両方とも観れそうです。


そんな事を気にしながら試合前乱打で

相手のペアを観察。


私の見立てではこちらに分がありそうです。


ムスメ達もそれを感じとったのが

わかりました。


なぜなら、2人の動きが硬い!


これなら勝てるかも、という思いが

逆に緊張感を生んでいるのが

見て取れます。


何しろ先ほど勝ったキャプテンペアは

仲間でもあるけど、ライバルでもある。


そんな2人が快勝した事がプレッシャーに

なる訳です。


まったく・・どうなる事やら・・。