中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

17年選手権都大会 個人戦①

いよいよ都大会個人戦当日。


この日の為にスケジュールを調整。

つまり1日応援する為に休みを取りました。


朝から妻と2人で会場の有明テニスの森

向かいます。


息子は臨海学校を控え、午後から

学校に登校しないといけないので

不参加です。


会場に着くと当然の事ながら中学生だらけ。


男女合わせて300ペア近い参加者と

応援するチームメイト。


更に私の様な父兄が来ていますので

場所によっては歩くのも困難になる程

混雑します。


それにしてもこの日は暑い!


観てるだけでもツラいのに、この中で

プレーする選手達は本当に大変だと

思います。


トーナメント表はネットで発表されて

いますが、都大会のプログラムを

100円で購入。


これには誰がどこのコートで何番目に

試合をするかがわかる進行表が

載っているからです。


ムスメチームからは男女合わせて5ペアが

参加。


進行表によると、キャプテンペアが

5試合目。


ムスメペアとレフティのMSさんペアは

9試合目。


男子ペアはそれぞれ10・11試合目でした。


と、ここでサプライズ。


MSさんのペアがルーキーちゃんではなく、

ケガから復帰したOAさんになっていたの

です。


これは顧問による温情から来る采配

なのか。そうだとして温情采配が

そもそもルール上許されるのか、

色々な考えや感情がよぎり

ましたが、ケガの後、初めて試合に出る

チャンスがOAさんに与えられた事は

素直に嬉しかったです。


さて、会場到着から2時間以上が

経過し、ようやくチーム初陣の

キャプテンペアがコールされたのでした!