中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

17年 選手権大会地区予選 団体戦③

順延された順位決定リーグ戦を前に

中間報告です。


順位決定リーグ戦は都大会出場が

決まった5チームによって争われます。


という事はここで中学ソフトテニス

引退、となった選手がたくさん居る訳です。


ムスメチームを除く4チームの中には

都大会出場が決まり、選手だけでなく

父兄まで泣いて喜んでいたそうです。


もちろん喜びの涙があれば敗者の涙も

ある訳です。


個人戦で4位になり、都大会進出を

決めたコはチームの進出は叶わなく、

妻から見て少し寂しそうだったとの事。


また春季大会でムスメチームを予選で

苦しめ、その後決勝トーナメントで

準優勝を果たしたチームが途中敗退する

という番狂わせがあったそうですが

そこも選手だけでなく父兄が涙していた

そうです。


その場に居たらもらい泣きしていたかも

しれません。


子供達が頑張ってるのは親は見てます

から・・。


つくづくムスメのペアのコ、団体戦メンバー

の仲間に感謝です。


6月25日の順位決定リーグ戦まで後わずか。

ムスメ達に残された試合も後わずか。


最後まで集中して頑張ってね!