中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

17年 春季上位ブロック大会 個人戦①

男子チーム団体戦優勝の翌日、

今度は個人戦が開催されました。


近場ではあるものの、男子と女子の

会場は別。


調子の良い、男子チームの個人戦

観てみたいトコロですが、ムスメの

応援が優先です。


この日は息子はお留守番で、朝イチから

夫婦で会場入り。


早速組合せ表をチェックしました。


3ブロック×16ペアの参加者を

ABCのブロックに振り分け、

各ブロックの優勝者が都大会に

行ける流れです。


団体戦に比べるとかなりの狭き門なのです。


ムスメ達の分析によると、順当に行ったと

して、3回戦に当たるトコが強い、との事

でした。


ただしムスメ地区以外は全体レベルが

高く、油断しているとすぐに

足下をすくわれます。


開会式を終えるとすぐに試合が始まり、

ガンガン消化されていきました。


そんな中最初にコールされたのは

地区1位のキャプテンペア。


この辺りの組合せは詳細こそ発表されて

いないものの、団体戦の時にもあった

様に、地区1位には他地区ベスト16が

当てられる、という具合になっていると

予想されます。


しかし昨日までの団体戦の成績を

考えると、他地区に特に個人戦

甘いペアが居るとは思えません。


そしてやはりキャプテンペアの相手も基礎がしっかりとしていました。


しかしこの日の2人は気合が入っていて

集中していました。


2日前の団体戦ではエースの立場で

ありながら格下相手に計2敗。


その屈辱を晴らすほぼ完璧な内容で

初戦の相手を圧倒したのでした。


スコアは4-0。上々の滑り出しです。


試合が終わると控えていた次のペア達が

すぐにコート入り。


かなり早い展開で進行して行きます。


そして次にコールされたのはレフティMS

さんとルーキーちゃんペア。


彼女らは地区5位ですから相手は

他地区で同じくらいの成績のペアだと

予想されます。


試合が始まると予想通り互角。

ややこちらに分があるかな、という

雰囲気でした。


しかしこちらはダブル後衛。


地区大会までなら、強打でも繋いでも

ポイントが獲れていましたが

上位大会になるとそれを拾って来ます。


なので厳しいコースを狙って決めに

行くのですが、これがアウトになる

ケースが多い。


また相手の前衛も決定力不足の為、

1ポイント1ポイントが長くなりました。


5ゲーム目を落とし、カウント2-3に

なったその時、ムスメペアの試合が開始

されてしまったので、急遽そちらに

向かう事になった我々夫婦なのでした。