読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

17年 春季上位ブロック大会団体戦②

妻はこの日はお昼くらいから観戦予定

だった為、パパ仲間の方からの

報告メールを見て驚きました。

 

1試合目、キャプテンペアがリズムに

乗れないまま、敗れたと。

 

2試合目、ムスメ・SRさんは勝利。

 

この2通のメールを見て、少し焦りましたが

3番手勝負ならウチは負けないだろうと

思っていました。

 

しかしその予想に反して、3通目の

メールには敗戦の報告があったのです。

 

A地区8位に敗戦。

 

これで1位抜けはほぼ絶望です。

 

しかし地力はある筈。ここは気持ちを

切り替えて2位抜けに狙いを変えるしか

ありません。

 

とにかく次の相手であるB地区5位に

勝つしかないのです。

 

私はA8位とB5位の試合報告も

パパ友にお願いし、ジリジリしながら

メールを待っていました。

 

30分後に来たメールにはB5位が

チームスコア2-1でA8位に勝ったとの事

でした。

 

これは・・。

 

ウチがB5位に勝てば全チーム1勝1敗で

並ぶワケです。

 

その場合の順位決めはどうするのか?

 

色んな事を考えて、頭が混乱して来ました。

 

そして後悔。

 

1位抜けしなければ明日の決勝トーナメント

には出られません。

つまり、翌日を午前休みにしてた事が

無に帰すのです。

 

予選から観に行けば良かった。  

 

しかしそう言っても、もう仕方ありません。

 

1勝1敗で並べば、何らかの基準で

順位決めする筈です。

 

それに賭ける仕方ないのです。

 

そしてしばらくすると、B5位との

試合報告メール第1弾が。

 

第1試合にムスメペアを起用して勝利

したと。

 

恐らく、メンタルが強いムスメ、

逆にメンタルに若干難ありのキャプテン

ペアを交換する事で、プレッシャーを

軽減する意図があったのだと思います。

 

結果、2番手に出たキャプテンペアも

無事勝利。この時点でチーム勝利を

決めたのでした。

 

その後のメールで3番手はファイナルで

負けたと。

 

パパ仲間からも全チーム1勝1敗で

どうなるんだろう?というメールが

来ていました。

 

私もそこが気になりヤキモキしていましたが

次の報告メールに、A8位が1位抜け。

ウチは2位抜けしました、と報告が!

 

3位のB5位には申し訳ありませんが

とにかくリーグ突破です。

 

この時点では、やはりどういう基準で

順位決めされたかは不明でした。

 

夜、ムスメに確認したところ、

ストレート勝ちは2ポイント。逆に

ストレート負けはマイナス2ポイント

ファイナル勝ちは1ポイント、負けは

マイナス1ポイント。

 

これらの内容から・・

A8位 ・・合計プラス2ポイント

ムスメチーム・・プラスマイナス0ポイント

B5位・・合計マイナス2ポイント

 

この様に算出され、辛くも予選リーグ

2位突破となったのでした。

 

2位抜け敗者復活ルートは8チームによる

トーナメント戦。3回勝ち抜く必要が

あります。

 

正直この結果は前回この大会で準優勝した事から

来る慢心によるものと思われます。

 

それに対しての彼女らへの試練です。

 

これをバネにする為にも敗者復活ルートを

勝ち抜く事は非常に大事になってきます。

 

この1回戦が始まる頃、ようやく会場に

到着した妻からメールが入る様に

なりました。  

 

1回戦、先に2勝して勝ちました、と。 

またそのメールには2位抜けチームの

一覧があったのですが、そこには

ムスメチームの他に同地区のチームは

1校だけという有様でした。

 

1位抜けもゼロでしたので、他の6チームは

全て3位なのでした。

 

やはり、ズバ抜けて地区レベルが

低い事を露呈してしまったのです。

 

話を戻して2回戦。ここでもまた大苦戦を

強いられたそうです。

 

本来ポイントゲッターである、

キャプテンペアがまた敗北してしまった

のです。

 

ムスメペアは逆に安定したプレー振りで

勝利。

 

勝負の行方はレフティMSさんと

ルーキーさんにかかったのでした。

 

これが地区大会なら3番手勝負で

ウチが遅れを取る事はまずありません。

何しろ地区大会個人戦1位3位5位の

チームなのですから。

 

しかしながら他地区のレベルは高い。

 

プレッシャーもあったかもしれません。

大苦戦も大苦戦だったそうです。

しかしファイナルまでもつれながらも粘り勝ちできた事は

大きかったのです。

 

そして3面同時に行われた敗者復活ルート決勝戦

MSさん・ルーキーさんペアが早々に勝利を決めると

キャプテンペアも続けて勝利。

 

結果、リードしていましたがムスメペアはそこで

試合終了となったのでした。

 

2位グループ優勝。

 

これによりいち早く都大会への推薦が受けられる事には

なりました。

 

が、しかし!コーチ・顧問からはやはり相当な叱責を受けたそうです。

 

『君たちはこの大会、上位で戦える技術を持っている。それが

発揮できないのは精神的な問題で、慢心が起こした事だ。』と。

 

まぁ、まさに私がそうなのではないかな、という所を突かれた訳です。

 

団体戦メンバーには慢心するタイプのコは少ないのですが

地区大会で圧倒的な結果を残している事もあり、一段上の

試合に来た時もギアが入りにくいのかもしれません。

 

いずれにしても今回、都大会レベルの学校と戦う機会は

失われました。

今の彼女たちの立ち位置を確認する為にも決勝トーナメントに

行って欲しかったのですが、仕方ありません。

 

次は5月5日に行われる個人戦です。この状態だとわが地区から

都大会行きを決めるペアは出て来ないと思われますが

存在感を示して欲しいものです。

 

本当に引退が近いぞ!頑張れ、みんな!