読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

テニスノート

このところ通常練習しかないので

今回はムスメがつけているテニスノートに

ついてお話ししたいと思います。


テニスノートとは部活でやった練習、

部内試合、先輩やコーチ・顧問から

言われた事あるいは自分で気が付いた

事を日々まとめる為のメモノート

なのです。


ムスメがソフトテニスを始めて

1年と9ヶ月。そのノートは4冊目に

突入しています。


ムスメは頼めばこのノートを私にも

見せてくれます。


そこには几帳面な字で上記内容を

事細かに書いてあります。


部活での練習の様子だけにとどまらず

その日起こった部内での問題行動。

それに対してどうすべきだったか 

そんな事も書いてあれば、試合の時の

出来た事、出来なかった事を書いて

コーチにアドバイスを貰い、それに

どう取り組んだかなども書かれて

います。


このノートの私が思う良い所は、

やはり人間はわかった気になるだけで

忘れてしまう。だけどこれを見返す事で

それをまた意識出来る事、だと思います。


ムスメは副部長として部内を引っ張らないと

いけない存在の1人です。


そんな彼女が、どうすれば周りは

ついて来てくれるのかなどの

悩みも書いてあるので、私からしたら

『ホントマジメだなぁ。』とただただ

感心するばかりです。


そしてコレは思うに中学を卒業し、

高校に入ってソフトテニスを続けるに

しても続けないにしても大事な大事な

宝物になる事でしょう。


それは私にとっても同じで、

例えばたった1年前の事でも

ノートを読んでいると忘れていた

事が脳内に蘇ってくれるので

本当に有難い事だなぁと思います。


このブログも忘れっぽい私だからこそ

備忘録として付けておきたいと思い、

書き始めました。


いつか私にとって大事な宝物に

なるかもしれないなぁ。