中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

2時間練習

冬休み間近のとある平日。

私の休みの日の事です。


丁度部活休みだったムスメを誘って近くの

テニスコートへ。

 

何しろ今回ソフトテニス部の冬休みは

長い!10日間以上の休みがあるのです。


さすがに身体が鈍るので、誘った

訳です。お正月休みの旅行中にも

家族で軽くソフトテニスをやる予定は

ありますが、私とムスメのレベルに

妻と息子はついてこれませんので

ガツンと打ち合う日を作りたかったのです。


友達誘ってメンバー揃うならパパは

見てるだけでも良いよ、と伝えて

ましたが、別に良いとの事で2人で

練習する事に。


私自身も本気で打ち合える機会など

ほとんどありませんから嬉しくて

仕方ありません。


久々に打ち合ってみると、ウマくなった

なぁというのが第一印象です。


ムスメは前衛ですからストローク

速い・強いというタイプではありませんが

それでも始めた頃と比べたら格段の進歩

です。


フォームは安定してるし、バックバンドも

様になってきました。結果ミスが

激減しているのです。


私も前衛でしたが、打ち合う内に

感覚を少し思い出してハードヒットする

事も出来る様になりました。


コートの半分を使用して行う

シングル戦もやりましたが

なんと3-7で初敗北を喫しました。


まだまだ負けていないつもりでしたが

ムスメはとにかくミスらない。


私の自滅でした。


悔しい!


でも嬉しくもある。


その後はムスメの希望でボレーや

スマッシュの練習をしました。


そして最後は私の希望で乱打を

やりました。


彼女にとってどうかはわかりませんが

私には充実した至福の2時間となったの

でした。