中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

東強杯③

会場を後にした私の頼りはパパ友のメール連絡のみ。

 

会場から会社まで車で約1時間。

 

到着時にメールをチェックすると、そのパパ友から第一報が

届いていました。

 

『チームスコア1-2で敗北。でもムスメちゃんペアは勝ってましたよ。』

 

との報告が!!

 

なんと都大会ベスト4チームに一矢報いたとは!

 

しかし直感的に、これはさっき負けた3番手さん達がペナルティーで

4番手と交代したのでは?という予想に

辿り着いたワタシ・・。


まずはスコアが気になったので

パパ友へ再度連絡。


程なく返って来たメールには

ムスメペアストレート勝ち。

他2ペアはストレート負けとの事。


結論から言うと、帰宅後に娘に確認したら

ワタシの予測は当たっていました。


やはりムスメの相手は4番手。


レギュラー陣とはレベルが違ったらしく

ストレートで勝つ事が出来たそうです。


とにかくこれで予選リーグは

2位抜けして決勝トーナメントへ。


その初戦の相手は私の予想に反して

都大会ベスト16チームでした。


そこのブロックは他に都大会ベスト32

チームがいたので、私はそこが2位抜け

してくるかな、と思っていましたが

下克上した様です。


結局その時の対戦クジ運や勝負の流れで

ベスト16〜32はどうなるかわからない

と言えます。


ベスト16という事は9位タイ、ベスト32は

17位タイと言い変える事が出来ますが、 

その中身を細かく順位づけしたら

大きく実力差がある可能性があるのです。


ベスト16だけど8に近いチームも居れば

順位付けしたら30位くらいまで

落ちるトコもあるだろうと言う事です。


もちろん逆もあるでしょう。


今回の試合、都大会、その前の

3ブロック大会をトータルして

私なりにムスメチームの都内ランキングを

考察すると50位〜60位といった所が

妥当と判断しました。


結局決勝トーナメントもチームスコア

0-3で完敗したそうです。

試合詳細は以下の通り。


第1試合 キャプテンペア1-3 ●

第2試合 ムスメペア2-3(5-7) ●

第3試合 MSさんOAさん 0-3 ●


これ以降の試合詳細はわかりません。

※つまりどこが優勝したかなど。


パパ友もそこで帰ってしまいましたし

試合結果を報告してくれるサイトも

ないからです。


でもこういった試合結果を見れる様に

するって大事だと思うんです。


選手のモチベーションにも繋がるし、

少し上の実力のチームに練習申し込み

して交流を図ったりとか・・

単純にソフトテニスをもっとメジャーで

人気競技にする為に必要だと

思うのです。


取り敢えずこれで年内の試合も全て終了

しました。


来年の夏、引退に向けてのカウントダウンは

確実に始まっています・・。