読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

16年秋の新人戦都大会本戦 団体戦①

男子1番手ペアが意地のベスト16入り

したものの、それ以外は満足の行く

結果が得られなかった個人戦。


本人達も納得は行っていないでしょうが

実力通りと言えば実力通り。


気持ちを切り替えて団体戦に

挑んで貰いたい所です。



11月3日。


まずこの日は有明テニスの森

その他の場所でベスト16までの

試合を消化します。


勝ち残る事が出来れば11月7日の

優勝決定戦の有明に戻る事が出来ます。


私の開幕前予想は男子はベスト16まで

勝ち残る可能性が50%。


女子は1回戦を勝てれば60%以上の確率で

ベスト16入り、ただし1回戦を勝てる

可能性は20%以下、と踏んでいました。


男子は観に行っていないので結論から

言うと初戦(2回戦)負け。


なんとエースペアの1人が団体戦数日前に

風邪をひき、ギリギリの体調で参戦。

結果エースが勝てず、チームスコア1-2で

敗北したそうです。


体調管理も重要。

絶対に風邪をひかない方法など

ありませんが、大事な時期に風邪を

ひいてしまった事は運が悪いと

片付けて良い話しではありません。


残念ですが、引退のかかる試合で

なくて良かったと切り替えるしか

ありません。


1番悔しいのも本人でしょう。

この彼は腰にも爆弾を抱えているので

夏の選手権は万全の体調で試合に

臨んで欲しい所です。


話しを女子に戻します。


大会HPにより団体戦の組み合わせは

↓   ↓   ↓

http://park14.wakwak.com/~soft-tennis/2016shinjinkekka.pdf


だいぶ前から発表されていました。

だからこそ個人戦の時に私は偵察を

していたのです。


事前に色々調べた結果、初戦の相手は

強い!


それなりに実績もあるのになぜ

シードされずに1番下の山からスタート

するのかが不明なチームです。


個人戦はその地区の出場枠3を全て

そのチームが獲得しています。


つまり団体戦メンバー全員が都大会レベル。


団体戦シードされている学校で、個人戦に

一ペアも出場出来ていない学校も

あるというのに・・。


会場には3日に行われた個人戦の結果が

載っている速報冊子が100円で販売されて

いたので、早速購入し、相手チームの

個人戦結果をチェックしました。


私が一番強いと思った1年生後衛は

強豪チームに敗れ2回戦敗退。


もう一つ途中まで観ていたペアは

結局その試合で負けており、1回戦負け。


しかし!最後の1ペアがなんとベスト16入り

していたのです。


結果だけ見ればここが1番手。


私は絶望的な気持ちになりました。


これで事前に予想していた勝率20%は

甘いなと修正しました。


しかし、中学生同士の闘いです。


何が起こるかわからん!と子供達を

信じて試合が始まるのを待ちました。


試合の詳細は次回に。