読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

16年秋の新人戦 個人戦②

度重なる順延のおかげで3回戦の

最初から観戦出来る幸運に感謝。


ムスメチームで残っているのは

他はキャプテンSHさんと・SAさんペア

のみ。


他は先に行なわれていた3回戦までで

敗退してしまっていました。


特に持久力ナンバー1で、良くも悪くも

どんな相手とももつれる試合を

するMSさん。


彼女は3回戦でファイナルゲームまで

行きながら競り負けてしまい、

試合後には泣いていました。


1年生の時はチーム2番手にいながら

SRさんに抜かれ今は3番手に。


物静かながら熱い気持ちを持っている

彼女でしたが、今回は早々に負けて

しまいました。


しかしこれ以降、特に団体戦では

素晴らしいプレーを連発する事になりますが

その話しはまた後日に。



そして始まるムスメの3回戦。


試験期間中ですので部員の応援もいません。

コーチと顧問、そして私の様な父兄です。


他の中学は試験が既に終わっている

所も多い様です。


ムスメの相手チームは20人以上の

チームメイトが一丸となって

声援を送っていました。


四面楚歌の状況で夫婦で観戦。


試合前の練習ラリーを見る限り

こちらに分がありそうです。


しかし試合が始まると相手の苦し紛れの

ボールがポイントになったり、

強引に決めに行ったストロークがミスに

なったりとなかなかポイントを重ねられ

ません。


内容では押しているのにデュースまで

もつれるのでハラハラです。しかも

ゲームポイントになると相手の

スーパーショットが出たり、こちらの

ミスが出て、なかなかゲームが

取れないのです。


そうこうしている内になんと最初の

ゲームを獲られてしまいました。


相手の応援もヒートアップです。


いつもよりポイント間の2人での

打ち合わせを入念に行うムスメ。


どうやらムスメは相変わらずの強心臓。

ペアのSRさんを落ち着かせる

事に注力をしていた様です。


身体も温まり、落ち着いて来たのか

相変わらずのもつれ内容ですが

大事なポイントを獲れる様になり

2ゲームを連取。


4ゲーム目もやはりデュースまで

行きましたが自力で勝るムスメらが

押し切り3-1で勝利!


楽に勝てそうな相手に苦戦したので

ホントに心臓に悪かったです。


続いて4回戦。


2ゲームを幸先良く連取し、3ゲーム目。


これもポンポンとポイントを重ね

3-0でマッチポイントに。


しかしここから信じられない展開に。


相手が開き直ったのか、こちらの油断か

見ている側ではわからないのですが、

全くポイントが獲れなくなったのです。


結果怒涛の5連続ポイントを喰らい

1ゲームを献上。


軽いパニックに陥ったSRさんの

ミスも重なり次のゲームも失ったのです!


まさかのファイナルゲーム突入。


ムスメらはややディフェンシブな

プレースタイルにシフトチェンジした

様です。


元々格上にもしつこく粘れるのが

2人の持ち味です。


確実に返球する事に集中し、相手のミスを

誘いました。これがハマりました。


相手は勢いに乗っていたのですが、

ファイナルでは逆に攻め急いで

しまいました。


ミスを連発し出したのです。


結果・・・7-3で勝利!

これでベスト8です。


いよいよ!後一つ勝てば都大会!

という所まで来たのでした。


それにしても中学の地区大会レベルだと

多少の実力差などあって無い様なものだと

痛感させられる2試合でした。


ほんの少しのミスや動揺・不運が

重なればあっと言う間に負ける

可能性があるのです。


ムスメ!次も油断するなよ!