中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

上位大会①

近隣の3ブロックが集まり戦う

上位大会が始まりました。


チームは団体戦出場。

個人は3年生を中心に3ペアが

出場します。


ムスメは地区大会敗退で参加資格は

ありません。


団体戦もメンバー入りしていますが

実力差がある為、出場機会は

見込めない状況です。



さてこの時知った事ですが、

実はこの試合は中学最大の

試合である夏の全国大会に

繋がる試合でもあったのです。


いわゆる全中と呼ばれる全国大会まで

繋がっていたのです。


全国大会までは相当厳しい道のりです。


6月から始まる地区大会、7月の都大会

8月上旬の関東大会、これら全てで

上位の成績をおさめないと8月下旬の

全国大会へは進めません。


5月上旬に行なわれる、この上位大会の

上位チーム、あるいは上位ペアは

先に都大会進出を決める事が

出来るのです。


具体的に説明します。


まずは団体戦。


ウチのチームが所属する地区を

Aとします。他のB・Cの地区からも

それぞれ8つのチームが参加しています。


この時点で24チームがエントリーして

います。その他に前年実績でシード

された学校が2チームほど出場。

ただしこの2チームは決勝トーナメントから

の出場です。


予選は3チームによるリーグ戦。


この3チームはA・B・Cの地区からの

各1チームで構成されます。


この予選リーグで1位になって

決勝トーナメントへ進むと

都大会進出です。


という事は決勝トーナメントから

出場するチームは最初から都大会出場が

決定している、という事です。


ちなみに予選リーグですが、

ウチのコのチームはA地区1位。

残りの2つはB地区5位、C地区8位と

いった具合に構成されます。


つまり地区大会で上位に行く事が

その後の大会に進むのにも有利になる

と言う事です。


団体戦に関しては敗者復活戦みたいな

ものもあります。


各ブロックで2位になったチーム8校で

トーナメントを行ない、そこで1位に

なると都大会進出出来るのです。


次に個人戦。(ペア)


個人戦の都大会出場枠はかなり狭いです。


3地区から集まった48ペアが

16ペアごとに3つのブロックに

分けられます。


そしてその16ペアでトーナメントを

行い、1位になったペアだけが

都大会進出です。


かなり厳しいですね。?


もちろん6月に行なわれる

地区大会で上位に入れば

都大会に行けますので、ここで

負けても諦める事はありません。


とにかくみんな頑張って欲しい!

それはウチのチームだけではありません。


他のチームの子たちにも良いプレーを

期待します!