中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

学年別大会

その名の通り、地区において

学年別、つまり1年生は1年生ペアだけで

試合をするという大会が開催されました。


ここから引退までの約1年半、

何度も顔を合わせるだろう

ライバル達との試合です。


もちろん過去の試合で

すでに顔見知りになっていたり、

合同練習をして仲良くなっていたりも

してるみたいです。


さて、その試合ですがムスメのペアが

変更になりました。

ペア相手はサウスポーでテニス経験者の

MSさんです。


ムスメとペアを組んでいたSHさんは

SAさんと組まされたのです。


当然と言えば当然です。

経験者として腕を見込まれ、

2年生とペアを組んでいたSAさん。

後衛としてアタマ一つ抜けたSHさん。

チームとしては最強ペアで試合に

出すものです。


こうして急遽ペア変更になった中で

1年生大会が始まりました。


開催場所は普段と違う、とある大学の

コートでした。


日曜日でしたが、基本平日休みの私は

午前中だけ試合を観に行きました。


パートナーも変わったばかりだし、

試合と名のつくものでこの半年、結果を

出した事のないムスメでしたので

あまり期待せずに観戦してました。


そしたらですね、1・2回戦と

実にアッサリ勝ったんです。


あ、やっぱり毎日やってるのダテじゃない

他の学校のコ達はまだ基礎が身について

ない、と感じました。


毎日練習してる上に週末は

ボランティアのコーチも来てくれてる

環境です。


決して器用なタイプではないムスメですが

明らかに強くなってたのです。


これはベスト8くらいまで

期待出来るかな?と考えている

内に仕事の時間になったので

会場を後にしました。


後は妻のメール報告だけが頼りです。


仕事の合間にメールをチェックすると



『3回戦勝って、ベスト8!次は

準々決勝!』と連絡が!


たった2行のメールが人をこれだけ

興奮させる事はなかなかありません。


仕事も手につかず、5分ごとにメールを

チェックする始末。


ようやく来た次のメールには

『勝ったよ。ベスト4!』


今度は1行だけで涙が出そう。😅


勝ち残りが少なくなり、進行が

早まったのでしょう。

次のメールもすぐに来ました。


『また勝った!決勝はSHさん・SAさん

ペアだよ。同校対決!観たいでしょ?

ちなみにSHさん達の試合凄かったよ!

ハイレベルでデュースの連続。どっちが

勝ってもおかしくなかった。』



1人興奮状態です。



なんと急増ペアで大躍進です。

MSさんはストロークこそ

強くないものの、ミスが少なく

粘り強い。更にマラソンも得意で

持久力があります。


恐らくですが、本当に粘り強いプレーを

したのだと思います。



しかし、メールを読んで思いました。


これはクジ運が良かっただけで

先にSHさん達がなんとか勝てた

その相手に当たってたら負けてたなと。


案の定妻から来た本日最後のメールには

『瞬殺された。』と。


事実上の決勝は既に終了していたのです。


その2ペアが地区の1年生では

この時点では抜けた存在だったのです。


ウチの子も準優勝と言う実績を手に入れ

て少しは自信になったとは思います。


しかしコーチ陣からは上2組とは

相当差がついてるぞ!とゲキを

飛ばされたそうです。


調子に乗んなよって事ですね。


ま、ムスメ本人もよくわかった様ですが。


それでも初めて貰った記念メダル。


準優勝おめでとう!

次も頑張れ〜。👍