中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

ソフトテニス初試合!

本日は娘がソフトテニス部に

入って初めての試合をしたお話しです。




正式入部がGW明け頃なので

実質3ヶ月しか経っていない

8月の上旬にそれは行なわれました。


当日は平日でしたが、仕事は午後から

にして観戦に行きました。

※この時は試合観戦にこんなに

  ハマるとは思ってませんでした。


電車で数駅先の中学が試合会場。

後で知りましたか、地区の試合の

ほとんどはこの中学で行なわれるとの事。



その試合は地区の5校程集めた

小規模な交流試合でした。


各校5ペアから10ペアが参加します。


その中でのトーナメント戦です。


始めて間もないし、そもそも3ヶ月で

試合になんてならないだろうと

思ってました。


はい。実際ほぼその通りでした。


相手ペアはそれほど強くないと

言われている学校の2年生。


娘は運動神経抜群のSHさんと

ペアを組み試合にのぞみました。


相手も確かに鋭いボールを打つ、

とかは出来ませんがまがりなりにも

1年以上やって来てますから

来たボールを打ち返し、相手コートの

どこかに入れる事は可能です。


たまにポイントは獲れるものの

ほとんどが相手のミス。

逆にこちらのミスが多いので

ポイントを献上してしまいます。


結果はゲームカウント1-3で負けでした。


ところでソフトテニスは1ゲームで

4ポイント獲るとそのゲーム勝ちに

なります。3-3になったら2ポイント差を

つけるまでゲームは続きます。


この辺はいわゆる硬式テニスと

一緒です。


これを3ゲーム獲れば勝利です。


ただし、地区大会上位の試合や

都大会は7ゲーム制。

つまり4ゲーム獲らないと

勝ちになりません。



ま、こんなもんだろう。むしろ1ゲーム

よく獲ったよと思い私は会場を後にして

仕事に向かいました。



仕事から帰って試合の感想を

娘に聞いた私はちょっと耳を疑いました。



なんと、メチャクチャ悔しがっている

のです。


まぁ、3ヶ月とはいえホント真面目に

練習していたので気持ちがわからなくは

ないのですが、明らかに実力不足。

基礎が出来てないし、ゲームのカタチ

にもなっていないのに悔しがるんです。


『だって、あのコ達ちっとも真面目に

練習してない2年生なんだよ。』って。


いやいやどこからその情報聞いたんだよ

とか、そもそもそれでもキミタチの方が

まだ下手なんだから仕方ないじゃん。


・・と私は思う訳ですが、どうも娘は

真面目に練習した方が、努力した方が

勝てると思ってた様です。


世の中なんだかんだ弱肉強食の

競争社会です。


スポーツなんて特にそう。


頑張ったから勝てるなんて保証は

どこにもありません。


そんな娘を見て、まだまだ子供だなぁと

思いつつ、今は負けて悔しいと

思えるその気持ちが大事だなと思い

特にツッコミは入れませんでした。


上手くなって、強くなって勝てる

様になれよとただ願う父なのでした。