中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

17年 選手権都大会団体戦 3回戦②

3回戦の組み合わせは以下の通り


①ムスメペアvsベスト16ペア

②キャプテンペアvs3番手ペア

③ルーキーちゃん・OAさんペアvs2番手ペア


相手は順番を入れ替えて来ました。


②の試合に3番手を入れて1番手に

ぶつけ、言い方は悪いですが、その試合を

捨てた訳です。


こちらの変更も1点。


③のペア編成をまたまた変更したのです。


ルーキーちゃんとOAさんという、

公式戦では初の組み合わせです。


吉と出るか凶と出るか、、


ムスメペアが勝てば、チームとして

ほぼ勝ちが決まる。


それがわかっているから相手も

先鋒に自信のあるペアを持って来る訳です。


試合が始まると相手の怒涛の攻めが

展開されました。

前衛アタックもして来るし、狭いサイドでも

ガンガン打ち込んで来ます。


ストロークが強く、技術レベルも高い

正統派で、全ての分野で

ムスメペアの上を行くプレーヤーです。


こちらは相手のミスかスーパープレーが

出ないとポイントが取れないと

言いましょうか、、。


結果残念ながら0-4の完敗となりました。


個人戦3回戦の時の相手よりは絶望的では

なく、何度かゲームも取れそうでしたが

ダメでした。


続く2戦目。


前衛に弱みがあるとは言え、後衛の

技術レベルはムスメチームの誰よりも

高い可能性がある、グッドプレーヤーです。


その真価が1ゲーム目から発揮されました。


また、ここまで後衛と前衛でレベルの

違うペアと試合をした事がないせいか

キャプテンペアはなんだか攻めづらそう

です。


デュースにつぐデュースでなかなか

ゲームを取らせてくれません。


しかしここを落とすと負けが決まるだけに

1ゲーム目から主導権を握らせる訳には 

行かないのです。


それにしても相手チームながら尊敬に

値する粘りを披露する後衛さん。


しかしポイントを重ねるごとに、この相手

との戦い方がわかって来たのか、ポイント

奪取率が上がって来ました。


結果ファーストゲームこそもつれたものの

そこを押し切ったキャプテンペアが

4-0の勝利


勝負の行方は3番手ペアに移ったのでした!


チームの勝利がかかる大事な3戦目。


そこに初の組合せとなるペアで

大丈夫なのだろうか?

 

しかも相手はチーム2番手ではっきり言って

強い。


チームの勝ち負けを1年生に委ねる

状態です。


彼女にそれがプレッシャーにならない

だろうか。


しかしルーキーちゃん、プレッシャーなど

まるで感じさせない伸び伸びとした

プレーをします。


妻が『ルーキーちゃん、良いね。普段

前衛サイドを守ってるけど、後衛サイド

の方が本来のイメージが出てやりやすい

んじゃない?』と言ったのが当たりかも

しれません。


普段はMSさんと組んで前衛サイドで

打っていますが、本来の後衛サイドに

入る事で自分の打ちたいコースへ

打ちたいスピードで打てている様に

見えます。


それでも序盤は互角の展開。


1-0  1-1 1-2  2-2とゲームが進んで行きます。


胃が痛くなるほどの緊張感、、。


5ゲーム目。


先に王手をかける為にも大事なゲーム。


そこでルーキーちゃん、ギアを上げたの

です。(そう見えただけでホントのトコは

わかりませんが。)


まるで、相手のプレーを全て見切ったかの

様なショットの連発でゲームを支配

して行きます。


周りの応援も益々ヒートアップ。


こうなると勢いが更に加速。


それまで苦戦していたのがウソの様です。


結果4-2で勝利!!


当然チーム勝利も確定です。


信じられません。


ほんの数ヶ月前まで小学生だった

ルーキーちゃんの大活躍でチームが

救われたのです!


前回の秋の都大会ベスト16のチームを

破り、これでベスト32に進出です。


後1回勝てば翌々日のベスト16以上の

試合に進出出来るのです。


引退が2日伸びてしまうのです!


ムスメ達も我々父兄も大興奮です。


相手チームが秋も同じメンバーで

戦ったのかは不明です。


そうでないとしたら、、もし相手が

ベストメンバーだったら、、そんな事も

考えてしまいますが、今日!勝ったのは

ムスメチームです!


しかし、この大活躍がきっかけで

4回戦を前にちょっとした事件が

起きたのでした、、。

















17年 選手権都大会団体戦 3回戦①

ベスト16が決定されるその時まで、

基本的には同じコートで試合が続きます。


ウチの山には10チームが存在し、そこで

勝ち残る事がベスト16になるという事

に繋がります。


なので、ムスメチームが3回戦進出を

決めた直後、件のベスト16チームの

試合が始まったのでした。


その1ペア目・2ペア目の試合を観て

愕然としました。


強い、、。


特に1番目に出て来たペア。


調べたら2日前の個人戦も前回の都大会

個人戦もベスト16に入っているペア

なのでした。


これは正直ムスメチームの誰が当たっても

キツいな、と感じました。


2番手も強い。


しかし3番手ペア。


後衛のコは非常に上手いのですが、

前衛のコは小柄で体も白い。


動きも良くありません。


明らかに実力不足の1年生と思われます。


これはどういう事なのか。


正選手がケガでもしてしまったのか、

何か部員が集まらない、例えば事件

などがあったのか、、。


案の定1・2番手の勝利で試合を決めた

ものの、3番手ペアは敗戦してしまいました。


徹底的にその前衛が狙われたからです。


しかし驚いた事に、負けたとは言え

3番手の後衛のコは相当粘りました。


自分のサーブ・レシーブの時にポイントを

稼ぎ、それ以外の時は前衛をカバー・ケア

しながら走る事、拾う事。


ほとんど1人でやっているにも

関わらず、試合にしてしまっているのです。


しかし弱点を攻めない余裕など

ムスメチームにはありません。


誰がこのペアに当たろうとも

前衛を狙い、勝ちにいかなくては

チーム勝利はあり得ないでしょう。


勝てる可能性は見いだせたものの、

1・2番手のどちらかに勝たないと、

とか相手チームにもう一人メンバーが

居たらどうなるのかなど色々

考えてしまいました、、。







17年 選手権都大会団体戦 2回戦

2回戦の相手はシード校です。


これも事前情報によれば地区5位の

成績での都大会出場。


地区1位かつブロック推薦のウチに

シードがつかず、レベルが高いとは言え

地区5位にシードがつく、この差は

どこから出ているのか本当に不明です。


しかしシードされているからには

それなりに強いハズ。


しかも相手は審判をしながら

バッチリうちのプレーを見ています。



さて今回も先鋒はムスメペア。

2番目にキャプテンペア。

3番目はペアを入れ替え、ルーキーちゃんを

温存。レフティMSさんとケガから復帰

したOAさんで挑みます。


ムスメペアの試合前乱打が始まりました。



????



あれ?


申し訳ないけど、、


さっきのチームの方が、、


強かった様な、、?


もちろん試合はやってみないとわからない。


しかしスタートすると、やはり相手ペア

を圧倒。


結局トータル4〜5ポイントしか

取られる事なく、4-0で勝利


続くキャプテンペア。


こちらも数ポイントしか取られず4-0で

勝利


あっと言う間にチーム勝利が確定しました。

少し拍子抜けです。


そして最後に登場したMSさんとOAさん。


ここで感じたのはMSさんが実に伸び伸びと

打っている事。


ここの所、ルーキーちゃんとペアを

組む事が多かった訳ですが、そこは

3年生と1年生。


互いに気を遣ってしまう部分があった

様です。


しかし気心が知れた2人がペアを組む事で

特にMSさんが開放された様です。


色んな意味でプレッシャーが軽減された

MSさんを軸に、彼女達も4-0の完全勝利


チームに勢いがついた最高の状態で

2回戦突破を果たしたのでした。


これでベスト64。


次の相手は予想通り、前回の都大会で

ベスト16に入ったチームでした。


いよいよです。


彼女達の実力が本当に試される相手との

試合開始です!









17年 選手権都大会団体戦 1回戦

引退か、2回戦進出か。


相手チームは会場割当ての一覧表を見る

限り、その地区の7番手の様です。


しかしその地区自体のレベルが高いので

過去の実績を調べてみた所、2年前のこの

大会でベスト8。昨年はベスト32という

成績だったのです。


もちろんその時の選手は居ないのですが

やはり油断はならないと思った訳です。


先鋒はムスメペア。


こと団体戦に関してはムスメとペアの

SRさんがメンバーの中でも強心臓である

ので先鋒に持って来た方が彼女達も

チームとしての勝率も高いのです。


ここで勝てれば、キャプテン・SAさんは

伸び伸びとプレー出来ます。


特にSAさんは手首の状態に不安が

あるので、少しでも負担を減らしたい

所です。


ちなみに試合開始前に応援している

とある父兄からこんな情報を聞きました。


『SRさんってラケット買ってこの

2年半、ガットを一度も張り替えた事が

ないそうですよ。』と。


信じられません。


いくら女子のパワーが男子に劣るとは

言え、あれだけの練習と試合を

こなして来て、ガットが1度も

切れないなんて、、。


それだけ芯で打てているという事なの

でしょうか?


前衛のムスメですらラケット1本買い換え、

その後ガットも1回張り替えているというのに、、。


試合前乱打。


古豪とは言え、やはり地区7番手。


弱くはありませんが、ややこちらに

分がありそうです。


しかし負けたら引退。


彼女達がどこまで意識しているかは

不明ですが、プレッシャーになりえます。


しかし試合が始まるとそれは杞憂だと

わかりました。


明らかにSRさんのキレが良いのです。


前述した様に相手は決して弱くは

ありませんが、SRさんの鋭いストローク

厳しいコースにビシビシと決まるでは

ないですか!


あまりのキレの良さで、ムスメの出番が

ほとんど無い程です。


結局勢いそのまま4-1で快勝。


良いカタチでキャプテンペアに

バトンを渡せたのでした。


中堅戦はソフトテニスの場合、事実上の

大将戦。1番手同士が当たる事が多いの

です。


相手も先鋒より鋭いストロークを打って

来ますので、どうやら1番手の様です。


しかしこの日はキャプテンの状態も

良さそうです。


相手の良いストロークもなんなく

いなす様に打ち返します。


テンポよく試合が進み、こちらも

4-1で快勝!


チーム勝利を決めて3番対決を

消化する事になりました。


以前も触れましたが、都大会では

どちらかが初戦の場合、勝ち負けが

決まっても3番対決を消化します。


ウチの2回戦の相手はシードで初戦

ですから、次も3ペアとも試合が

出来る訳です。


話しを3番対決に戻します。


この時のペアはMSさんとルーキーちゃん

です。


2人ともコースの打ち分けを得意とした

タイプ。


それがこの日の試合を観て驚きましたが

ルーキーちゃん、強打に磨きが

かかっています。


MSさんの調子も良さそう。


結果危なげなくストレートで勝利

ほぼ完璧な内容で初戦を突破したのでした!


次は2回戦。


不安要素はこの試合の審判が次の相手

だったという事です。


つまり、バッチリ偵察されている

訳です、、。




17年 選手権都大会団体戦 試合開始前

2017年7月23日 日曜日。


この日都大会団体戦でベスト16に

残れなければムスメは(もちろん

メンバー全員)引退です。


会場は小金井公園


参加校168。


ムスメチームはブロック推薦という

通常の地区予選を勝ち抜くルートよりも

価値の高いと思われる参加資格で

都大会に臨んでいるのにも関わらず

トーナメント最下層からのスタート。


ここからのスタートだと1回勝って

ベスト128。ようやく普通の学校と

肩を並べられる訳です。


つまりベスト16に入り、25日火曜日に

有明へ行くには4回勝つ必要があるのです。


ムスメチームの居る山は10校。

この中には前回の秋の都大会において

ベスト16に入ったチームが2校あります。


ムスメ達が順当に勝ち上がった場合

それぞれ3回戦、4回戦で当たる事に

なります。


他の山では当然ながらベスト16以上が

2校重なっているトコはありません。


しかしベスト8以上の実績を残している

山に入るよりはよっぽどチャンスが

あるのではないかと私は考えていました。


1・2回戦の相手は秋の都大会には

参加出来ていないチームです。


もちろんその2校のそれぞれの地区は

元々強豪揃いの地区。


秋に出ていないからといって強くない

とは限りません。



当日早朝。


この日は息子が臨海学校へ出かける日

だったので、妻はお見送りへ。


お見送り終了次第、急ぎ車で会場へ向かう

という流れです。


私は一足先に会場入り。


何しろ最下層からスタートするムスメ

チームは各コートの第1試合になるのです。

※実際都大会プログラムで第1試合に

  なる事は決まっていました。


お見送りをしていると試合開始に

間に合わない可能性があります。


そして1回戦で負けてしまえば

引退の瞬間を見逃す可能性があるのです。


念には念を入れ、受付開始8時30分よりも

更に早い8時に会場入り。


なんと先に出発したムスメ達がバスの

降り場所を間違えた事もあり、彼女達より

早く到着してしまいました。


到着後、受付を済ませムスメ達は

アップ開始。


試合を行うコートのある場所に入る為の

ゲートが開くまで私の様な父兄は待機です。


9時過ぎにようやくゲートが開くと

並んでいた選手達が順々に会場入り。


同時に妻が到着。


これで夫婦揃って応援出来そうです。


いよいよです。


自分の試合でもないのに、興奮度が

上がって行くのがわかります。


ムスメ達!ブロック推薦なのに

最下層に入れた連中(←失礼)を

見返してやれ!などと考えていたら

1回戦が始まりました!





17年 選手権都大会個人戦④

3回戦辺りから試合と試合の間隔が短く

なって来ます。


トーナメントは1・2回戦を消化するのが

非常に時間がかかりますから、、。


従ってこちらではキャプテンペアが

向こうでは男子の1番手ペアがコール

されるなんて状況になっています。


取り急ぎキャプテンペアの試合を観に

行きましたが、ムスメペアもいつ

呼ばれるか、、。


はたしてキャプテンペアがなかなかに

強そうなペアに1-2とリードされている

タイミングでムスメペアがコールされた

のでした。


そちらへ急ぐ私と妻。


ムスメペアの相手は前回都大会で

ベスト8に入った2年生。


恐らくジュニアの頃からやっている

選手なのでしょう。


普通にやってムスメペアが勝てる相手

ではなさそうです。


試合開始を待っているとキャプテンペアが

1-4で敗れたとの情報が。


3ゲームを観た限り、最終スコア程の差は

感じませんでしたがちょっとした流れで

一気に試合が進んでしまうのが

ソフトテニス


残念ですが、団体戦に気持ちを

切り替えて貰いましょう!


そしてムスメペアの試合。


ハッキリ言って実力の差は歴然。


特に驚いたのは後衛のコのカットサーブ。

うなりを上げる様な回転数で

ネットギリギリから入って来て

ほとんど弾まないのです。


しかも高確率で入るのですからたまりません。


低すぎるバウンドで当てる事さえ

難しいのです。


なんとか返しても体勢は崩れてるし、

チャンスボールになるしで次のショットで

決められます。


前衛のコのサーブの時にチャンスが

あるかと思っても元々のストローク

技術の差と後衛サーブのプレッシャーで

アセりが生まれているのでミスも多発。


完全にゲームが崩壊したかと思いました。


しかしそんな状況でもムスメペアは

入念に打ち合わせを繰り返し、打開策を

探している様です。


それでもゲームは0-2、0-3と進みます。


最後まで対策を模索しながら

特にこちらのサーブゲームでは

集中力を上げて挑み続けました。


しかし2ゲーム程デュースに持ち込むのが

やっと。


結局0-4の完敗でした。


私的には少し後悔です。

ムスメの試合前に相手ペアの試合を

1ゲーム(レシーブゲーム)だけ観戦していたからです。


せめてサーブゲームも確認していれば

ムスメペアに心の準備をさせて

上げられたのに、、。


だとしても勝つ事はもちろん出来なかった

でしょうが、もう少し試合になった

のではないかと思います。


その間行なわれていた男子1番手ペアは

順当に勝利を上げ、これでベスト32。


ベスト16に入れば翌日に進めます。

そしてそこで敗れても、敗者復活戦を

勝ち上がれば関東大会へ行けるチャンスが

ある様です。


女子チーム最後のMSさん、OAさんの

試合前に、男子キャプテンペアの試合を

少しだけ観戦する事が出来ました。


やや押されているものの、技術的に

遅れを取っている感じはありません。


はたから観ていても良いゲームを

していました。


しかし最終的には1-4で敗れたそうです。

相手は団体戦ベスト4常連の学校のコ。


やはり地力の差が出た様です。


そして始まったMSさんペアの相手は

前回都大会個人ベスト16。

そしてその都大会団体戦1回戦で

当たって敗れた因縁のチームのコ達です。

※もちろん格上の彼女達は因縁など

  感じていないでしょうが。


トータル力はやはり相手が上。


しかしこの日のMSさんはキレてます。


お互いに良いショットの応酬で

ポイントが決まります。


なかなかの好ゲームなのですが

重要なポイントは相手が確実に

取っていきます。


試合の流れをよくわかっています。


強豪チームは強いトコと練習したり

対戦する事で更に強くなって行きます。


勝敗を分けたのは正にそこだと思います。


内容が競っていても自信を持ち、積極的な

プレーをして来ます。


結果1-4の敗北!


悪い内容ではありませんでしたが

やはり強かった。


団体も個人も上から20番目までは

やはり強い。


単純にレベルの違いを感じさせられました。


意識の差もあると思います。


つまりベスト16を目標にしているムスメ達と

それは通過点で関東大会を本気で

狙っているチームとの意識の差です。


それはきっと普段の練習から現れる

ものなのでしょう。


ムスメ達が本気で練習していなかった

訳ではありませんが、やはり上位チームは

その上を行く努力をしているのだと

感じさせられた1日となりました。


ちなみに試合の進行が遅れ、男子1番手ペア

の試合は翌日に持ち越されました。


そこで強豪チームに敗れ、ムスメチームは

全滅。


終結果は以下の通りです。

男子1番手ペア  ベスト32

男子キャプテンペア ベスト64


女子3ペアともベスト64。


次はいよいよ団体戦


ホントのホントに負けたら引退です。


最後まで頑張れー!













17年 中学ソフトテニス選手権都大会結果速報

本日、都大会の男女団体戦の残りが

行なわれ、それぞれの優勝が決まると

ともに、関東大会への出場校が決定

しました。

↓    ↓    ↓    ↓    ↓

http://park14.wakwak.com/~soft-tennis/2017totaikaikekka.pdf


以前のブログの記事では関東大会へは

ベスト4に入れば行けると書いてしまい

ましたが、どうやら違う様です。

※その説明記事は編集しました。


詳細は省きますが、これにより

色んなドラマが生まれている事は

間違いないでしょう。


こんな熱い事がソフトテニスに限らず

毎年全国各地で行なわれてるんだなぁ

となんだか考えてしまった次第です。

 

都大会の全参加者・関係者・父兄の

皆さん、本当にお疲れ様でした!