中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

16年度3学期期末試験

部活は昨日、月曜日まで。

本日からは試験1週間前という事で
部活は一時休止です。

ムスメの中で今回の定期テスト
期するものがある様で、2月に
入ってからコツコツと勉強を
していました。

2学期の成績評価が少しダウンして
いたのが悔しかった様で、
塾にも行きたいと言い出しました。

ヤル気になっていますから
こちらはその手伝いが少しでも
出来ればとOKを出し、週2回行く事に。

ソフトテニス部からも学生の本分は
勉強であり、これをおろそかにする者は
部活を制限する可能性がある、
と言われています。

しかし、まぁ我が子ながら根が真面目
というか、ホント関心します。

自分が中学生の頃を考えると
尊敬に値する真面目さ。

頑張った事が結果に繋がると良いね。



日曜日の朝

日曜日は家族全員が朝寝坊できる唯一の日。

 

私は仕事がありますが、お昼からにしている事が多いので一緒にのんびりします。

 

その午前中を利用して、息子と市区町村運営のプールに泳ぎに行ったりします。

 

また本日はムスメと公園で他の人の邪魔にならない程度にボレーボレーというのを

しました。

 

ボレーボレーとはお互い3~4mほど離れ、ダイレクトに打ち合う事で

色んなコースのボールに対して相手にうまく打ち返す遊びの様な練習です。

打ち返すコースが大事で、連続で続けるには相手の打ちやすいところに返す

技術が必要になります。

 

ボレーにおいて面を意識するのに大事な練習です。

 

これをやるとムスメの力量成長度合いも大体わかります。

 

ま、でも単純にムスメがこういう事に素直に付き合ってくれる事が

嬉しいんですけどね。

 

 

 

 

 

 

ソフトテニスの人口

最近は相変わらず、公式戦はおろか練習試合や遠征などもなく

めっきり更新が滞っている日々です。

 

そんな中、娘が高校に入ってソフトテニスを続けるかどうかは

わかりませんが、こんなデータがありましたので紹介しておきます。

 

ソフトテニス中学経験者は高校に入ると7~8割辞めている。』

 

いやー、結構衝撃でしたね。

 

中学では比較的手軽に始められている感がありますが高校になると

人口が一気に減ってしまうようです。

 

日本のソフトテニス人口は数年前のデータでは約700万人と言われています。

その内中学生の占める割合は結構多いと思うのですが、実際どうなんだろう・・。

 

ちなみに私自身は高校でも続けましたが、それはたまたま進学先にソフトテニス部が

あったからで、どうも高校にソフトテニス部自体が少ないというのが現実の

様です。

 

高校に入ると硬式テニス部も増えますし、大学受験に向けて部活自体も

縮小傾向にあるのかもしれないですね・・。

 

残念ですがそれが現実です。

 

ムスメには高校の選択に関してはその先の大学の事も考えて選ぶようにアドバイ

していますので、ソフトテニス部のない高校に行けば当然続けられない訳です。

 

最終的にどういう選択をして、どこに進学が決まるかわかりませんが

このソフトテニス応援記は彼女がソフトテニスを引退する時まで

なんとか続けたいと思います。

 

テニスノート

このところ通常練習しかないので

今回はムスメがつけているテニスノートに

ついてお話ししたいと思います。


テニスノートとは部活でやった練習、

部内試合、先輩やコーチ・顧問から

言われた事あるいは自分で気が付いた

事を日々まとめる為のメモノート

なのです。


ムスメがソフトテニスを始めて

1年と9ヶ月。そのノートは4冊目に

突入しています。


ムスメは頼めばこのノートを私にも

見せてくれます。


そこには几帳面な字で上記内容を

事細かに書いてあります。


部活での練習の様子だけにとどまらず

その日起こった部内での問題行動。

それに対してどうすべきだったか 

そんな事も書いてあれば、試合の時の

出来た事、出来なかった事を書いて

コーチにアドバイスを貰い、それに

どう取り組んだかなども書かれて

います。


このノートの私が思う良い所は、

やはり人間はわかった気になるだけで

忘れてしまう。だけどこれを見返す事で

それをまた意識出来る事、だと思います。


ムスメは副部長として部内を引っ張らないと

いけない存在の1人です。


そんな彼女が、どうすれば周りは

ついて来てくれるのかなどの

悩みも書いてあるので、私からしたら

『ホントマジメだなぁ。』とただただ

感心するばかりです。


そしてコレは思うに中学を卒業し、

高校に入ってソフトテニスを続けるに

しても続けないにしても大事な大事な

宝物になる事でしょう。


それは私にとっても同じで、

例えばたった1年前の事でも

ノートを読んでいると忘れていた

事が脳内に蘇ってくれるので

本当に有難い事だなぁと思います。


このブログも忘れっぽい私だからこそ

備忘録として付けておきたいと思い、

書き始めました。


いつか私にとって大事な宝物に

なるかもしれないなぁ。




本日は全く関係ない愚痴の様なお話し

最近は試合もなければ練習試合もなく

書く事もなかったので、

昨日あった、なんだか悲しくなる

お話しですが備忘録として書いておきます。



仕事が終わり自宅最寄駅に到着した私は

銀行ATMに立ち寄りました。


ATMで作業していると、車椅子の女性が

中学生くらい?と思われる少年に

押されて入って来ました。


女性は40代から50代でしょうか。

ジロジロ見る訳にもいかないし、

そもそもは気にもならなかったのですが

車椅子が止められた瞬間、

『ここに止めたら邪魔でしょ!もう!

少しは考えなさい!』とちょっとキツめの

口調で少年に向かって言うではないですか。


私からしたらこの寒空の中、ATMまで

連れて来てそんなん言われるんかい、

というのと、例え邪魔でもこちらが

避けるのに・・もうちょっと言い方

あるだろうにと考えちゃいました。


その後奥の方に進んだ2人。

そしたらまた女性が『何しに来たと

思ってんの!言ったでしょう!

ホントに、バカじゃないの!?

もう!イライラさせないでよ!』と

結構なボリュームで叫んでました。


私はもう作業も終わり、そこまでしか

聞かずにその場を後にしました。


・・・なんだかなぁです。


あの少年は日常的にこんな罵倒を

されているのか、と思うと本当に

切なくなりました。


幸い私は小さいころから身内に

喚き散らす様なタイプの人間が

居ませんでした。


なので余計にこういう人に嫌悪感を

感じるのかもしれません。


車椅子の女性もそりゃ色々とストレスが

大きいとは思いますが、身内だからこそ

言い方って大事なんじゃないかななんて

思った次第です。


願わくばその少年が今の状況が

当たり前だと思わず、周囲に助けを

求められる様になって欲しいと

思います。


どうしても中学・高校の世代って

今ある現実が全て、と思い込み勝ち

ですから・・。


そして将来自分が体の不自由なジジイに

なっても周囲の人々に罵声を上げる

人間にはならない様にならんとなぁと

戒めたのでした。



練習試合

2017年1月のとある土曜日、ムスメの

学校に男女4チームずつ集まり練習試合が

行なわれました。


当初都内の別の参加中学校舎で行なわれる

予定でしたが、校庭の霜がヒドく

実施不可能。


急遽ムスメの学校で行う事に。


ムスメの学校は人工芝、いわゆる

オムニコートです。


こんな寒い時期の朝からでも

普段と変わらないコンディションで

プレー出来る、有り難いコートです。


ちなみに集まったのは都内1校、2県から

各1校とウチで計4校でした。


都内から参加のチームとは以前も

練習をともにした事がありますが

他県のチームとはなかなか交流が

ありません。   


特に公式戦では関東大会まで駒を

進めないと当たる事はありませんので

貴重な機会です。


私は仕事がありましたので

8時開始の練習試合の最初の30分だけ

見に行く事にしました。


試合方式は東強杯と同じ1ポイントごとに

交代する、いわゆる濱中式と呼ばれる

形式です。


せっかくの機会なので、午前中は

あらゆる組み合わせでガンガン試合を

消化する目的の様です。


ムスメは最近定番のSRさんとペアを

組み、第1試合から登場してくれたので

その1試合だけは観戦する事が出来ました。


相手ペアは都内高でした。

1〜2ポイント様子を見ましたが 

まず勝てるレベル。


最初のゲームこそ動きが硬く落として

しまいましたが、その後3ゲーム連取して

あっさり勝利。

そこで私は会社に向かいました。


私から見てもムスメのプレーは安定感が

ありました。もちろんミスもありますが

際どいコースを狙っての積極的なミス

なので、OK。


後はもう少し積極的、戦略的にボレーに

出れると一段上に行けると思うのですが

・・・。


この日は妻も仕事で観戦出来ず。


パパ友も行っていなかったので

その後のプレー内容や細かな戦績は

不明です。


しかし午後から行なわれた団体戦は

ムスメチームが1位だったそうです。


練習試合とは言え、2017年!良いスタート

が切れました。この調子で良いご報告が

ガンガン出来ると良いのですが

この時期は試合も無いので、次のご報告まで

は少し間が開くかも知れません。












2017年始動!

明けて2017年、いよいよ中学生における

ソフトテニス部での活動最終年です。


高校に進学後、ムスメがソフトテニス

続けるかはわかりませんので

今後の1日1日がより濃密な時間に

なる事を祈ります。


今後は公式の試合は4月までありません

ので、ひたすら研鑽の日々です。




1月5日、ようやく部活も再開しました。


休みの間、2年生は1度だけコートを借りて

自主練を敢行した様です。


ムスメはそれ以外で私とも数回打って

いますが、他のメンバー同様身体は

鈍っていたのではないかと思います。


部活がなくてもストレッチなどは

毎晩やっていましたのでそこまで

ヒドくはないと思いますが・・。


さて、次回は他県からも何チームか

集めての交流練習試合のお話しです。