読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

その後

ご近所さんで、足を剥離骨折してしまい

松葉杖生活を余儀なくされた部活仲間の

コのその後です。


ケガから約1ヶ月半。

ようやくギプスが取れました。


それでもまだ松葉杖は手放せない状態

ですので、朝学校まで送ってあげる

日々は継続中です。


6月初旬には学校で体育大会もありますが

残念ながらこちらの参加も難しそうです。


こうなると6月11日に行われる都大会

個人戦予選も出場する事すら危ぶまれ

ます。


団体戦は都大会出場権がありますから

せめて、6月18日の団体戦地区予選は

出場させてあげたいと思ってしまう

私は甘いのでしょうか。


そこに出場しないと、彼女は事実上の

引退となってしまいます。


彼女とムスメは保育園からの長い付き合い

で仲も良いので、私としてもどうしても

情が湧いてしまいます。


彼女が納得出来る終わり方を

迎えられます様に。


ま、ムスメだって納得行く終わり方を

迎えられるかなんて、わからないんです

けどね。






17年6月11日

この日が都大会進出をかけた

最後の地区予選。


100〜120ペアが参加予定で、与えられた

通過枠は4。


昨年は5枠あり、ムスメペアは

準々決勝敗退後に最後の枠をかけて

争いましたが、初戦で敗退。


昨年は2年生でありながら、3年生に

混じりよく奮闘しましたが、今年は

1枠減って、一体どうなるでしょうか。


個人戦に関しては途中敗退すれば

そこで引退。

後は団体戦のみとなります。


ちなみにこの地区大会の日は定期試験前の

為、練習もろくに出来ない可能性が

あります。


もちろん定期試験も大事ですが、

調整不足で敗退するのも可哀想。


どっちも頑張って納得の行く終わり方

が出来れば良いなと願うばかりです。





17年都大会日程

先日もご紹介しましたが、同じリンクを

また貼り付けておきます。

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎

http://park14.wakwak.com/~soft-tennis/totaikai-2007.html 


というのも、ようやく2017年度の

都大会の要項や各地区の都大会推薦

人数が発表されたからです。


昨年と同週開催だろうな、と大体の

予想はつくものの、実際に

日程がハッキリとした事で

予定が組みやすくなります。


それにしても本当にムスメの引退が

近づいて来ました。


団体戦は都大会進出が決まっていますが

個人戦は6月の地区大会次第です。


その枠は昨年度より1枠減って4枠!


ここの所、地区大会で3位より悪くなった

事はないムスメペアですが、最後の大会

という事で他の学校の3年生も必死ですし、

プレッシャーもあると思います。


とにかくベスト4に辿り着く前に敗退すれば

個人戦に関してはその瞬間引退になる

訳です。


最後の都大会。

個人戦も出場権を獲得して欲しいなー。


情報

以前も紹介した事がありますが、

私がよく見るサイトがあります。

↓    ↓    ↓

http://park14.wakwak.com/~soft-tennis/


これはこのブログを書く際にも参考に

させて頂いているサイトで、中学生の

ソフトテニスの大会の結果などが

載っています。


ただし都大会以上の記録しかありません

ので、大多数の選手にとっては無関係と

言えば無関係。


でもこれって寂しい。


例えばウチは夫婦でムスメの応援に

行っても煙たがれる事はないし、

途中で帰ろうものなら、『もう帰んの?』

とすら言ってくれる。


しかし多感で反抗期にもなりやすい

中学生。


親御さんの中には

『試合、絶対観に来るな!』

とか言われてたりする人も居るんじゃ

ないかと思う訳です。


そんな状態だと当然試合の結果も

教えて貰えなかったりするでしょう。


まぁ親御さんが子供の活躍ぶりに

興味がないなら別に良いんですが

興味を持ってる人にはツラいですよ。


情報がないのですから。


もちろん、個人情報の問題もあるかと

思いますが、地区大会ベースの試合も

サイト作ってアップしていくべきだと

思うんですよね。


ソフトテニスの人口拡大には、こう言った

データが見れるって大事だと思います。


ちなみに先程触れた個人情報の問題。

トーカーやDV被害の兼ね合いから

個人名は絶対載せてくれるな!

という人は確かに居ると思うので

難しいのかな。


また、サイトのアップを誰がやるの?

ってなった時に、きっと地区の部活顧問

ベースでやらされる可能性もあるのかな

なんて思うと、負担がかかり過ぎるな、

とか。


色々問題はあるのでしょうが、私は

推進派です。


選手本人達のモチベーションにも

繋がると思いますし。


他の地区の結果がわかれば

都大会などで対策も打てるかも

しれないですし。


無理かなー。




トラブル

キャプテンペアが3回戦で敗退した事で

ムスメチーム全ペアの試合が終了。


男子チームでも応援に行くか、という

話しがあったのですが、ここでトラブル

発生。


女子チームを引率していた顧問の先生宛てに

男子会場から一報が。


なんと男子チームを引率していた

コーチが審判の判定、態度に腹を立て、

結果審判に暴言を吐いたと言うのです。


そのコーチは熱心ですし、女子チームを

引率して試合を観てくれる事も多いのですが

そこまでアツくなった事を見た事が

ありません。


しかし、男子チームやその父兄の中では

男子の試合になるとアツくなり過ぎる

傾向にある、と言う評判だったそうです。


暴言を吐いたコーチは大会本部から

レッドカード。会場から退場を

命じられたそうです。


詳細は不明ですが、処分としては

そこまでで済んだそうです。


熱心なのは良いですが、コレはいけません。


スポーツを通して何を学ぶのか、

という事を失念した行為です。


しかもこの事がこじれて部活動停止などの

処分が下されれば、関係者全員に

遺恨が残ります。


これまで信頼、尊敬していたコーチを恨む、

なんて可能性もあるのです。


これは辛い。最悪この事がキッカケで

子供達がソフトテニスを嫌いになる

なんて事だってあり得たわけです。


根底に子供達の事を思うがゆえ、

というのはあるにしてもやり方を

間違えてはいけないな、と自分にも

置き換えて考えるキッカケに

なった事案でした。








17年 春季上位ブロック大会 個人戦②

ムスメの試合の報告の前に

こんな事があった事も書いておきます。



こういった上位ブロックに来ると

普段から試合で顔を合わせている

同地区のコ達と仲良く話したり

励まし合ったり、情報交換してたり

している様です。


LINEの交換などもしているそうで、

交流に一役買っているそうです。


ムスメは我が家の方針でスマホ

持っていないので、LINEでの交流は

持っているコから聞くだけ、の様です。


それにしても普段競い合っている

他校のコ達から応援されるのを

観ると、嬉しくなっちゃいます。


ポイント間に隣のコートで同地区の

コ達が試合していると、やはり私も

心の中で応援してしまいます。


ですから、今度都大会に行ったら

他の2ブロックのコ達も応援しちゃうなー

と思った次第でした。


話しをムスメの試合に戻します。


1回戦の相手はやはり、こちらに分が

ありそうな印象です。


しかしミスらしいミスもしないですし、

決定力にやや欠ける程度で弱くはない

相手です。


SRさんの調子も良さそうで、上手く

相手を振り回し、甘くなったトコを

ムスメが美味しく決める、という

パターンで4-0の快勝でした。


ちなみにムスメが3ゲーム目を獲った

直後にMSさんルーキーちゃんペアの

方を見たら、まだゲームが

継続していました。


後で聞いたらファイナルまでもつれた

訳ではなく、6ゲーム目がとにかく

長引いた様です。


ムスメが4ゲーム目を獲って

試合に勝利した頃にはさすがに

終了しており、結局2-4で敗北して

いました。


この時点でムスメチームは5ペア参加中

3ペアが1回戦負けでした。


やはり上位ブロックの壁はなかなかに

厚いです。


そうこうしている内にキャプテンペアの

呼び出し。


程なくして試合が始まりました。


先程よりは明らかに強い相手。


しかし今日の2人は落ち着いているし

ミスも少ない状態。


終始安定したプレーで危なげなく勝利を

収めたのでした。


そして、この日は本当に展開が早い。


私は仕事の時間が近づいていたので

展開が早いのは大歓迎です。


キャプテンペアの試合直後には

ムスメペアもコールされたのでした。


そしてこちらも先程より明らかに

強い相手。見る限りほぼ互角です。


それでも押し気味の展開でゲームカウント

2-1。4ゲーム目も順調に3-1まで

来ました。


しかしそこからなかなか決め切れない

ムスメペア。


デュースに持ち込まれると流れが

一気に相手に傾きました。


結果的にはこのゲームを落とした事が

敗因となりました。


2-2で並んだ後、相手ペアは落胆気味の2人を

振り回す事で、更に消耗させます。


前後左右に走らされたSRさんは

体力を一気に削られ、集中力も

途切れました。


結局立て直す事が出来ず2-4で敗北したの

でした。


完全に体力負けです。


体力が無ければ集中力は保てません。


夏場になったら、もっと消耗します。


今から引退までに体力アップをするには

時間が短すぎますが、課題は見つかった

訳ですから、次に活かせるかは本人達

次第です。


さて、ムスメが負けた事を見届けた

私は仕事に向かいました。


3回戦に進んだのはキャプテンペアのみ。


しかし彼女らも3回戦で強豪チームの

ペアに2-4で負けたそうです。


妻からの報告によれば、2人も体力不足

から来る集中力の欠如。


相手はゲームの最初から最後まで

パフォーマンスが変わらなかったそうです。


結局この大会では都大会の参加資格を

ゲットする事は叶わずに大会が

終了したのでした。


他地区はレベルアップしています。


このままでは都大会も厳しい戦いに

なるでしょう。


彼女らが強くなる事に何か協力したい

のですが、なかなかそれも叶わず

ヤキモキしている私なのでした。






17年 春季上位ブロック大会 個人戦①

男子チーム団体戦優勝の翌日、

今度は個人戦が開催されました。


近場ではあるものの、男子と女子の

会場は別。


調子の良い、男子チームの個人戦

観てみたいトコロですが、ムスメの

応援が優先です。


この日は息子はお留守番で、朝イチから

夫婦で会場入り。


早速組合せ表をチェックしました。


3ブロック×16ペアの参加者を

ABCのブロックに振り分け、

各ブロックの優勝者が都大会に

行ける流れです。


団体戦に比べるとかなりの狭き門なのです。


ムスメ達の分析によると、順当に行ったと

して、3回戦に当たるトコが強い、との事

でした。


ただしムスメ地区以外は全体レベルが

高く、油断しているとすぐに

足下をすくわれます。


開会式を終えるとすぐに試合が始まり、

ガンガン消化されていきました。


そんな中最初にコールされたのは

地区1位のキャプテンペア。


この辺りの組合せは詳細こそ発表されて

いないものの、団体戦の時にもあった

様に、地区1位には他地区ベスト16が

当てられる、という具合になっていると

予想されます。


しかし昨日までの団体戦の成績を

考えると、他地区に特に個人戦

甘いペアが居るとは思えません。


そしてやはりキャプテンペアの相手も基礎がしっかりとしていました。


しかしこの日の2人は気合が入っていて

集中していました。


2日前の団体戦ではエースの立場で

ありながら格下相手に計2敗。


その屈辱を晴らすほぼ完璧な内容で

初戦の相手を圧倒したのでした。


スコアは4-0。上々の滑り出しです。


試合が終わると控えていた次のペア達が

すぐにコート入り。


かなり早い展開で進行して行きます。


そして次にコールされたのはレフティMS

さんとルーキーちゃんペア。


彼女らは地区5位ですから相手は

他地区で同じくらいの成績のペアだと

予想されます。


試合が始まると予想通り互角。

ややこちらに分があるかな、という

雰囲気でした。


しかしこちらはダブル後衛。


地区大会までなら、強打でも繋いでも

ポイントが獲れていましたが

上位大会になるとそれを拾って来ます。


なので厳しいコースを狙って決めに

行くのですが、これがアウトになる

ケースが多い。


また相手の前衛も決定力不足の為、

1ポイント1ポイントが長くなりました。


5ゲーム目を落とし、カウント2-3に

なったその時、ムスメペアの試合が開始

されてしまったので、急遽そちらに

向かう事になった我々夫婦なのでした。