中学〜高校ソフトテニス 応援記 (高1女子と中1男子!)

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

冬季地区研修大会③

その後の妻の報告によると予選リーグ3試合目も

3ペアとも危なげなく勝利。


息子も覚醒したかの様に良いショットを

続けたそうです。


決勝トーナメントは8チームが残ります。

さすがにそれは各校のAチームばかりでした。


決勝トーナメントからは2番までで勝敗が

決まれば3試合目はありません。


実際1回戦はそれで勝利し息子の出番は無し。


そして準決勝。


息子もそれなりに頑張っだそうですが

善戦虚しく敗退。


結局その相手が優勝。


しかし1番手を欠いた中、みんなよく頑張り

ました!


雪辱は春の大会で晴らそう!


ま、その頃は息子出番ないですが、、


でも私が見る限り、2年生の3番手後衛には

かなり近づいている印象です。


妻によると試合を観ていた仲間からは

息子君、今日キてるよねー!と言う感想だった

そうです。


まぁ前衛が頼もしい先輩でしたから伸び伸びと

出来たのでしょうが、この経験が成長に

繋がると確信を持てました。


また今回出れなかったキャプテンで1番手後衛の子も悔しかったでしょうし、息子の存在が

刺激になったと信じたいです。


これから春になれば試合が続き、アッと言う間に

新3年は引退です。


メンバーの皆には悔いを残さない様に頑張って

欲しいと思います!



冬季地区研修大会②

相手はとある中学のBチーム。


学年はわかりませんが1年生主体で

間違いないでしょう。


案の定1番手2番手がストレートであっさりと

勝利を決めます。


ここで息子ペアの出番。


昨晩1番手前衛とのペアを発表されプレッシャーでテンションがだだ下がりしていた息子ですが

これで気が楽になった事でしょう。


しかし試合はこちらのミスや相手の

ラッキーもあり1ゲーム目から

デュース展開になりました。


立ち上がりこそ不安定なペアでしたが

息子の高確率で入るカットサーブが

急カーブを描きながら相手コートを

えぐったり、相手の逆を突く

スーパーショットも決めるなど

息子、大活躍!


しかしそれも頼もしい先輩が前衛で

しっかり守っているからこそ。


結局危なげなくストレートで勝利を

収めたのでした。


続く2試合目も3ペアともストレート勝ち。

格下相手と言う事もありましたが

息子ペアは相手がよく見えている様でした。


ガンガン打ち込む訳ではなく、相手のボールに

対して上手くいなし、時にはロブを上げるなど

して揺さぶります。


終始落ち着いてプレーした2人の失点は

先輩のダブルフォルト1点のみ。


ほぼ完璧なプレー内容でした。


しかし例によって私はここで時間切れ。


後の事はビデオ撮影も含めて妻に任せて

会場を後にしたのでした。

冬季地区研修大会 ①

久々の試合、団体戦です。


息子は最近安定の4番手エントリー。


しかし研修大会と言う事もあり、息子中学からは

A・B2チームでエントリー。


、、だとするとBチームの方が試合には確実に

出れるなんて考えていました、、


しかしなんと1番手後衛のキャプテンが

ケガで出場を見合わせ!


息子が3番手として繰り上がり出場する事に

なったのです!


他のペアを入れ替える事で、不慣れなペアを

増やさないと言う意向があったのでしょう。


息子はなんと1番手前衛と組む事になりました。


基本オーダーは以下の通り

①3番手後衛(2年)・3番手前衛(1年)

②2番手後衛(1年)・2番手前衛(2年)

③4番手後衛(息子1年)・1番手前衛(2年)


基本的に①②で勝ちに行きますが③に回って

来ても1番手前衛のフォローで勝ち切る!と言う戦略です。


まずは予選リーグ。


4ブロックに分かれ、各4〜5チーム入ります。


息子中学のブロックは4チーム。そこで総当たり

して上位2チームが決勝トーナメント行きです。


今までの実績もありますから、残りの3チームは

それほど強いトコではありません。

Bチームもありましたから余程のことが無い

限り、勝ち上がれそうです。


しかし息子が出る以上ハラハラドキドキが

止まりません。


開会式が終わると早速第1試合から

コールされた息子チームなのでした!






19年1年生大会その③

初戦の相手はなんと混成チーム。


つまり欠員が出た学校の子同士が組んで

試合をやるのです。A・B中学の混成と言う

感じです。


研修大会の為、勝ち上がりも可能との事。


公式の試合だとエキになり、勝ち上がっても

2回戦は出れないのですが今回はOK。


研修大会とは言えなんでもアリな感じです。

※まぁ息子もそれで救われましたが。


試合前乱打を見る限り、親の欲目もありますが

息子のストローク力が頭一つ抜けています。


前衛は互角か、やや部が悪そう。


サービスを選び試合が始まります。


息子のカットサーブは比較的速い上に

カーブを描きながらコートに入って来て

弾みも少ないタイプです。


これが入れば私でも返すのがやっと。

取れない時もあるくらいです。


初心者から始めた1年生で初見で取れる子は

まず居ないでしょう。


まぁ、入ればですが、、、


息子はサーブの回転に命かけてるノリなので

試合でも確率悪いのにMAX回転のサーブを 

打とうとします。


この試合もそれ。


入れば1発で決まりますが、まぁ入らない。

ダブルフォルトもする始末。


なるべく息子のサーブでポイントを重ねたい

のですが思う様に展開出来ません。


そして相手の前衛。攻撃力はありませんが

確実に返球するタイプ。


一気に決めたがる息子には最悪の相性です。


つまり相手は緩い球ですが確実に返します。

甘いボールなので息子が決めに行く。

ネットにかける。


こんな調子で序盤からデュースデュースの 繰り返しです。


結局試合は0-1、1-1、2-1と進みミスを

重ねて2-2でファイナル行きです。


コートにいる4人の中では本当に1人エースを

決めるショットを打ちながらゲームを支配する

事が出来ません。


ファイナルも0-1、0-2、1-2、1-3、1-4と

追い込まれて行きます。


後で息子に聞いた所、試合内容からこの時点で

負けるとは思ってなかったと言っていましたが

観てる方はハラハラです。


かなりリードされていながらようやくエンジンが

かかってきたのか息子のフォア、時にはバックの

ウィナーであっという間に5-4に挽回。


5-5でまた並ばれましたが結局7-5で混成ペアを

引き離したのでした。


いやー、危なかった。向こうは後衛の

一か八か高速サーブと前衛の守備力が

そこそこハマり本当に大接戦。


このレベルは何が起きるかわかりません。


ちなみに息子ペアのS君はコート内で誰よりも

声を出し、息子の強引なプレーのミスにも

ずっとドンマイ・ドンマイと声をかけ続けて

鼓舞してくれました。


プレーでも自分の出来る事だけに集中して

ダブルフォルトもしませんでした。


彼のゲームを一生懸命、そして楽しそうにやる

スタイルに息子はどうかわかりませんが私は癒され ました。


S君、本当にありがとう!


私はここで時間切れで会社に向かいました。


会社に着く頃には2回戦負けの報告が妻から

ありました。


うーん。残念、、


もうちょいイケると思ってたんですが

相手は娘の高校(そこそこ強豪)の卒業生が

顧問をしている学校。


どうやら1年生と言えどだいぶ基礎を叩きこまれ

ている様です。


妻によれば1-3で負けたその相手との対戦も

コート内の4人の中で息子が1番良かったと

言っていましたので(親バカですが)急造ペアで

よく頑張ったなと思いました。


ただし本妻ペアだとしても総合力では負けていた

だろうとも言ってました。


妻にもそれなりに分析力が培われている様です。


最終成績は前評判通り、息子中学の1番手が

優勝。息子に勝ったペアは3位に入りました。


息子の学校からは1組が4位に入りました。

そこのペアは前衛の子がまずまず打てるので

上手く機能した様です。


息子はギリギリ1回戦勝利のベスト16。


結果では遅れを取りましたが4位のコ達よりも

間違いなく打ててます。


悔しさをバネに頑張れ、、るかなぁ、、

アイツ、、集中力ないし飽きっぽいしな、、


と心配してる父なのでした。


19年1年生大会その②

当日は女子も同会場。


女子は8時受付。男子は10時受付です。


しかし息子中学は現在男子の顧問が不在の為

引率の関係上、全員8時集合でした。


我々夫婦は女子の試合も観たかったので

9時半に会場入り。


そこで息子を見つけると、、


『もう1人休みが出たから、そいつのペアと

組んで出る。研修大会だからエキにもならない

って。』との事!


おー!!


なんとかエキ回避です。もちろん病欠が

増えての事ですから手放しでは喜べません。


でも息子とその子(S君)にとっては  

不幸中の幸いです。


急造ペア。しかもS君は真面目で明るく挨拶も

しっかりした凄く良い子ですが、まだフォーム

も固まっていません。


残念ですが上位進出は望めない可能性が

高くなりました。


でもまぁこうなるとそれはあまり

関係ありません。

元々のペアのH君が参加出来たとしても

上位に行けるかなんてわからないの

ですから。


ちなみに男子のエントリーは44ペア。

しかし息子のペアの様に欠席もありましたので

結局38ペアほどのエントリーとなりました。


男子の試合が始まるまでは女子の試合を

観戦していました。


1年生だとやはりフォームが固まっていない子が

多く、そこそこ固まってる子と試合すると

あっという間に試合が終わります。


下手すると5分。少し長引いても10分もあれば

試合が消化されて行きます。


その間男子も試合前練習、開会式を済ませます。


例によって私は出社時間が迫っていましたが

1試合観るまでは会場を離れないと勝手に

決めていましたので、ひたすらソワソワ

していたのでした。


男子の試合が消化され始め約20分。いよいよ

息子ペアがコールされたのでした。







19年1年生大会その①

いよいよ1年生大会です。


今までの試合だとまだ基礎が出来ていない

1年生は1回戦で勝っても2回戦で2年生に当たり

大体コロっと負けます。


そして負けても仕方ない、という雰囲気が

ありました。


しかし入部から約9ヶ月。そろそろ打てるコも

チラホラ出て来ますし、相手は同じ条件の

1年生。腕試しにはもってこいの大会です。


ウチの地区はジュニア上がりのコは同じ中学の

H君だけ。そのペアのコは硬式上がりです。


ですので現時点では地区で頭一つ抜けていますし

秋の新人戦地区予選でも2年を交えても3位に入りましたのでダントツの優勝候補です。


そこはさておき、、他校の生徒の伸び具合を

チェック出来る楽しみな大会なのです。


しかし敵は彼らだけではありません。


そう!インフルエンザやノロウイルスと言った

感染性の強い病気です。


ニュースでも特にインフルエンザは日に日に

増えていると報道されているし、とにかく

病気で参加出来ないのは最悪です。


大会が開催される1月20日まで気が気でない

日々を過ごしました。


そんなこんなで大会前日。


妻からLINEが入り、息子のペアの子が

頭痛で帰宅したとの連絡が!!


その夜、そして翌早朝もその子の父兄から

特に連絡が無かったので大丈夫だったかな?

と思いましたが息子を試合に送り出した

直後!ペアの子の父兄から『インフルエンザ

でした。すみません。今日は参加出来ません。』

の連絡が!


なんと!ペアの子が参加出来ないと言う事は

経験上息子はエキ決定です。

※エキ(ジビション)とは試合時間的に余裕のある

コと組んで1回戦に出れるシステムですが、勝っても2回戦には進めない。


この試合に向けて年末年始もボールを打たない

日はほとんど無いくらい頑張って来た息子には

酷な知らせです。


こればかりはペアの子が悪い訳ではありません。

ウイルスは見えないのだから完全な予防は

出来ない訳ですし、、


夫婦でため息をつき、集合場所でそれを

知らされたであろう息子の心境を想像し

暗澹たる気持ちで会場に向けて出発した

我々なのでした、、


18年度関東ソフトテニスインドア大会※開催は19年1月12〜13日

東京インドア大会終了から間が空く事もなく

女子の関東大会が開催されました。


結果はこちら!

↓   ↓   ↓

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.softtennis-mag.com/20190113-22356/amp/%3Fusqp%3Dmq331AQECAEoAQ%253D%253D


12連覇を狙う文大杉並がまさかの2回戦敗退!

その後順位決定戦で全国選抜行きを決めましたが

文大さんにとって悔しい結果である事は

間違いないでしょう。


国本もベスト4に入り全国選抜行きを決めました。


東京インドアでもチームスコア0-2で文大に

敗れたとは言えかなり総合力で迫っている

印象だったそうですので全国大会も頑張って

欲しいと思います。


国本学園と言えば強豪の私立高校としては

珍しく、練習休みも多く試合中など失敗を

咎める事もなく楽しみながら強くなる

スタイルだと聞きます。


多くの学校がブラックな練習を

している中ホワイトで結果を出すと言うのは

これからの部活、ひいては社会人になってからの

生き方・考え方にも影響を与える良い例と

なるのではないでしょうか。


この辺りソフトテニスマガジンさんに

取材して頂き詳しい情報を知りたいものです。