読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学ソフトテニス 応援記

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

期末テストの結果

2学期の学業成績を受けて、負けず嫌いに

火をつけたムスメ。

※1学期より少し下がった。


今回は試験の1ヶ月前からコツコツと

勉強を続け、また塾にも通い足りない

部分を補強。


これにより、わずかではありますが

点数アップしていました。


相変わらずテスト慣れしていないと

言うか、思い込みが激しいと言うか

本当に勿体ない勘違いで点数ロス

している事が多々あり、その点は

本人も悔しがっていましたが、

それでも全体の得点は上がりましたので

それなりに満足は出来た様です。


高校進学にあたり、いわゆる学校の

通知表が大事になって来る訳ですが、

高校に提出するのは3年生1学期の

通知表です。


2年間出遅れてるコ達がここで頑張って

挽回する事もありますので、コツコツ派の

ムスメだって油断なりません。


3年生1学期の試験は6月です。


その時期は都大会進出をかけた試合も

行なわれますので心身ともに負担の

大きい時期となります。


しかしこの2年間、ソフトテニス部で

鍛えられたおかげで体力・精神力・集中力が

大幅にアップしたムスメ。


過度な期待はプレッシャーになりますので

普段から勉強や部活の事はほとんど本人の

自主性に任せています。


多少のアドバイスはするものの、

勉強しなさい、とは言った事はないし

言うつもりもありません。


ただ先日、なんで大学へ行かないと

いけないの?という問いに対しては

行かなくても良いけど、自分が何か

目的を持った時に選択肢が広がるのは

確かだよ、とだけ伝えました。


そんな会話をしながら、ムスメの成長が

感じられて嬉しくも頼もしくも感じた

父なのでした。







冬期地区研修大会 団体戦②

ムスメの居るAチームの勝利を見届け、

次はBチーム観戦。


Bチームは2年生ペア1組と1年生ペア

2組で構成されています。


ただ構成されていると言っても

ムスメ学校のソフトテニス部女子は

Aチーム6名、Bチーム6名の計12名。


つまり2チームギリギリの人数なのです。


1年生の1ペアは先の学年別大会で

地区優勝しているものの、2年生と

当たればまだまだ勝利は厳しい状況。


そんなチーム状況ではありましたが

第1試合 チームスコア1-2

第2試合 チームスコア2-1

で、なんとか予選リーグを

勝ち抜いたのでした。


少数精鋭と言えば聞こえは良いですが

私が感じたのは地区レベルの低下です。


現在の3年生、その前の卒業生と

見て来た中で、今年のメンバー達は

どうも地区全体的に勢いが感じられ

ません。


もちろんムスメが入部した当時は

ムスメのレベルで周りを見るので

先輩第がやたら凄く見えた、というのは

あるかも知れませんが・・。


この辺りはコーチや他校の顧問の方に

お話しをうかがってみたい所です。


話しを戻して、ムスメ達Aチームの

第2試合。


先程と同じ順番で試合に臨みます。


キャプテンペアはあっさり勝利し、

ムスメらの出番。


相手はどうやら2年生後衛と1年生前衛の

様です。


その2年生後衛は体格も良く、ファースト

サーブはなかなか速いボールを打って

来ます。

ストロークも良いのですが、Bチームの

特徴、バックハンドに難ありです。

また1年生前衛もまだまだです。


相変わらずのボコボココートに来るしめ

られ、最初のゲームを落としてしまい

ましたが、その後はむしろ速いボール

処理を得意とするSRさんの餌食になり

危なげなく勝利。決勝トーナメント進出を

決めました。


残念ですが、私は例によって

ここでタイムアップ。


会場を後にし、この後観戦に来る妻に

結果報告を任せます。


決勝トーナメントはBチームは残念ながら

1回戦負け。


AチームはBチームを倒して勝ち上がった

そこのチームに勝利を収め順当に

ベスト4へ。


ちなみにそのチームにはKMさんという

個人戦最大ライバルが居ます。


はたしてそのペアと当たったムスメペア。


その試合は3面展開で、その内2面で

同じチームが勝つとその瞬間3試合目は

終了になってしまうのですが、

ムスメらはまさにそうなってしまいました。


ムスメの調子が芳しくなく、もつれに

もつれたその試合は3-3のファイナル

ゲーム突入。ファイナルゲームスコア

2-2の所で他2ペアが勝利を収め、終わって

しまったそうです。


この辺りは残念ですが、引退がかかる

大会でキッチリと決着をつけて欲しい

ものです。


結局ムスメチームはこの途中終了の試合を

除き、全勝で優勝。

貫禄を見せる結果となりました。


ちなみに都大会でベスト32まで行った

地区2番手のチームはなぜか決勝

トーナメントで早々に敗退していました。


このチームと当たってどちらが上か

白黒つけたかったのですが、これも

また残念な結果となりました。


前述した様に地区のレベルが落ちている

のを感じましたが、ムスメチームは

上を目指すのみです。


4月になれば地区大会・ブロック大会・

都大会と続きます。


油断はもちろん禁物ですが、このまま

突っ走って欲しいと思う父なのでした。


冬期地区研修大会 団体戦①

3月の第1日曜日、地区の研修大会が

行なわれました。


4月から始まる公式戦に向けて

有利な組み合わせを獲得する為にも

取りこぼす訳には行かない試合です。


と言うより、現在のムスメチームの

地区での実力からすると優勝して

当たり前。都大会で良い成績を

目指すなら圧倒的に勝たないと

いけないと勝手に考えるワタクシでした。


しかし直前まで期末テストでしたし、

期末テスト直後ムスメは私との練習は

したものの、翌日は雨で打てず。

その翌日は委員会の仕事が長引いて

打てず、でようやく土曜日の練習で

体をしっかり動かせたという状態でした。


それまで毎日の様に練習していた

彼女にとって、試合までのこの10日間で

2日しか練習していないのは不安要素

なのです。


どうなる事やら・・。


朝9時開始の試合に5分前から会場入り

したワタクシ。


いつもの様に試合表のチェックです。


どうやら今日は各校2校エントリーして

いるトコが多いみたいです。


ムスメのチームもA・B2チームエントリー

していました。


先ずは3チームずつAブロックからHブロック

までに振り分けられ、そこで予選リーグを

行います。


各ブロック2位までが決勝トーナメントに

進めます。


ムスメらのAチームを見ながら

別コートの1年生主体のBチームも

チェックします。


予選リーグはこれまでの実績で

他校Bチームばかり。


しかし我が校のBチームは

Aチームばかりのところに

組み込まれています。


そして早速始まったAチーム第1試合は

キャプテンペア。


久々の試合という事もあり、序盤は

硬さも見られましたが危なげなく

3-0で勝利。


続く2番手はムスメペア。


ソフトテニス団体戦

実力1番手が2番目に出陣する事が

多いのですが、ここの所の

個人・団体の勝率を考えてか

大事なポジションを任されている様です。


試合前の乱打。


ペアのSRさんのストロークがいつもと

違い、ゆったりです。


あたり損ないの様な中ロブショットを

続けており、やはり調整不足か?

という印象でした。


しかし試合が始まると私の不安は

どこへやら。


鋭いストロークとエゲツないコースに

打ち分け、相手チームを圧倒したのでした。

3-0で勝利したのですが、取られた

トータルポイントはわずか4。


それもコート整備が行き届いていない

状態からのイレギュラーによる不運な

ミスや、厳しいコースを狙った事による

積極的ミスによるものでした。


ちなみにムスメはやはり動きがまだ硬く、

大きなミスこそないものの本調子とは

程遠い印象でした。


話はいったん逸れて、その夜。


私が、SRさん試合前乱打でピリッと

してないからどうしたかと思ったよと

ムスメに伝えたら、驚いたら事にアレは

戦略だと。


つまり、乱打でこちらの手の内を

見せる様な強烈なストローク

打つ事は無意味だし、中ロブを深く

打つ事で相手の力量が測れるのだ

というコーチの教えをすぐさま

実践したと言うのです。


なるほど。参りました。


私レベルの考えではその日の調子を

測る為にも強めのストローク

どこまでコントロール出来るか

試しながら試合に臨んだものですが

フルショットを相手コートに入れるのは

当たり前のレベルになると、こういった

相手の事を見極める事が大事である、

という風に変化するんですね。



話しを戻して3ペア目。

彼女らも危なげなく勝ち、

チームスコア3-0で勝利!


話しが長くなって来たので

次回に続きます。






期末テスト終了からの

ムスメの期末テスト終了日は

3月1日水曜日。


水曜日は部活が休みだし、給食も

ないのでムスメと外食&コート借りて

練習する約束をしました。


テスト明けで腕が鈍っているか

チェックです。


日曜日には地区の研修大会が控えて

いますのでサビ落としは早いに

越した事はありません。


みっちり打ち合ったりバックバンドを

徹底的に練習したりしました。


基本的にメニューはムスメに任せました。


自分の課題をよく把握している証拠です。


やはり鈍りは感じましたが

お互いに良い運動になりました。


日曜日までに部活は3日間しか

ありません。


このブログを書いている木曜日は

終日雨模様。


恐らくフィジカルトレーニングは

やったとしてもボールは打てない

でしょう。


いや、ホント昨日の水曜日に

みっちり打っておいて良かった。


日曜日頑張れ👍👍


あ、テストの出来を聞くの忘れた。😆

気持ちの良い朝

春が近づいて来ましたね。


今朝は明日から期末テストのムスメと

ムスコも誘って、公園の端っこで

軽く球打ち。


この1週間、試験勉強で体が

鈍ってるだろうムスメ。


試験中に余裕?とかではなく、

やはり気分転換した方が良いし、

体を動かし、有酸素運動をした

方が脳にも影響を与えますから

こういった事も必要だと思います。


実際昨晩会社から帰る途中、ムスメに

『軽く打つかい?』ってメールで誘ったら

すぐに『打つ!』って返信来ましたから。


やっぱりストレス溜まってたんだと

思います。


公園で他の人の邪魔にならない様に

打っていたところ、まだまだ初心者の

ムスコを見かねて、ムスメが

フォームのレッスンを始めました。


父親のアドバイスはなかなか聞かない

ムスコですが、姉のアドバイス

素直に聞いています。


普段それほど仲良くはないように

見えて、弟は姉をそれなりに尊敬

してるのかなぁと感じられる一コマ

でした。


少し動いただけで体はポカポカ。

春が近づいてるのも感じました。


帰る前に寄り道して買う飲み物は

ホントにおいしい!


結局こっちがエネルギー貰ってるんだなぁ。



16年度3学期期末試験

部活は昨日、月曜日まで。

本日からは試験1週間前という事で
部活は一時休止です。

ムスメの中で今回の定期テスト
期するものがある様で、2月に
入ってからコツコツと勉強を
していました。

2学期の成績評価が少しダウンして
いたのが悔しかった様で、
塾にも行きたいと言い出しました。

ヤル気になっていますから
こちらはその手伝いが少しでも
出来ればとOKを出し、週2回行く事に。

ソフトテニス部からも学生の本分は
勉強であり、これをおろそかにする者は
部活を制限する可能性がある、
と言われています。

しかし、まぁ我が子ながら根が真面目
というか、ホント関心します。

自分が中学生の頃を考えると
尊敬に値する真面目さ。

頑張った事が結果に繋がると良いね。



日曜日の朝

日曜日は家族全員が朝寝坊できる唯一の日。

 

私は仕事がありますが、お昼からにしている事が多いので一緒にのんびりします。

 

その午前中を利用して、息子と市区町村運営のプールに泳ぎに行ったりします。

 

また本日はムスメと公園で他の人の邪魔にならない程度にボレーボレーというのを

しました。

 

ボレーボレーとはお互い3~4mほど離れ、ダイレクトに打ち合う事で

色んなコースのボールに対して相手にうまく打ち返す遊びの様な練習です。

打ち返すコースが大事で、連続で続けるには相手の打ちやすいところに返す

技術が必要になります。

 

ボレーにおいて面を意識するのに大事な練習です。

 

これをやるとムスメの力量成長度合いも大体わかります。

 

ま、でも単純にムスメがこういう事に素直に付き合ってくれる事が

嬉しいんですけどね。