中学〜高校ソフトテニス 応援記 (高1女子と中1男子!)

ムスメが中学生になり、始めた部活は父親(私)も学生時代にやっていたソフトテニス。彼女のソフトテニス挑戦記です。

18年新人戦地区予選【団体戦】その1

都大会を目指して秋の新人戦が

各地区で開催されているこの時期。


息子の地区でも同様に開催されました。


参加校は9校。都大会枠はその割に多い

4校です。


9校を3ブロックに分けリーグ戦を行い

1位、2位が通過。


通過した6チームで決勝トーナメントを

行います。


AブロックとBブロックの1位は

決勝トーナメントの2回戦からですので

その時点でベスト4に入ります。


そして自動的に都大会進出です。


Cブロックの1位と各ブロックの2位は

決勝トーナメントで1回勝ってベスト4入り。


晴れて都大会進出となります。


息子のチームはこれまでの実績も

あるのでAブロックの第1枠。


1位通過がもちろん目標です。


さて、この日の団体戦


レギュラー6人は不動です。

2年生は4人しかおらず、1人も欠かせない

戦力。1年生からはジュニア上がりのコと

硬式上がりのコが居ますので現在これを

脅かす初心者1年生は当然ながら皆無です。


初心者軍団(13人くらい居る)の息子は

まだ無関係だと思い、来週の個人戦

応援をする為にも今週は午前を空けて

いませんでした。


そしたらですね、、、息子、、なんと

4番手としてチームエントリーされたの

です!!


実力はもちろんかけ離れているので

試合には出ない、お飾りみたいなもの。


でも現時点では初心者軍団の中では

マシだと判断されたのでしょう。


自動的に息子のペアもエントリーです。


実は息子と組んでいない前衛で1人、

センスの良い子が居るのですが

残念ながらその子はエントリーされ

ませんでした。


まぁとにかく仲間の試合を1番近くで

観れるのですからラッキーです。


私は応援に行けないのでチームの様子は

妻にLINEして貰う事になりました。


試合の様子は次回に。




疲労骨折

足の痛みを訴え、レントゲンを

撮ったムスメ。2つの病院で確認して

貰いましたが、折れてはいませんでした。


しかし、疲労骨折の可能性があったので

MRI検査をする事に。


検査の結果、やはりと言うか疲労骨折の診断が下りました。


これまでケガとは無縁でしたし、

高校の練習も体力的についていけて

いましたが、やはりハードワークである

事は間違いありません。


練習はしばらく見学。球拾いは

ドクターストップ。足に負担が

かからない筋トレならOK。

という感じでリハビリ生活に

入ることになりました。


2週間後に控える、高田商業(18年男子インターハイ優勝、女子インターハイ出場。)への

遠征は参加は不可能と思われました。


しかし、ムスメは参加する事に決定。


プレー・練習はしませんが見学して

全国レベルを肌で感じるだけでも

勉強になるから、という判断です。


しかもムスメの監督が言うには

高田商業の監督さんの1番側に居ろと。


監督さんは選手への指導を大声で

しますし、選手のプレー一つ一つに

独り言とも言える呟きをするそうで、

それが実に為になるそうです。

※しかも先輩方からはその事を非常に

  羨ましがられたそう。


今までムスメは自分の事しか

見ずに練習を重ねて来ましたが、

コレは逆にチャンスかもしれません。


ソフトテニスと言うものを深く知る

チャンス。


活かせるかどうかはムスメ次第。


気持ち一つです。


ケガを後退と取るのか、飛躍の為の

助走と取るのか。


繰り返しますが本人次第。


ケガしちゃったし、あまり頑張れよ

とは言えませんがイチファンとして

応援してるぞー!



夏期研修大会②

結論から言うと、ムスメの足は

レントゲンの結果骨には異常なし。

・・・とりあえずホッ。

 

おそらく筋肉疲労でしょうが、疲労骨折の

可能性は残るので、この日は練習を休み

ました。丁度翌日・翌々日が休みなので

それで経過を見る感じです。

言い訳になるかもしれませんが、先日の新人戦の

開催前・当日も痛みはあったそうです。

 

さて、ムスコの試合。

 

開始15分前に妻が到着。私もギリギリ

見届ける事が出来ました。

 

そのムスコの試合報告の前に、、

 

この夏期研修大会は来月行われる

都大会進出をかけた新人戦予選の

シードを得る為の大事な試合です。

 

ここで結果を出せば新人戦予選で

有利な組み合わせが期待出来ます。

 

都大会を狙う2年生には大事な試合

なのです。

 

ムスコの試合が始まる前、私はとある

選手に注目しました。

 

きっかけは珍しい名前と小柄な体格。

 

微笑ましくその子の試合を見学していたら

どうやらジュニア上がり。 

身長差30cm、体重も倍くらい違うのでは?と言う2年生相手に

互角に渡り合うではないですか!

 

両ペア互角の内容のままゲームは進み

ファイナルへ。そしてなんと1年生ペアが

7-5で制し、勝ち残ったのでした。

 

確かにその子はそれなりに上手かったの

ですが、前衛はまだスキだらけ。

 

また相手の油断にも助けられました。

体格差があるからか、強引に決めに行って

つまらないミスを連発。

 

試合前、この2年生は恐らく小柄な

1年生ペアをナメていたのでしょう。

 

そして本来の実力を発揮していれば

2年生達は勝っていた可能性も高いと思います。

 

そしてこの試合で勢いに乗った

1年生ペアはなんとその後準優勝を果たした

のでした!

 

この結果を聞いて、1回戦で当たった2年生

にはちょっと同情です。

 

勝つチャンスはいくらでもあったのに

逃したのですから、、。

 

しかしそのワンチャンスを活かした

1年生も立派。大したもんです。 

 

はてさて、ムスコの1回戦。

 

相手はこれも体格差のある、どうやら

2年生。勝ち目は無さそうです。

 

試合前の乱打を見ると決して強い2年生

ではない印象ですが、厳しい事は

間違いありません。

 

そもそもコートの対角線で距離も方向も合わせ

なければいけない試合前乱打は初心者には

難しいのです。

 

ムスコは何とか方向は合わせていましたが

距離は合わず、相手を振り回してしまう

感じ。ムスコのペアは距離も方向も

なかなか合わせられませんでした。

※もちろん初試合の緊張もあるとは思います。

 

相手サーブから試合開始。

上から打つオーソドックスなタイプです。

 

ムスコの学校のサーブは基本経験者以外

下からのカットサーブ。

 

ムスコらは上からのサーブをほとんど

受けた事がないのです。

 

だからかなのか、速いサーブを打ってくる

のに、サービスラインギリギリ、かなり

前でレシーブの構えをする2人。😅

 

幸い、相手のサーブの確率が悪かったので

セカンドサーブをなんとかレシーブする

展開になりました。

 

ムスコ、丁寧に丁寧に相手コートに

打ち返していたのが印象的でした。

 

相手コートに入れば何かが起こります。

相手も中学生。シード選手と言う訳でも

ないので、ミスする可能性はある訳です。

 

実際その通りになりました。

丁寧に打ち返す。それを強打出来るほど

ストローク技術が相手にない。

 

また緩めの球が来る、なんとか返す。

 

そう、それなりに試合になってしまった

のです!(笑)

 

やはりコートに返せば何かあります。

 

相手のミスでポイントを取る事も出来ました。

しかし結局ファーストゲームは

2-4で落としました。

 

続くサービスゲーム

 

ダブルフォルトするなよ、、という私の心配をよそに

ムスコはアンダーカットサーブをポンポン入れていました。

 

しかも勝手に相手がミスを続けてくれます。

0-1、0-2。

 

続いて息子のペアのH君のサーブ。

やや危なっかしいものの、なんとかダブルフォルトもせずに進行。

しかしポイントは1-2、2-2と並ばれます。

 

さらに続いて息子のサーブ。

 

たまたまですがこれまで山なりのアンダーカットが少し

スピードアップして入ったのを相手がネットにかけ、2-3。

 

ある意味このゲームポイントはどんな試合よりも緊張感があります。

 

続くポイントも相手があっさりとレシーブをオーバーさせました。

 

・・・!!

 

 ヤツらゲーム、獲りよった!!

 

まさかゲームが獲れると思っていなかった(←超失礼)我々夫婦は

大喜びです。

 

相手ペアは格下とやっているとわかっているからこそ!自分たちがミスしなければ

勝てると思っているからこそ!慎重になり過ぎてミスを重ねた様に思います。

 

しかし幸運はここまで。

 

その後もポイントは取れますが、ゲームは取れず。

結果1-3で敗北!

 

それでも毎ゲーム2ポイントは取っていました。

少ない技術の引き出しから、自分たちが出来る事だけを忠実にやって

丁寧にポイント獲っていました。

 

まだ勝ちたいと言う欲がないからこそかもしれませんが、最後まで

諦める事もなくよく頑張りました。

 

私たち夫婦も彼の頑張りを見れて感動しました。

 

暑い中お疲れ様でした!

 

ちなみに経験者を除く1年生は他に7ペアくらい出場していたのですが

全て2年生にあたり、全てストレート負け。

 

ラッキーはありましたがゲームを獲れたのはムスコ達だけだったそうです。

 

少しは自信になったかな?ソフテニをこれでもっと好きになってくれたら

父は嬉しいよ。

 

最後に、、優勝はムスコの学校のジュニア上がりの1年生と2年生ペアが

果たしました。

 

2年生のエースぺアはベスト4。硬式上がりの1年生と2年生ペアはベスト8でした。

 

2年生が一人居たとは言え、決勝は1年生対決。

 

ジュニア上がりとは言え、まだ体も小さく、強いストロークを打てない

子達に負けた訳ですから全校の2年生は反省ですね。

 

お尻に火がついた2年生が頑張れば地区のレベルも上がります。

 

みんな、次の新人戦もがんばれよー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏期研修大会①

いよいよムスコの初試合当日になりました。


この試合がある事は知っていましたが、

実は試合の前々日に、1年生も全員出すぞ

と言われ、ペアも急遽決まった状態。


その翌日にムスコは熱中症で練習を

途中リタイアしたので、5ゲームマッチを

きっちりやったのも1回だけと言う始末。

※先輩相手だったので当然ストレート負け


金曜日に7ポイント先取となる

ファイナルゲームを想定した1ゲームマッチ

を数ゲームした程度で試合に臨みます。


1年生は軟式・硬式経験者が各1名。


それ以外はスポーツ経験者は居ても

テニスは未経験ばかり。


ルールもまだ微妙なので、1番わかりにくい

ファイナルゲームを経験させて貰った

と言う流れです。


ムスコはその1ゲームマッチを計4回やって、

3勝1敗と言う結果だったそうです。


それでも先日一緒に練習した時の実力から

すると、2年生に当たったら瞬殺される

でしょう。


未経験1年生なら良い勝負になるかもな、

程度です。


とにかく前日の熱中症もあるし、

当日は40度はあろうかと言う酷暑。


試合と言う緊張感を味わえれば充分。

ちょっとでも楽しめれば良いだろう

と言う気持ちで彼を送り出しました。


後から妻と私は車で会場入り、、、

の予定でしたが、ムスメが足の痛みを

訴えたので、念の為レントゲンを撮りに

病院へ。妻は後から合流する事に

なりました。


妻はムスコの試合開始に間に合うか?

私は出社前にムスコの試合が始まるか?

そんな微妙な立場になった夫婦なのでした。



熱中症

それにしても2018年、平成最後の夏は暑い!


全国で熱中症による搬送・入院が

相次ぎ、死亡者も例年より多く出ている

そうです。


熱中症は生卵がゆで卵になった状態だと

考えればわかりやすいと思います。


熱湯に入れられたら自分ではゆで卵に

ならずに済ませる事は出来ません。

体力や気合いだけではどうにもならない

のです。


ゆで卵になったら死ぬ可能性もあります。


熱中症と思われる症状を勉強し、把握する

事で重症にならない内に対処するしか

ありません。


または屋外での練習を控える。


部活熱心な学校では難しい部分も

ありますが、命あっての物種。


無理は禁物です。


そんなある日。


それは夏休み最終日の地区研修大会を

前日に控えた土曜日の事です。


そう。ムスコの初試合を控えた前日。


ムスコは練習中に軽い熱中症になりました。


目の奥が痛くなり、吐き気をもよおすほど。


ちょうど休みだった妻が学校から

報告を受けて迎えに行くと、ムスコは

マットレスの上で横になっていたそうです。


そして落ち着くまで休んで帰宅。


帰り際、妻がムスコのペアのコに

『試合前に一緒に練習出来なくて

ゴメンね。』と声をかけたら、、


『大丈夫、大丈夫。体調が1番大事。

お大事に。明日頑張ろー。』と返して

くれたそうです。


・・・なんて良いコ!そしてかわいい。


見た目も小柄で、まだまだあどけなさが

残るその子の振る舞いに妻は救われた

そうです。


午後はゆっくりして、ムスコはひたすら

体力回復につとめ、早めの就寝。


どうやら試合には出れそうです。


予報では明日は更に暑くなる、とニュースでも言っていました。


まずは最後まで試合をやり遂げる事が

大事になりそうです。






18年ソフトテニス新人戦 午後②

いよいよ始まった組決。


隣ではT先輩が戦っていますが、相手は

ムスメの高校の先輩。

複雑な感情が交差します。


しかしそれよる気になるのはムスメの試合。


相手はシードを破って勢いがありますが

どちらかと言うとオフェンスよりは

ディフェンスが強いタイプの様です。


こちらがミスするまで我慢強く

繋いでポイントを稼ぎます。


0-1  1-1 1-2 、、、


2ゲーム目はこちらの良いショットが

続いて獲りましたが、その勢いが

続きません。


思う様にポイントが取れずムスメペアは

どんどんプレーが硬くなっていく様に

見えました。


ミスや致命的なダブルフォルトを犯し

1-3。


5ゲーム目も押されてデュースに次ぐ

デュース。しかし粘って2-3に。


しかしそこで力尽きたのか

6ゲーム目は良いとこナシの0-4で

結果2-4の敗北!


残念です。レベルは大して変わらない。


むしろ本来の実力ならムスメペアは

充分勝てる相手でした。


それだけの練習をして来てるのです。


しかし負けは負け。勝った方が強い。


ムスメたちは弱い。


あれだけ練習してもまだまだ弱い。


センスがあるとは思えないムスメですが

努力はしてる。


でも負けは負け。この負けを活かせる日が

来るかはわかりませんが、翌日の決勝大会

を見学し、翌々日からまた練習に励む

ムスメなのでした。


最後に、隣のコートで行われた

ムスメの中学の先輩vs高校の先輩は

高校の先輩が4-1で勝利を収めました。


中学の先輩、Tさんも組み抜けする力は

充分あります。ムスメのヤマなら

抜けていたでしょう。


残念ですが、今後も影ながら応援して

います!頑張って下さい!


暑くて強風の中、みなさんお疲れ様でした!